【2019年版】事故車でも高く売る方法を解説! 事故に遭うと評価額がいくら下がるかも紹介

事故車でも高く売ることができる  

事故車は売ることができるのか、それとも廃車にしたほうがいいのか、「答え」を知りたくないですか?

事故車といえば一般的に大きなマイナスイメージでしかないため、こちらが売る気マンマンでも、買取業者のやる気はだだ下がりだと思いますよね。

実際に事故車を売るために、業者にいくと、場合によっては0円と査定される時もあります。

しかし実はどんな事故車であったとしても、売ることが可能であり、金額がつくのが当たり前だという事実をご存知でしょうか。

仮に事故車だったとしても、価値があります。

業者は鉄スクラップとして解体業者に売る事もできますし、ナビやエンジンなど部品を取り外して売る(部品取り)事もできます。

従って、素人がみたら敬遠しそうな事故車でも、買取り業者にとっては価値がケースもあるのです。

もしこの事実を知らなければ「事故車だから売るなんて無理だ」と勝手に決めつけていたままだったかもしれませんよ?

しかし、ご安心ください。

今回の記事ではクルマ雑誌の編集者を務めてきた筆者が、どうすれば事故車を売ることができるのか、という方法を解説しています。

以下のように4つのテーマに分けて、紹介していきますよ。

  • 難易度は高いけど絶対に事故車を高く売れる方法
  • 誰でも簡単にできけど、そこまで高く売れない方法
  • やっても無駄な事故車を売る方法
  • ネットで話題になった売却テクニック

これを読めば知識のない人でも事故車を高く売ることができるようになるでしょう。

  • 愛車が事故車になって途方に暮れている
  • 事故をきっかけに売却を検討している
  • 事故に遭うと車はどれくらいの金額で売れるのか知りたい

上記のような疑問をもつ人には必ず役に立つ内容なので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

事故車を売る方法:危険だが高く売れる

事故車を売る方法:危険だが高く売れる

事故車を高く売る方法の中には、ある意味「禁忌」ともいえる技があります。

使うのは精神的にちょっと抵抗があるかもしれませんが、参考までに紹介しておきましょう。

事故車だと気づかれないように売る

そもそも事故車とは事故にあった車の事ですが、正直言って買取業者からすると、そんな事はどうでもいいです。

買取業者が気にするのは「事故にあったかどうか」よりも、「運転に関して問題のある部分」に損傷を負っているかどうかです。

いわゆる、事故で車の内部フレームまで損傷が進んでるモノは低い評価を下さざるをえません。

交通事故の中には、バイクとちょっとだけ接触してボディーに多少の傷がついてしまったということもあるでしょう。

そんな時、事実上は事故車になりますが、車買取業者からすると事故でその傷がついたかどうかなんて知らないので、事故車と気づかれない場合もあるのです。

あまりモラル的にはよろしくありませんが、事故車ということを知られなければ高額査定になる場合も少なくありません。

事故車かどうかを確認しない業者に売る

これまで筆者は20以上の買取専門店で買取査定を受けたことがありますが、そのうちの半数以上が「過去に事故に遭ったことがありますか」という質問をしてきませんでした。

つまり事故車かどうかを確認しない買取業者が多いのです。

そのため、事故でちょっとだけ擦った等の傷に関しては、わざわざ「交通事故でこの傷がついたのですか」なんて聞いてくる事はなく、淡々と査定完了することが多いです。

なぜこのような傾向が強いのかというと、買取業者が「事故車かどうか」というのを聞きたくないんですよね。

聞いてしまったら「事故車」と扱わざるをえません。

そして、事故車という扱いになった車はなかなか売るのが難しいため、あえてわざわざ事故車ということを聞かないようにしているのです。

事故車を売る方法:面倒だが高い金額になる

事故車を売る方法:面倒だが高い金額になる

個人間売買サービスで事故車を売る

今、ゲームの買取業者であるTSUTAYAがめちゃくちゃ苦戦しているという事実をご存知でしょうか。

なぜ苦戦してるのかというと、ヤフオクメルカリなどの個人間売買がめちゃくちゃ流行っているからです。

個人間売買の方が高く売ることがカンタンなので、わざわざ買取業者にゲームを持っていくなんて嫌だとみんな思っているわけ。

この風潮は車の買取にも見えてきています。ヤフオクとメルカリを見てください。あなたが思った以上に出品があります。

そしてかなりの金額で取引されているのです。買取業者は自分たちの利益を載せるために、相場よりも安く買い取りをせざるをえません。

しかし個人間売買の場合は、買取業者の利益を度外視した金額で売るため、買取業者の利益分高く売ることが可能という利点があるのです。

確かにヤフオクやメルカリなどの個人間売買をすると相手が自分のところに取りに来たり、場合によっては相手のところまで運んだり、というめんどくささがあります。

しかし少しでも安く買いたいと思っている人からすると、そのような手間は何のその。あなたが思ってる以上にサクッと売ることができます。

事故車も例外ではありません。特にちょっとこすってしまったような、定義的には事故車の場合は売るのがカンタンです。

事故車であるかどうかを気にする人も多いですが、その逆も然り。事故車というレッテルが貼られているけども知らんぷりで、全然狙っている人も少なくありません。

そんな人はヤフオクやメルカリなどの個人間売買サービスにうじゃうじゃしていますので、少し難易度が高いですが狙ってみるのもアリでしょう。

早い話が、ヤフオクなどは効果的ということですね。

たしかに面倒ですけど、高く売る可能性が高まるので、ぜひ試してみてほしいです。

仲介代行サービスで事故車を売る

売ると考えたなら、基本的に買取店に売ることが多いですよね。

しかし昨今では買取の方法も少しずつ変わってきており、個人間売買のほかに仲介という方法も台頭してきました。

つまりはあなたの代わりに中古車販売店が広告やセールスをして売るサービスです。

メルカリなどの個人間売買にプロが間に入って行ってくれるといった感じでしょうか。

今は勢いがあるのは、ガリバーの新サービス「ガリバーフリマ」ですね。

事故車を売るならガリバーフリマ?

こちらの仲介代行サービスを使えば、買取店が考慮する利益を含めた価格で売るので、通常の買取でも高く売ることができるという利点があります。

まだまだガリバー以外のサービスはなかなかありませんが、「事故車を売る!」と思っているのであれば、このような仲介代行サービスを使ってみてはどうでしょうか。

今、仲介サービスの注目度はかなり高いので、事故車なんて特に気にしないという人とマッチングされる可能性が高いですよ。

ただし、ガリバーフリマはまだ始まったばかり。サービスとしてはまだまだ成熟していませんので要注意です。

事故車を売る方法:誰でも簡単にできる

事故車を売る方法:誰でも簡単にできる

冒頭でお伝えしたように、事故車は売ることが可能です。しかもけっこう高い金額で。

間違っても廃棄処分するなんてしないでくださいね。損をしますよ。

この章では、だれでもできる事故車を売る方法を解説していきましょう。

先に結論
  • 大手の買取業者に行く
  • 事故車に特化した買取業者を使う

大手の中古車買取業者に行く

買取における事故車の影響力について詳しく知るために、買取業者の代表として大手買取業者「ビッグモーター」に聞き取り調査を行ってみました。

事故車であっても、買取そのものが可能かどうか訪ねると、「可能」であり、場合によっては数十万円から数百万円もの金額がつくとのこと

買取ができるかどうかのポイントになるのは「エンジンがかかるかどうか」という点。

エンジンがかからない車(不動車)に関しては、基本的には金額がつきません

また事故車であれば、査定のチェックも厳しくなる傾向が強く、エンジンの継続性やハンドル操作に問題は無いのかという点をしっかりと見ます。

そのため、1時間ほど査定に時間を取られることも。

通常の査定であれば、10分~20分で終わることが多いため、この差は結構大きいですね。

事故車買取の金額を左右するのは、「走れるかどうか」だけではありません。

仮にしっかりと走れる状態だったとしても、ボディーにどれだけ傷が入ってるのか、凹みがあるのか、欠落はしてるのか、という点でマイナス査定になります。

マイナス査定の付け方としては、買取後の再販するときにどれだけの修理費用がかかるのかという点が重視されます。

修理費用の他にも修理の手間賃を差し引いた金額になるため、いかに走れる状態であったとしても、傷やへこみだらけだと大幅な減額になります。

年式が古く、走行距離が多かったりと、「もともとの買取金額」が低いクルマであれば、そこまで買取金額がつかないでしょう。

場合によっては、査定額は0円という結果にも十分なりえます。

事故車に特化した中古車買取業者を使う

事故車買取に特化した買取業者に売る、という選択肢をえらべば間違いなく高価買取になります

ガリバーなどの有名どころに持っていっても、金額がつく可能性は非常に高いです。

しかし、なるべく高く買い取って欲しいと思うのであれば、事故車買取だけに特化した業者が一番。「タウ」や「廃車王」なんかはその代表例ですね。

もっといえば、事故車専門業者に複数査定できるサービスなどを使うと良いでしょう。

業者同士で買取価格をオークションのように競り合いするシステムになっているので、問答無用で高価買取になりますよ。

してはいけない「事故車を売る方法」

してはいけない「事故車を売る方法」

世間的には良いと思われる方法でも事故車の場合だと逆効果になることもあります。

つまり、やってしまうと高く売るのが難しくなる方法があるのです。この章ではその点についてみていきましょう。

先に結論
  • 保険業者が紹介する買取業者に売るのはやめる
  • ディーラー下取りには事故車を持っていかない

保険業者の紹介で事故車を売るのはダメ

もし事故車を本当に売るのであれば、保険業者が紹介してくる買取業者だけは使わないでください。

事故になったら、まずは保険業者に連絡をしますが、その際「事故に遭ったモノは売る相手を紹介しますよ」と言われます。

ついついその話に乗ってしまいがちですが、損をしたくないのであれば、一歩距離を置かないといけません。

紹介された業者からは「基本的には事故車は売るものではありません。引き取るものです」「本当なら廃車です」と、二束三文で買い取りしてきます。

そして場合によっては「引き取ってもらえるだけありがたい」という論理で、本当は金額がつくのに0円査定で買い取りされてしまう場合もあるのです。

そうなるとものすごく損をしてしまうことになりますから、保険業者から買取業者を紹介しましょうかと言われたとしても、絶対に乗ってはいけません。

ディーラー下取りで事故車を売るのはダメ

事故車買取の評価の実態について詳しく知るために、トヨタのディーラーに聞き取り調査を行いました。

ディーラーの下取り(新車購入の割引価格とするための引き取り)に関しても、事故車は下取りの対象となっていましたよ。ただ金額は数万円程度が多いのだとか。

査定は基本的に買取業者と同じ基準で見ており、「エンジンがかかるかどうか」(不動車かどうか)を重要視してはいるんですが、ね・・。

なお、「エンジンがかからない」事故車であれば、金額は限りなくゼロに近づくことになるので要注意。

下取りは「ボディーが大丈夫かどうか」というマイナスポイントに関しては、買取よりも寛容といった印象でした。

最終的に自社の新しいモデルを買ってもらえると言うこともあり、そこまで厳しくマイナス査定をしてないそう。

ただ、下取りは先ほども紹介した通り、基本的には新しいモデル購入の割引価格になります。

売ることで手に入る代金が現金ではないですし、新車を購入しなければいけないという前提条件があるため、誰でも使える方法ではないと言うことをお忘れなく。

事故車を売る方法:その他のテクニック

事故車を売る方法:その他のテクニック

ここまでは筆者の個人的経験則や過去の調査からピックアップした「事故車を売る方法」を解説してきました。

しかしネット上には筆者すらまだしらない数々の事故車を売る技術が紹介されています。

ここからはその方法を紹介していきましょう。

事故車扱いになったらすぐに売る

ヤフーが運営するクルマ情報サイト「カービュー」では、以下のような知識を紹介しています。

買って間もないのに事故にあってしまった車の場合は、高値で売れる可能性があります。
修理して使い続けようと思うと、修理費が数十万円になることもありますが
専門店の買取であれば修理して国内外で販売できるので、問題なく買い取ってもらえます。

特に理由を書いていないことが気になりますが、天下のヤフーが言っているのですからそうなのでしょう。

事故の傷は時間が経つほどサビが入りますので、もしかしたら、その点を考慮しているのかもしれません。

事故車の各パーツを分解してから売る

事故車にも程度がありますが、かなりボロボロになってしまったクルマに有効かもしれない方法がヤフー知恵袋に掲載されています。

まずはやれることは自分でやる。工賃が一番費用が嵩みます。
それを抹消登録や運び賃やら経費をさっ引いて、その金額ってわけです。

じゃあ、これこれは自分でやると、どの位買取り額は上がりますか?と確認してみましょう。

置き場があるなら地道にバラして自分で売るのが一番です。今の査定の最低でも5倍にはなると思いますよ。部品の置場や煩わしさと、お金のどっちを取るかでしょう。

ETCも中古市場にダブついているので、有無で査定に変動はないでしょうが、基本は工賃が発生しますので、売るからサービスでやってもらえないか?的な話し方をしましょう。因みに、残ガソリンは解体屋にとっては、売る事は出来ないわ、危ないわ、クレーンの足かせだわと、マイナス要素でしかないです。
抜けるなら、携行缶に保管して、次の車に使うか?くらいの価値です。

同じような投稿は、まだまだあります。

解体業者に持っていけば15000円くらいかな?バッテリーなど外して売れるパーツがあるなら外してリサイクルショップに持っていくと多少はお金になりますよ。

ガソリンは危険ですが抜くことは可能です。ETC車載器は手数料を取られるでしょう。次も使うように外すのは多少の技術がいりますから。

個人の整備工場なら15万以下で直せるところもありますよ。初代bBなら解体でパーツが沢山ありますから、同じ色の解体パーツならドア15000円、フェンダー10000円、バンパー8000円くらいです。足周りのパーツもいくらでもあります。もし骨格に損傷がないなら安く直してのったらどうでしょう。売るなら10500円、高くても15000円です。

色々と書いていますが、早い話が「いろんな部位を分解または取り外して、各パーツを専門店に売る」と書いています。

たしかにわかります。わかるんですけど。。面倒くさいですよね・・。

ETCやカーナビぐらいなら取り外ししてもいいかもしれません。ヤフオクやメルカリで高くうれますからね。

事故車を売るのに挑戦してみよう

事故車を売ると考えていても、なかなか動けない人は多いでしょう。

重要な部分が損傷してしまっているので、どうしても査定額が安くなってしまうのは容易に想像できます。

しかし買取業者をうまく使うことができれば、金額をつけることができるため、もし下取りで0円と言われたとしても絶対に諦めてはダメですよ。

ネット等の声をまとめてみると、事故車は金額がつかないというのが主流の考えです。

しかしどちらかとそちらの方が間違いという考えをしっかりと頭に染みつけなければなりません。

そうしなければ、業者とやりとりをするときに、素人であるあなたは簡単に言いくるめられてしまうことでしょう。

筆者も知識がない時は「事故車=廃車にしなければならない」という考えでした。

しかし知識をつければつけるほど、今まで自分が思っていた常識が全然間違っていたというのを知り、やはり知識がないのは非常に危険なんだなと感じたものです。

業者の言ってることが全て本当ではない、という考えのもと、様々なチャレンジをしてみて下さい。

もし大切な愛車が事故車になってしまい、手放そうと思っているのであれば、今回の記事の内容をぜひ参考にしてみてください。

以上、「【2019年版】事故車でも高く売る方法を解説! 事故に遭うと評価額がいくら下がるかも紹介」でした。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

ユーカーパックはコチラ → https://ucarpac.com/


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

カーセンサーはコチラ → https://kaitori.carsensor.net/

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方はクルマコネクト
クルマコネクトはコチラ → https://221616.com/connect/

②電話で本格的に相談したい方はなびくる+
なびくる+はコチラ → https://a-navikuru.com/