1. 車査定のマニア
  2. 下取り
  3. ≫事故車をカーディーラーの下取りに出すとどう評価されるか

事故車をカーディーラーの下取りに出すとどう評価されるか

交通事故に巻き込まれて事故車となってしまった車が、下取りでどのような評価を受けるか気になっていませんか?

事故車といえば一般的に大きなマイナスイメージでしかないため、下取りに持っていくと良い評価はされないと思いますよね。

実際に事故車を下取りに持っていくと、場合によっては0円と査定される時もあります。

しかし実はどんな事故車であったとしても、査定金額がしっかりつくことが可能だという事実をご存知でしょうか。

具体的には下取りではなく「買取」を使うのです。

心の声

下取りと買取って、何が違うの?いまいち違いがわからないんだけど…

「下取り」とはディーラーなどで新車を購入する際、購入価格の割引分として車を引き渡すこと。一方、「買取」とは買取業者にそのまま車を引き渡して現金をもらうこと

車を売却して現金を得る「買取」を利用すれば、どんな車だったとしても数万円もの金額をつけることが可能です。

もしこの事実を知らなければ「事故車だから金額がつかない」と下取り業者に言われて、納得していたかもしれませんよ?

しかし、ご安心を。今回の記事では「事故車とは何なのか?」という基礎知識はもちろんのこと、どうすれば事故車に金額をつけることができるのか、という具体的な方法まで解説しています。

自分の愛車の事故車になってしまったので、手放そうと思っている人は必見の内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

【基礎知識】下取りとは?

下取り査定

まずは「下取り」について紹介していきましょう。

もちろん「下取りについてはある程度理解できている」という人は、次の「下取りに出す前に知りたい「事故車」の定義」まで飛ばしてもらって構いません。

下取りとはディーラーなどで新車を購入する際、購入価格の割引分として車を引き渡すこと

あくまでも購入する車の割引のために引き渡すので、現金をもらうことができません

最近では車だけでなく、携帯電話も下取りがよく行われています。

新しい機種に購入するときに今もっている機種を下取りとして出し、新しい機種の購入価格の割引分とする方法が増えてきましたね。

そんな「下取り」の対極となる存在は「買取」です。

買取はそのまま車を引き渡し、現金をもらう方法のこと

中古車の買取はリサイクルショップにあなたの不用品を売却するのと、仕組み的には変わりません。

下取りと買取の大きな違いは「現金がもらえない」ということ。そして下取りは「新車購入を絶対にしなければならない」という点です。

どちらかと言えば下取りの方が買取よりも融通がきかない上に、売却価格そのものも安くなるという性質があります。以下をご覧ください。

上記は車種別に下取りと買取相場を比較してくれる「ナビクル」というサイトのシミュレーション結果です。

買取相場よりも下取り相場の方が大きく下回っていることがよくわかります。つまりは売却金額そのものも、下取りより買取の方が高くなるわけですね。

このように買取と比べて下取りが上回ってる部分はほとんどありませんから、買取を選択した方が良いでしょう。

下取りに出す前に知りたい「事故車」の定義

事故車?
ここまでは下取りとは何なのかという基礎知識について紹介してきましたが、次は「事故車の定義」について解説していきます。

事故車といっても、「バンパーを少し擦っただけ」「ミラーをぶつけて壊した」などは自動車業界でいう「事故車(=修復歴あり)」とはなりません。

車の業界では事故車と判断する基準が細かく決まっており、車の骨格となる部分(フレームやダッシュパネル等)を交換した場合に「事故車」扱いされます

もっと具体的に解説しておきましょう。

修復歴
※画像出典:「日本自動車査定協会」より

番号部位
フレーム(サイドメンバー)
クロスメンバー
インサイドパネル
ピラー
ダッシュパネル
ルーフパネル
フロア
トランクフロア
ラジエータコアサポート

上記図の①~⑧の部位等のいずれかを修復(修正・補修)した車を事故車(修復歴車)といいます。

なお、⑨の部位(ラジエーターコアサポート)は、交換されており、かつ隣接する部位に「へこみや曲がり又は修理跡がある車」であれば「事故車」となりますよ。

このように事故車の定義は明確化されており、一般の方が思う事故車とは、内容が少々異なります。

ちなみに中古車として出回っている車の内、なんと10%近くが事故車なのです。意外に高い割合だと思いませんか?

事故に遭ったから売って乗り換えるという方が多いでしょうから、必然的に事故車の流通が増えてしまうのでしょうね。

事故車は下取り査定にどんな影響をあたえるのか

事故車

ここまで「事故車とは何なのか」という定義について見てきましたが、事故車は査定額にどれくらいの影響があるのでしょうか?

一般的に事故車といっても、以下の2つのパターンが考えられます。

  • 事故を起こして車の破損が酷く乗れる様な状態ではない
  • 過去に事故を起こし綺麗に修理をしている

乗れる状態に無いほど破損が酷い場合、ディーラーの下取りでは値段が付かない事が多く、むしろ廃車費用を負担させられる事もあります

ディーラーはあくまでも新車を売る事が本業なので、中古車の仕入・販売についてはそれほど詳しくありません。

ましてや、事故車となると下取りしてもそれがどれくらいの価値があるかの判断が難しいでしょう。

従って「良くて無料で引き取ってくれるか、最悪の場合は廃車費用を負担させられる」という事になってしまうのです。

一方で、過去に事故を起こし綺麗に修理をしている場合、下取りをしてもらう事はできるでしょう。

ただし、金額がいくらになるかという事はディーラーによって異なるので一概には言えません。

一般的には、事故車でない車と比べると半額かそれ以下になる事が多いです。

いずれにしても、事故車をディーラーに下取りしてもらうと損はしても得は無さそうですね。

:事故車にそれなりの下取価格が付いたとしても、それは「新車値引きとの調整」に使われてるだけの可能性があります。

下取価格が付かなくても諦めない!

事故車をディーラーに下取りしてもらおうとしても下取価格が付かない事がある、と上記で説明しました。

しかし、諦めてはいけません!買取専門店なら下取価格が付かない様な車でも買い取ってもらえる事がありますよ。

仮に事故車だったとしても、車はそれ自体に価値があります。

業者は鉄スクラップとして解体業者に売る事もできますし、ナビやエンジンなど部品を取り外して売る(部品取り)事もできます。

従って、ディーラーにとっては価値の無い車でも買取り業者にとっては価値がケースもあるのです。

中には事故車を専門に扱っている買取業者もいるので、下取りで値段が付かなかった方は、是非1度査定に出してみて下さい。

査定に出すのであれば、複数の業者から見積りを貰った方が良いので、一括査定サイトの利用をオススメします(詳しくは後述)

100%の確率で事故車に売却価格をつける方法

価値

ここまで、事故車が下取りにおいて不利になることを紹介してきました。場合によっては「査定額0円」にされてしまうでしょう。

しかし上記でも解説した通り、事故車も買取専門店で売却をすれば金額をつけることができます。その点についてもう少し深堀していきましょう。

心の声

だけど、どんな店でも買取価格がつくわけではないんでしょう?どうしたら確実に事故車でも金額がつくの?

そうですよね、そこでこの章では確実に金額をつける方法を紹介しましょう。

まず簡単な方法は「ラビット」という買取業者で査定してもらうことです。ラビットは「車売るならラビット」でお馴染みの中堅買取業者ですね。

実はラビットでは「最低買取保証」というサービスを行っており、どんな車でも3万円以上で買い取ってくれます

つまりラビットに事故車を持っていけば、確実に3万円は値段をつけてくれるというわけ。

すでに下取り査定で「0円」と言われた人ほど、このサービスは嬉しいものとなるでしょう。

車一括査定サイトを使えばさらなる高価買取も可能

ラビットのサービスを最大限に生かすのであれば「車一括査定サイト」を使うのをオススメします。

車一括査定サイトとは、1度の申し込みで複数の業者に買取査定が依頼できるサービスのこと

車一括査定の仕組み

ラビットに査定をしてもらった後に、一括査定サイトを利用し、査定をしてもらう各社に「ラビットで3万円の金額がつきましたよ」と言ってみて下さい

各業者は「ラビットに負けてたまるか」と、3万円以上の金額をつけてくれます

なお、車一括査定サイトはラビットと提携しているため、わざわざラビットに行った後に車一括査定サイトを使わなくても大丈夫ですよ。

1回の申し込みで、ラビットと他の買取業者に依頼することができます

最強の車一括査定サイトはカーセンサー

もし車一括査定サイト使うのであれば「カーセンサー」がオススメです。

カーセンサーはラビットとも提携していますし、他のサイトよりも3倍以上の査定数を確保することができます

事故車であったとしても、値段がつく可能性が一気に高まりますので、どのサイトを使っていいか迷っている人は、カーセンサーを使ってみてください。

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

まとめ

事故車は車の重要な部分が損傷してしまっているので、どうしても査定額が安くなってしまいます。

しかし買取業者をうまく使うことができれば、金額をつけることができるため、もし下取りで0円と言われたとしても絶対に諦めてはダメですよ。

もし大切な愛車が事故車になってしまい、手放そうと思っているのであれば、今回の記事の内容をぜひ参考にしてみてください。

以上、「絶対に3万円以上で売れる!事故車を下取りに出すとどう評価されるか解説」でした。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方 → クルマコネクト

営業電話は一切なし!チャットで気軽に相談
非公開車両から厳選中古車の提案GET

②電話で本格的に相談したい方 → なびくる+

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

シェアをお願いします。