1. 車査定のマニア
  2. 買取り
  3. ≫車一括査定おすすめランキング2018最終版!利用前に絶対に知るべき注意点も専門家が解説

車一括査定おすすめランキング2018最終版!利用前に絶対に知るべき注意点も専門家が解説

心の声

車一括査定ってたくさんあるみたいだけど、何のサイトをつかえば失敗がない?そもそも、使って大丈夫なの?

車一括査定とは、一回の申込みで中古車買取業者2社~30社に「査定依頼」ができるサービスのこと

正直いって「車一括査定」は、全然身近な存在ではないです。

道を歩いている人に「車一括査定って知ってる?」と聞いても「え?なにそれ」となるでしょう。

だからこそ、「いざ車一括査定をつかってみよう」と思っても、どのサイトを使うべきなのか、どこのサイトが一番高く売れるのかなんて、初心者にはなかなか選べません。

筆者も昔はまったくわかりませんでした。

今、車一括査定は、かなりの数が展開されています。

これから始めて使うという人は、どのサイトが良いのか判断ができないのが普通です。

そこで今回は、車の専門サイト「車査定マニア」を運営し、車の専門誌でも編集者を務めてきた筆者自身が、世にある車一括査定をランキングづけしてみました。

今回解説していくのは、以下のランキングです。

  • 世間的な人気が高い(利用者の多い)車一括査定
  • かかってくる電話の数が少ない車一括査定
  • 利用までの手続きや申し込みが簡単で早い車一括査定
  • 信頼性の高い業者だけに確実に出会える車一括査定
  • 利用すれば高価買取が狙える車一括査定
  • ボロボロの車を売りたい人向け車一括査定
  • マニアックな車を売りたい人向け車一括査定
  • 車一括査定ではないけど役に立つ査定サイト
  • 別に使わなくてもいい車一括査定

上記のように8つの観点でランキング付けしていくので、車一括査定についていろいろなニーズにこたえられる内容となっていますよ。

ランキング以外にも、車一括査定を使う前に絶対に知っておいてほしい注意点と対処法も解説しています。

ぜひ最後までチェックしてみてください。

見出し

車一括査定サイトを使う前に知るべき注意点と対処法【電話トラブル】

車とノートPC

車一括査定サイトとは、早い話が、めんどくさい複数業者への査定依頼を全部代行してくれるサービスです。

決して危険なサービスではありません。しかし、利用する前に注意すべき点があります。

「どのサイトがよいのか」という点を知る前に、利用する上での注意点と、その対処法だけは必ずおさえておきましょう。

もちろん、「注意点なんていいから、ランキングだけ知りたい!」という人は、【車一括査定ランキング2018!なぜランクインしたのか根拠も説明】まで飛ばしてもらってかまいません。

車一括査定を利用するなら「異常な電話回数」を覚悟しないといけない

車一括査定サイトを利用する前に絶対に知っておくべき注意点はただ1つ。電話の「回数」です。

車一括査定の評判については、ちょっと調べるだけでも、電話の回数に関する口コミはみつかります。

「電話が多い」「着信履歴が業者だらけになった」という内容ですね。

つまり、こんなにかかってくるなんて思わなかったという「被害報告」が多数あがっているのです。

では、実際に何件ぐらいかかってくるのでしょうか。

そこで「30分間でどれだけ電話がかかってくるのか」を検証することにしました。

さっそく主要な車一括査定サイトを、すべて自分で利用することに。

証拠といっては何ですが、以下は全てのサイトの申込み完了画面です。

車一括査定の申込み後画面

すると、申込みした瞬間から買取業者からの電話ラッシュが!

着信履歴はあっという間に以下のようになってしまいました・・・。

車一括査定申込後の着信履歴

その際、ひとつひとつの車一括査定で「電話回数」の統計をとってみましたが、なんと以下のような結果になりましたよ。

車一括査定利用後の電話回数

「カーセンサー」が電話回数「98回」と、とんでもない数字ですね…。恐怖すら感じる回数ですよ、これは。

車一括査定サイトを使うと、同じ会社からも複数回かかってきますし、店舗、営業マンから直接の電話も。

とにかく何度も何度も電話がかかってきます

今回、100人に「車一括査定のトラブル事例」についてアンケートをとってみましたが、以下のように9割近くの人が電話ラッシュに不快感を示していました

車一括査定のトラブル事例は何ですか?

ちなみに車一括査定を申し込んでから1週間は、セールスの電話がかかってきます。「ウチで売りませんか?」と。1社1社丁重に断らないと、永遠に電話かかってきます。

売る気がなく相場だけを知りたい人は車一括査定は使うべきではない

「車の相場だけ知っておきたい」「売る気はまだまだ無い」「査定だけしてもらいたい」と思っているのであれば、絶対に車一括査定サイトを使わないでください

査定をすると数十回の電話やセールスに対して、とてつもなく苦痛に感じてしまうでしょう。

本当に、めちゃくちゃかかってきますからね。

そもそも査定後の電話やセールスが嫌だと思っているのであれば、まだあなたは本気で売りたいと思っていないのかもしれませんよ?

「電話ラッシュや後日のセールス等のリスクを背負っても、高価買取を実現してやる」という人は、ぜひ車一括査定サイトを使ってみてください

なお、車一括査定を相場確認のために使おうと思ってるのであれば、電話なんて一切かかってこない「相場情報サイト」を利用するのがオススメですよ。

個人情報を全く入力することなく、実際の相場に非常に近い金額を知ることもできるサイトは結構ありますから、使わないと損です。

以下の記事にて相場情報サイトの査定制度を検証しています。気になる人はチェックしてみて下さい。

すぐにできる!車一括査定を「電話なし」で利用する4つの対処法

車一括査定は使いたいけど、最大の難点である「電話」。なんとか止めたいですよね。

方法はあるのでしょうか。・・・実はあります。具体的には以下の通り。

★が多くなるほど、電話を止める効果が強くなりますよ。

  • 使い捨ての電話番号を用意する(効果★)
  • 車一括査定を使わない(効果★★★)
  • 業者からの連絡をメールにだけする(効果★)
  • 自分で業者を選択する(効果★★)

ではそれぞれの方法について、詳しく解説していきましょう。

方法1.使い捨ての電話番号を用意する(効果★)

上記で解説した通り、車一括査定を使うと着信履歴は買取業者だらけになります。

こんな状態に陥ってしまうのであれば、とてもじゃありませんが、自分の本当の電話番号を使うのは気が引けますよね。

だからこそ、使い捨ての電話番号を準備して電話ラッシュを対策する方が精神安定上いいでしょう。

今は「050 plus」「050Free」というアプリを使えば、050から始まる番号ですが、お金をかけずに簡単に電話番号を用意できます

「車一括査定で着信履歴を汚染されたくない」「後々のセールスを受けたくない」という人は、上記で解説したアプリを使って、車一括査定専用の使い捨て電話番号を用意してみてはどうでしょうか。

ただし、根本的な解決にはなっていないので★は1つです。あくまでも補足的な手段ですね。

方法2.車一括査定を使わない(効果★★★)

心の声

車一括査定には興味あるけど・・・やっぱ電話ラッシュは無理だ。どうしても車一括査定は使いたくない。何か他に方法はないの?

上記のような考えをもつ方も、少なくないでしょう。

そんな人におすすめなのは、以下のような方法です。

  • 自分で3社〜4社程度に電話をかける
  • 同じ日時に自宅で、出張査定してもらう手配をする
  • 出張査定当日に一斉に値段を出してもらう
  • 一番高い金額以外を出した会社以外に再考させる

つまり、その場で一番高い金額を出した会社をダシにして、さらに金額を釣り上げる、というわけですね。

面倒くさい方法ですが、絶対に電話ラッシュは起こりません。

電話ラッシュをとるか、面倒さをとるか、といっても良いかもしれません。

ガリバーがオススメする車一括査定を使わない方法とは

車買取の超大手「ガリバー」は、公式サイトに【車一括査定を使わない方法】として、以下のように案内しています。

大手で、中古車の販売も行っている業者を選ぶことです。
クルマを買い取った後、多くの買取業者は車両やパーツを他の業者に販売します。その時の売値は相場が決まっているため、買い取り価格に影響するのは、買取業者が手にする中間マージンだけなのです。
一般に、大手の方が効率的に在庫管理や車両輸送を行っているため、中間マージンが少ない傾向にあります。また自社で買取だけなく中古車の販売もしていると、中間マージンは抑えられます。

早い話、車一括査定なんて使わないで、中間マージンがない大手に売ればいい、ということですね。

確かに一理ありますが、大手は最初から高い金額を提示しないんですよね…。

価格交渉として色々と粘った結果、最終的に高い金額を出す傾向が強いです。

車一括査定サイトもめんどくさいですが、大手との価格交渉も非常にめんどくさいことも忘れないようにしなければなりません。

方法3.業者からの連絡をメールにだけする(効果★)

確かに車一括査定を使わないのが、一番てっとり早いかもしれませんが、自分でいろいろと動くのは本当にめんどくさいです。

だからこそ一番いいのは電話ラッシュをなくしたうえで、車一括査定をつかうこと。

つまりは「電話」ではなくて「メール」にするのです。

「カーセンサー」をつかえば、業者からの問い合わせを「電話」ではなく「メール」にできます

筆者も実際に検証しましたが、効果は本当にありました。

しかし、「ガリバー」と「ビッグモーター」は問答無用で電話かけてくるんですよね…。

しかもこの2社がしつこい電話をよくかけてきます。

ただ、このガリバーとビックモーターの電話がものすごくしつこく、何回も電話をかけてきます。

本部から電話があったと思ったら、最寄りの店舗からかかってきて、さらにはその店舗に属する営業マンの携帯電話から直接かかってくるほど。

しつこさは、他の中古車買取店と比べ物になりません。

つまり、ガリバーとビッグモーターの2社を完全にシャットアウトしなくては、せっかく「メールなし」にしたとしても、あまり意味がないのです。

もし電話に出なければ、着信履歴をガリバーとビックモーターだけで占拠されてしまう上、さらに申し込みが終わった後、3日に一回は、営業の電話がかかってきます。

方法4.自分で業者を選択する(効果★★)

車一括査定は「買取業者選択画面」があり、「ここの業者には依頼をしない」ができないようになっています。

カーセンサーの業者選択画面

つまり、めちゃくちゃ電話をかけてくる元凶ともいえる「ガリバー」「ビッグモーター」をはずせば電話回数を激減できる、というわけですね。

ここまで紹介した方法を複合的に使うと限りなく、ストレスを感じる電話を減らすことができます。ぜひ試してみてください。

ストレス分の元をとる!車一括査定を誰よりも使いこなす4つのコツ

ここまで紹介したように、車一括査定は「電話ラッシュ」という最大のデメリットをもっています。さらにはしつこい営業電話も。

上記で紹介した方法をつかえば、電話の回数は極力減らすことができます。

しかし、ゼロにできるかといわれれば、そうではありません。必ず何件かはかかってくるでしょう。

もし車一括査定を使うとなれば、ある程度のストレスを感じることになると断言できます。

そこまでして車一括査定を使うのですから、絶対に最大限まで使いこなすべきです。

中途半端に使うと、あなたの感じたストレスが無駄になってしまいますよ

ではどうすれば車一括査定を最大限に生かせるのかというと、以下のようなコツを意識するといいでしょう。

  • 少なくとも3社以上に査定をしてもらおう
  • 出張査定で一気にみてもらおう
  • 一番高い金額をつけたところを選ぼう
  • 売る会社が決まれば断りの電話を入れよう

コツ1.少なくとも3社以上に査定

複数の会社に査定を依頼できるのが車一括査定の最大の強みですから、1社に車査定を依頼しても意味がありません。

少なくとも3社以上に査定をしてもらうようにしてください。

2社であれば、どちらが高いかという選択肢になり、少々窮屈です。

3社で査定をしてもらえれば、自分の中でも満足いく選択ができますよ。

先述したカーセンサーは最大で30社査定できますから、本当は30社使うのが1番です。

しかしそれだと丸一日費やすことになるので、あまり時間が取れない人は3社から5社にすると良いでしょう。

コツ2.出張査定で一気にみてもらおう

車一括査定を依頼すると、買取業者に自分で行くか(訪問査定)、自分の自宅または近くの駐車場までに来てもらうか(出張査定)を選べます。

買取業者に自分で行く訪問査定にすると移動時間などで、非常に時間がかかってしまうため、絶対に出張査定を選ぶようにしてください。

同じ時間帯に3社ほどブッキングしても別に嫌がられる事は無いので、3社ずつ効率的に見てもらうと、さくっと査定が終わりますよ。

なお、出張査定にすると、出し惜しみをすることなく、最初から最大の買取価格を出してくれることが多いです。

無駄な値段交渉時間も削減することができますよ。

コツ3. 一番高い金額をつけた会社を選ぶ

中古自動車の場合は、売却した後に「実はこのような金額がかかるので、買取金額から天引きさせてもらいます」という場合はそこまでありません。

「ゼロ」といっても過言ではないでしょう。

だからこそ、一括査定をしてもらい「1番高い金額をだしたところに売却する」という単純な選び方で大丈夫ですよ。

コツ4.最後に断りの電話を入れよう

先ほども紹介した通り、車一括査定は他の会社に売却をすることが決まったとしても、「ウチで決めてくださいよ」とわざわざセールスの電話をしてきます。

これをほったらかしとずっと電話かかってくるので、売る会社が決まったら、必ず査定してもらった会社全てに断りの電話を入れるようにしてください。

面倒ではありますが、後々何回も電話かけてくるよりかマシですよ。

車一括査定ランキング発表!8つの観点から最適なサイトを見つけよう

パソコンと車

車一括査定の注意点と対処方法について知ってもらったところで、次はどんなサイトがあるのか、ランキング形式で紹介していきましょう。

今回は数ある車一括査定サイトを8つの観点から、ランキング付けしていきます。具体的には以下の通り。

  • 世間的な人気が高い(利用者の多い)車一括査定
  • かかってくる電話の数が少ない車一括査定
  • 利用までの手続きや申し込みが簡単で早い車一括査定
  • 信頼性の高い業者だけに確実に出会える車一括査定
  • 利用すれば高価買取が狙える車一括査定
  • ボロボロの車を売りたい人向け車一括査定
  • マニアックな車を売りたい人向け車一括査定
  • 車一括査定ではないけど役に立つ査定サイト
  • 別に使わなくてもいい車一括査定

見たいランキングがある人は、上記の箇条書きにあるリンクをクリック(タップ)すれば、そのランキングまでとばすことができますよ。

世間的な人気が高い(利用者の多い)車一括査定ランキング

今回この記事を作成するために、実際に車一括査定サイトを使ったことがある100人に、どの車一括査定サイトを使ったことがあるのかアンケートしてみました

結果としては以下の通りです。

車一括査定の利用シェア

世間的に人気なのは「カーセンサー」でした。

カーセンサーは車雑誌としても知名度がありますから、それが大きな理由でしょう。運営会社の「リクルート」も有名ですし。

かかってくる電話の数が少ない車一括査定ランキング

高価買取が狙える車一括査定ランキング

どの車一括査定サイトも、数多くの業者にあなたの車の情報を通知して、査定を促すという「橋渡し」的な存在なのは変わりません。

早い話、どの車一括査定サイトも仕組みは全く同じなのです。

サイトとしての仕組みがどの車一括査定サイトも変わらないのであれば、「高価買取できるかどうか」で順位付けするほかありません。

・・・ということで、ここは「高価買取できるサイトランキング」として発表しています。

ではランキングの結果ごとに、各サイトの特徴を紹介していきましょう。

1位.高価買取を狙うなら”これ一択”のサイト「カーセンサー」

とにかく高価買取を目指すなら「カーセンサー」の車一括査定がベストです。

他のランキング記事でも軒並み「高価買取ランキング1位」なので、なんとか1位から外そうとかかっていましたが、やっぱり客観的に見ても1位なんですよね…。

高価買取のために車一括査定をつかうなら、カーセンサー以外はスルーしてもいいです、ホントに。

【補足】なぜカーセンサーが車一括査定ランキング1位なのか

まず、どうすれば高価買取できるのか考えてみましょう。

ちなみに高価買取するためには「高価買取を提示する業者に出会える確率をあげること」が重要です

早い話が高価買取できるかどうかは「確率論」であり、たくさんの業者に査定してもらうしか方法はありません。

そこで重要になってくるのが「車一括査定サイトの同時査定数」で、提携数が少ないと、査定の対象となる業者が少なくなります。

つまり「高価買取になる業者に当たる可能性が低くなる」わけです。以下をご覧ください。

    • ユーカーパック:約2,000社
    • カーセンサー:約1,000社
    • ズバット買取査定比較:217社
    • カービュー:200社以上
    • 楽天:100社以上
    • 一括査定.com:81社
    • かんたん車査定ガイド:42社

※出典:各公式ホームページより

2位.申し込み後に買取相場がわかる車一括査定「ズバット買取」

車一括査定ランキング2位は、「ズバット車買取」です。

申込直後に、売ろうと思っている車の「相場」が表示されるのが大きな特徴ですね。

ズバット車買取の相場画面

また、一括査定のサイトでは珍しく、専用のカスタマーサポート(0120-979-216)が設置されています。(まあ、ホントは設置されて当然なのですが…)

3位.あの”ヤフー”の子会社が運営する車一括査定「カービュー」

車一括査定ランキング3位は、「カービュー」の買取査定です。

ヤフーの子会社である「株式会社カービュー」が運営するサービス。

なお、車一括査定の仕組みそのものは、このカービューが一番最初(2001年)にはじめました。(豆知識)

4位.ポイントが欲しい人だけが使うべき?「楽天」の車一括査定

車一括査定ランキング4位は、「楽天」の車一括査定。「楽天オート」と呼ばれています。

申し込みしたら、楽天ポイントが5ポイントもらえるという微妙な特典があります。

5位.サイトの信頼性がもっとも高い車一括査定?「一括査定.com」

JADRI(ジャドリ)が運営する車一括査定サイトが「一括査定.com」です。

JADRIに加盟する中古車買取店だけに査定を依頼する仕組みになってます。

6位.厳選された提携会社が強みの車一括査定「かんたん車査定ガイド」

車一括査定ランキング5位は、「かんたん車査定ガイド」。

提携業者数は少なめに見えますが、有象無象の車一括査定の中ではまだ多いほうなんですよ。

車一括査定のランキングに入れなかった「わけアリ」のサイト15選

驚く女性

ここまで紹介してきたサイトは車一括査定として「高価買取」ができるサイトです。

まあ正直、他のサイトでもよく紹介されていますね。

しかし中にはランキングに入らなかったサイトもまだまだあります。

ランキングに入らなかったぐらいですから、「訳あり」なんです。

しかし、せっかく車一括査定を利用するなら、知らないのはもったいないですよね。

そこで、この章ではランキングに入らなかった車一括査定サイトをここでは紹介していきましょう。具体的には以下の通りです。

  • 外車王
  • トラック一括査定王
  • 事故車買取比較君
  • モータートレード
  • ブーブー買取ネット
  • くるまたかし
  • ズバブーン
  • 車高く売れるドットコム
  • ナビクル
  • ユーカーパック
  • 車査定・買取の窓口
  • 価格.com
  • DMM AUTO
  • 持込あんしん査定
  • カープライス

それでは、各サイトの特徴と、ランク外になった「訳あり」の内容を解説していきましょう。

そもそも車一括査定ではないけど外車買取にはかなり強い「外車王」

「外車 買取」等で検索すると、絶対に1位に上がってくるサイトが「外車王」です。

とにかく外車を買い取ることがことだけに特化しているので、外車ならカーセンサーを使うよりも高価買取できる可能性が高いですよ。

ただ、外車王は一括査定ではないんですよね。

査定対象となる会社は1社だけで、具体的には「ガレージカレント」が買取を担当します。

トラックや重機などの商用車には強い車一括査定「トラック一括査定王」

トラックや重機を始めとした一般車両ではない「商用車」の買取に特化した車一括査定サイトが「トラック一括査定王」です。

カーセンサーなどの場合は買取不可となることの多い商用車ですが、こちらの一括査定を使えば、車の価値に見合った買取金額で取引してもらえますよ。

しかし一般的には商用車を売ることなんて早々ないので、今回はランキング外としました。

普通車の買取は弱いが事故車には強い車一括査定「事故車買取比較君」

カーセンサー等の車一括査定サイトでも、事故車を売却することができます。

しかし結果的に「引き取り」という形になり、買取査定価格は0円になることが多いでしょう。

もし事故車や廃車寸前のボロボロの車でも買取金額をつけてほしいと思うのであれば、「事故車買取比較君」を使ってみてはどうでしょうか。

事故車に特化した業者だけに一括査定できるので、カーセンサーよりも高価買取が期待できますよ。

ただ逆をいえば、事故車以外には弱い、ということで今回はランキング外としました。

開示情報が少なく色々と謎が多い車一括査定「モータートレード」

20年も運営しているのに、なかなか知名度を上げられない車一括査定サイトが「モータートレード」です。露出度が少ないのが原因でしょうか。

特徴としては「最大10社に査定ができる」「外車や輸入車に強い会社と提携している」点ですね。

ただ「20年運営している」という事実と一部の提携会社以外はそこまで情報が明らかになっていないんですよね。

そのため、今回はランク外にしています。

中身は”楽天”でガワだけ違う車一括査定「ブーブー買取ネット」

2016年に運営開始。楽天オートと提携した車一括査定サイトが「ブーブー買取ネット」です。

そのため、楽天オートと同じく、車一括査定を依頼すれば1,500Pが手に入る仕組みになっています。

提携している会社等もほぼ一緒のため「楽天オートが名前を変わっただけ」と思っても間違いないでしょう。(これがランク外の理由でもあります)

ただサイトの運営会社は違います。楽天ではなく「株式会社御統」なので要注意。

個人情報を取り扱うのも、こちらの会社となっています。

”カービュー”と中身が同じで名前だけ違う車一括査定「くるまたかし」

くるまたかし」は単刀直入に言いますと、名前が違う「カービュー」です。

サイトの運営会社や、提携する査定依頼できる会社の数なども全てカービューと一緒。

サイトの表面だけが違うと言ってもいいでしょう。そのため、ランク外です。

なお、くるまたかしは一部の地域で、ラジオCMをガンガン流しているサイトです。

カービューとはまた違った間口を用意したい、という考えのもと、名前だけ変えて車一括査定を展開してるのでしょう。

”ズバット車買取”とまったく何も変わらない車一括査定「ズバブーン」

ズバブーン」も「くるまたかし」と同じく、名前だけが違う車一括でサイトです。

中身は「ズバット車買取」と全く同じで、運営会社も一緒。そのためランキング外となりました。

なお、こちらも1部の地域で、ラジオCMガンガン流している車一括査定サイトです。

ズバットよりもさらに印象的な「ズバブーン」という名前にして、知名度を増やしたい、という所なのでしょうか。

様々なスペックがさびしい車一括査定「車高く売れるドットコム」

ちょっと名前は長いですが、「車高く売れるドットコム」は、2014年スタートの車一括査定。

全国200社の車買取専門店から、最大8社に一括で査定依頼ができますが、他の車一括査定と比べると少々寂しい内容となっています。

そのためランク外にしました。

ただ他の車一括査定と比べて、輸入車やビンテージ車、建設車両に強い買取店と提携しているのは魅力。

”かんたん車査定”と名前以外は全く一緒の車一括査定「ナビクル」

ナビクル」は名前が違うだけで中身は「かんたん車査定ガイド」と一緒です。査定できる会社や運営会社などが全く一緒になっています。

これがランク外の理由ですね。

名前が違うだけで中身が一緒なのは、先述した「くるまたかし」「ズバブーン」と同じ理由でしょう。とにかく間口を広げたいのでは。

地方では使いにくいうえに車一括査定でもない「ユーカーパック」

ユーカーパック

有名タレントさんを起用するプロモーションでおなじみの「ユーカーパック」です。

イメージとしては、ヤフーオークションに近く、ネットでの入札になり、車一括査定ではないのでランク外となっています。

心の声

え?カーセンサーよりも提携数が多い「ユーカーパック」って車一括査定があるじゃん。どういうこと?言っていることが矛盾しているのでは?

確かに「ユーカーパック」の提携数は圧倒的です。

ただし、ユーカーパックは、他の一括査定と少し特徴が違います。

だからこそ1位ではないのですが、、、重要なポイントなので詳しく紹介していきましょう。

ユーカーパックは、買取業者ではない人が査定をして、ネット上に車種や情報を公開して入札する仕組みです。

ちょっとわかりにくいですよね。もっと流れをシンプルにまとめると、以下の通りになります。

  1. 査定員が自宅にやってきて査定をする
  2. 査定員は査定した結果を業者専用ページに公開
  3. 業者は専用ページを見て、いくらで買い取るか決める
  4. 一番高い金額を出した業者が買い取る

このようにユーカーパックは車一括査定というよりは、オークションなのです。

オークションに必要な「査定」と「場所」をユーカーパックを提供している、というわけ。

それゆえに、ユーカーパックには最大の弱点が出てきます。

結論からいいますと、ユーカーパックの弱点は「都心部以外に査定員がいないこと」

一応、存在しているのですが、3つの市町村に1人、県内に2人なんて少なすぎる人数です。

実際に筆者もユーカーパックに申込みをしましたが、「あなたの地域にいる唯一の査定スタッフが今入院中なので、数ヶ月は当サービスを利用できません」といわれました。

都心部になると査定員は多くなるのですが、筆者のように少しでも都心を外れると、査定担当が1人しかいない、という事態に。

ユーカーパックは仕組み上、査定員の査定から全てが始まります。

もし今回のように査定員が入院すれば、利用すらできません。

そして、利用できたとしても順番待ちをすることになるのです。1人しかいませんから、当然といえば当然ですね。

そのため、筆者としては提携数が多くてもユーカーパックは使えない、と考えているのです。

そうなればおのずと「カーセンサー」がやはり最強といえます。

ちなみに仮にユーカーパックが使えても、カーセンサーより高価買取にならない可能性は大です。

プロしか入札しないオークションほど、金額の上がらないものはないですからね。

また、先述したように、都心部でないと利用しにくい難点もランク外の要因ですね。

紹介される企業が限られるうえ車一括査定ではない「車査定・買取の窓口」

車一括査定とは仕組みが少し違うのですが、「車査定・買取の窓口」も選択肢の1つとして挙げられます。

車一括査定と圧倒的に違うのは、サイトに申し込みしたあと、サイト側で一社をピックアップして提案してくれること。

つまり「あなたの車を買取する上で、ピッタリな会社はこちらの会社です」と、提案してくれると言うわけ。

そのため、車一括査定のように電話がものすごくかかってくることもないので、電話ラッシュが嫌だと言う人には相性の良いサイトと言えるでしょう。

ただ個人的に1つ、気になっているところがあります。

筆者の車を所有している車二台ともこちらのサイトで依頼してみたのですが、どちらも「株式会社ネクステージ」が”おすすめ会社”として提案をされました

1つはミニバン、2つ目は軽自動車と全然違うタイプなのに、なぜ同じ会社が選ばれたのか疑問でなりません。

もしかしたら提案する会社は、株式会社ネクステージだけなのではないか?と思うほどです。

ちなみにこの疑問をサイト運営者に問い合わせてみたところ、「当サイトを実際に運営しているのは、株式会社ネクステージだからかもしれませんね…」と言われました。

なんと、「車査定・買取の窓口」は、株式会社ネクステージが実質的な運営元だったのです。

だから、最優先でこの会社が選ばれているのでしょう。

もちろん車種によっては他の会社の提案をするのでしょうが、高い確率で「ネクステージ」がピックアップされる、と思っておいた方がいいですよ。

”カーセンサー”の窓口であり車一括査定ではない「価格.com」

ネットで家電を買ったことがある人なら必ず一度は目にしたことがあるだろう「価格.com」

家電以外にも保険やら色々な分野を手広く扱うサイトですが、実は車一括査定も行っています。

ただ、価格.comはただの窓口なんですよね。実際の査定依頼はカーセンサーが行う仕組みになっています

つまり価格.comがカーセンサーに利用者を呼び込んでいるだけ、というわけ。

しかし、くるまたかしといい、ズバブーンといい、この手のタイプのサイトは多すぎですよね。

知識のない人なら、勘違いして使ってしまいそうです。

車一括査定と違う革新的サービスだが価格が安くなる「DMM AUTO」

DMM AUTO」は、2018年6月にスタートしたばかりのサービス。

残念ながら車一括一括査定ではないので、ランクインしませんでしたが、サイトのコンセプトとしてはすごく革新的です。

なんと、あなたの車をスマホで撮るだけで査定から売却までができる、というもの。

撮るべき写真は「車の外観」「走行メーター」「車検証」の3枚だけ。

専用スマホアプリで撮り、いくつかの質問に答えると3分以内に査定結果がでます。

試みは面白いですが、「AI」が査定するせいか、相場よりも格段に低い金額を提示されることもしばしば。

サクっと売ってしまいたい人にはこれ以上ないサービスですが、高く売りたい人は向いていませんね。

電話がないけど持込に時間がかかる車一括査定「持込あんしん査定」

車用品店として有名な「オートバックス」が提供しているサービスが「持ち込み安心査定」です。

厳密に言うと、車一括査定ではないのでランク外としましたが、興味深いサービスなので紹介しておきます。

仕組みとしては、まずオートバックスが実際の店舗で車を確認し、査定をした後、その情報を車一括査定サイト「カービュー」と提携している会社に提供します。

そして、その提供された情報をもとに、各社がいくらで買い取るのか、ネット上の専用ページにて提案してもらうというもの。

つまり、車一括査定の「複数査定を効率的にする」というメリットをある程度生かしたまま、弱点である「電話ラッシュ」を抑制した、ある種ハイブリットな方法となっているのです。

ただオートバックスにわざわざ出向いて査定してもらうと言うのは、人によっては大きなデメリットと言うべきでしょうね。

実際に筆者はオートバックスで査定してもらいましたが、1回の査定に2時間ほど拘束されるので、忙しい人にはあまり向いていません

ただ「カービューを使おうと思っているけど、電話かかってきてほしくない」と言う人には、相性の良いサイトなのではないでしょうか。

(個人的には提携数の少ないカービューよりも、カーセンサーとオートバックスが組んで、このサービスをしてくれれば「最強」と思うのですが…)

車一括査定ではなく”ユーカーパック”の劣化版である「カープライス」

カープライス」を一言で表すと「中古車販売業者だけが入札できるオークションに出品してくれるサービス」のこと。

オークションに参加する業者は約1,000社。その中から1番高い金額をつけた会社に買い取ってもらうというわけ。

日本を代表する超・大企業「三井物産グループ」が運営しているため、信頼性は抜群。カープライスも信頼性が高いと全面的に押し出しています。

利用の方法としては、カープライスが派遣した査定員がチェックしたあなたの車の情報を1,000社の業者がチェックし、入札していくと言うもの。

ただ・・・この仕組み、どこかで見たことがありませんか?

そうです。実は先述した「ユーカーパック」と全く同じ仕組みを採用しているのです。

ただユーカーパックの参加業者2,000社と比べて、カープライスはオークションに参加している業者は1,000社しかいません。

つまり、残念ながらカープライスは「ユーカーバックの劣化版」と言わざるを得ないのです。

しかも1番残念なのは、カープライスは全国対応ではないということ。

ユーカーバックは査定員の数こそ少ないものの、一応、全国対応です。

一方、カープライスは関東や関西、中部、そして一部の東北エリアだけが対応なので、筆者のような九州人には使えないサービスとなっています。

もう少し成長してくれないと、戦力になるサービスとは言えなさそうですね。

ちなみに2018年12月から無期限で利用中止になっています(なにやらサービス内容の改善を図っているとのこと。)

【総評】高価買取を本気で狙う人だけ車一括査定を使ってみよう

車一括査定サイトには「電話ラッシュ」など、マイナスな面もありますが、うまく使えば必ず高価買取に結びつくことができます。

「相場を知りたい」という人には不向きですが、「本気で高価買取を目指している」という人は、ぜひ車一括査定サイトを使ってみてください。

以上、「車一括査定のおすすめランキング2018最新版!専門家が全21サイトを比較!利用前に知るべき注意点も解説」でした。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方 → クルマコネクト

営業電話は一切なし!チャットで気軽に相談
非公開車両から厳選中古車の提案GET

②電話で本格的に相談したい方 → なびくる+

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

シェアをお願いします。