1. 車査定のマニア
  2. 中古車
  3. ≫車乗り換えでお得なのは3年ではない!最適なタイミングをプロが解説

車乗り換えでお得なのは3年ではない!最適なタイミングをプロが解説

車の乗り換えは本当にお得?

「車を乗り換えるなら3年がお得」と聞いたありませんか?

車を買うときに親や友人・知人から「3年後を見据えて乗り換えしたほうがお得だよ」と助言されている人は多いです。

実際に3年間で車を乗り換えして、お得な雰囲気を醸し出している近しい人もいる事でしょう。

だからこそ、車の乗り換えは早めに行うのがお得だと思います。

しかし本当にそうなのでしょうか。

そこで今回の記事では車の乗り換えを5回以上行ってきた筆者が自身の経験と客観的なデータをもとに3年という短いスパンで車を乗り換えするのは、本当にお得なのかしっかりと見ていきます。

これをみれば、あなたが乗り換えすべきなのかどうかがわかりますよ。ぜひ最後までご覧ください。

【先に結論】3行でまとめると?
  • 車を乗り換えするよりも限界ギリギリまで乗り潰した方がお得
  • 世間でよく言われる「3年で買い替え」は金銭的メリットがない
  • どうしても乗り換えるなら購入から7~8年にしよう

車の乗り換えはお得ではないたった1つの理由

車の乗り換えはお得ではありません。よく3年落ちになったら乗り換えすべきなんていっていますが、はっきりいって妄想です。

乗り潰しの方が700万円もトクするたった1つの理由を解説していきましょう。

中古車を3年落ち程度で乗り換えるのは全然お得ではない

結論からいいましょう。乗り換えと乗り潰しなら、乗り潰しのほうが圧倒的にお得です。

具体的な内訳はあとで説明しますが、乗り換えをすると、結果的に700万円以上損しますよ!

三年落ち中古車を乗り換えるより「乗り潰し」のほうがお得

車の乗り換えと対になる言葉が「乗り潰し」です。

乗り潰しとは、車の寿命を迎えるまで乗ってしまう事ですね。

つまり、もう車として使えなくなってしまうので乗り換える、というわけ。

乗りつぶしまでの期間は場合によって変わりますが、今回の記事では「新車購入から10年」と捉えます。

何故かというと、新車購入から10年経つと車の価値は査定上、ゼロとみなされるから。

早い話、売却しても0円ですと言われる可能性が高くなるのが、新車購入から10年経ったタイミングなのです。

ここまで車を乗ってしまえば、さすがに乗りつぶしと言っても問題ないでしょう。

車を乗り継ぎしていくほうが乗り換えより700万円もお得

では車の乗り換えと乗り潰し、どっちがお得なのか見てみます。

ちなみに乗り換えの比較では、先ほども出ている3年を基準にして見てみますよ。

まずは3年毎に乗り換えた場合を見てみましょう。

新車購入価格は250万円とし、他の金額はリアルの金額をシミュレーションしてみます。

ではまずは乗り換えバージョンです。

  • 新車購入価格・・1,000万円(250万円×4回)
  • 車検代・・0円
  • 税金・・34万5千円(34,500円×10回)
  • 合計・・1,034.5万円

次に乗り潰しバージョンを見ます。

  • 新車購入価格・・250万円
  • 車検代・・40万円(10万円×4回)
  • 税金・・34万5千円(34,500円×10回)
  • 合計・・324.5万円

見ての通り、両者には700万円以上の差がついています

仮に100万円の新車であったとしても、乗り換えの方がお金がかかり、乗り潰しのほうがお得という結果になりますね。

3年落ち中古車の価格相場を考慮してもお得ではない

3年落ちの中古車の価格相場は、新車よりも3~4割安くなります。

しかしそれを考慮しても、乗り換えを次々にしていたら、全然お得ではありません。

もちろん、3年落ちの中古車を買って、なが~く乗りつぶすなら、かなりお得なカーライフを送ることができるでしょう。

【総評】10年以内は中古車も新車も買う必要なし!

何度もいいますが、3年落ちというタイミングで車を乗り換えるのは全然お得ではありません。

客観的な計算からも、一般的に言われている「車の乗り換えは3年」というのを本当に行うと、相当にお金がかかると理解していただけたと思います。

本気で「お得さ」を考慮するのであれば、10年間は車を乗って、ボロボロになった後に車を買い換えるほうがいいのです。

「10年間も我慢できない」「どうしても車を乗り換えしたい」というのであれば、3年での乗り換えだけは”お得さ”という観点ではやめたほうがいいでしょう。

色々な考え方があると思いますが、一番お得なのは、車の寿命まで乗り潰すことだと思います。
※出典:「価格.com」より

上記のように乗り潰しのほうがオトクなのは、意外と周知の事実です。

乗り換えるなら7〜8年が査定的にベスト

新車購入回数を極力減らして、車検の回数もなるべく少なくするという観点で7〜8年で乗り換えをするのがベストです。

10年目になると車には相当ガタが来ますので、シミレューションには入れていない修理代や等が発生する可能性もゼロではありません。

10年経った車のエンジンにもし問題出てきた場合、30万円から40万円の負担がかかるので、もしその観点で考えると、7〜8年で乗り換えをするのがベストでしょう。

ただ今の車は相当に丈夫なため、10年走ったとしてもエンジンが壊れるなんて事はそうそうありません。

だからこそ、乗り潰しのほうが”お得さ”という観点では、圧倒的勝利という事実を忘れないようにしてください。

【補足】なぜ「3年落ちになったら乗り継ぎ」と言われる?

そもそも論にはなりますが、巷でよく聞く「3年で車を乗り換えするとお得」という理論には、ちゃんとした理由も存在します。

一方的に否定するのも問題ありなので、最後にその点もみておきましょう。具体的には以下の通りです。

  • 車検を一度も受けないでいい
  • 買取や下取り価格で高額が期待できる
  • メンテナンスがほとんど入らない
  • 何かあっても新車保証でまかなえる

どの理由も車が新しいからこそ享受できるメリットです。

特に車検は大きいのではないでしょうか。

車検は新車購入から3年後に受けることになります。

普通車の場合は10万円近くの出費になるため、このためだけに3年以内に乗り換えしたほうがいいという意見もあるほど。

まぁ後は気持ち的な面で3年も乗っていると、車に飽きるというのも考えられます。

そろそろ飽きてきたところで、「車検が来るから」という理由にかこつけて”3年で買い換えがお得”理論を展開する人も少なくないですね。

ローン返済が終わっていないと3年の買い替えはキツい

3年で車を乗り換えるデメリットとしては、ローン返済が終わってない場合でしょうね。

もし5年払いで3年で乗り換えたりすると、残り2年は二台分の車のローンを払っていかなければなりません

ただ、あえて挙げるならばこれぐらいしかデメリットはないので、3年で乗り換えた方がお得という理論がよく言われるのでしょう。

ちなみに現金で支払っていたり、3年以内での支払いを終えたりすると、ほとんどデメリットがなくなるのも実情です。

以上「車乗り換えでお得なのは3年ではない!最適なタイミングをプロが解説」でした。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方 → クルマコネクト

営業電話は一切なし!チャットで気軽に相談
非公開車両から厳選中古車の提案GET

②電話で本格的に相談したい方 → なびくる+

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

シェアをお願いします。