【2019年】車買い替えの準備・流れのまとめ!専門家が知って得する手順や方法を解説

車の買い替え準備と流れ  

車の買い替えの流れを把握することは、事前に準備すべき要素として非常に重要です。

しかし、車買い替えにおける「流れ」や「準備すべきモノ」は一般的に深く理解されておらず、あなたもその一人かもしれません。

せっかく車の買い替えをするのであれば、買い替えまでの流れを理解した上でしっかりと準備しておきたいですよね。

理解しないままだと、思わぬところで失敗してしまうかもしれませんよ?

しかし、ご安心を。今回の記事では、5回ほど買い替えをし、車雑誌の編集を務めた筆者が「車の買い替えの流れ」や「準備しておくべき書類」などを解説してきます。

いつから車買い替えの下準備を始めておけば良いのかという「タイミング」についても解説していきますので、真剣に買い替えを検討している人は必見の記事です。

車の買い替え準備や「流れ」に関する、あなたの疑問や不安がすっきり解決できることでしょう。

ぜひ最後までご覧ください。

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方はクルマコネクト
クルマコネクトはコチラ → https://221616.com/connect/

②電話で本格的に相談したい方はなびくる+
なびくる+はコチラ → https://a-navikuru.com/

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

ユーカーパックはコチラ → https://ucarpac.com/


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

カーセンサーはコチラ → https://kaitori.carsensor.net/

スポンサーリンク

この記事の目次(もくじ)

車の買い替え準備を始める前に「流れ」を知ろう

車買い替えの準備の第一歩は「流れ」を知ることです。

新しい車に買い替える場合、新しく購入する新車ディーラーや中古車販売店に、今乗っている車を買い取ってもらうのが前提となります。

この事を「下取り」と言うのですが、初めて車を買い替える場合は「流れ」が分からなくて不安になりますよね。

そこでこの章では、まずは「車買い替えの流れ」について解説をしていきます。

もちろん「どうやって下取りされるか”流れ”はもう知っている」「とにかく準備すべきモノを知りたい」という人は、次の章まで飛ばして構いません。

車買い替えの流れは全部で6ステップ

車買い替えの流れは、以下のようになります。

車買い替えの流れ
  1. 新しく購入する車を決める
  2. 車の買取査定を受ける
  3. 新しく購入する車の見積書を発行
  4. 納得のいく金額であれば購入契約する
  5. 納車日までに必要書類を準備して提出
  6. 買取車を引き渡し、購入車を受け取る

流れにすると、このようにシンプルです。変に難しい方法を覚えないといけない、なんて意識する必要はありません。

早い話が、新しい車を決めた後、古い車を買取してもらう金額に納得して、新しい車の購入金額等の条件に納得するだけです。

ちなみに「もっとタイミングや時系列が知りたい!」という人は、カーセンサーがまとめてくれている以下の画像をチェックしてみてください。

車買い替えの流れ

こんなにがっちりはしないんですけどね。参考にはなります。

わざわざ買い替えの流れを覚える必要はない

基本的には買い替えとなると、車を買い取りしてもらうところも、車を購入するところも一緒の会社になります。

極論を言ってしまうと、買取と購入を担当する会社の指示に身を任せていれば、簡単に終わってしまうのが、車買い替えの流れなのです。

ガリバー」や「ネクステージ」など有名な販売店はもちろんのこと、「グーネット」などの情報サイトで経由で出会った販売店に頼めば、全部やってくれますよ。

あなたが判断するのは、何の車をいくらで購入するのか、今まで乗っていた車をいくらで売却するのかという点だけです。

残債があっても買い替えは可能ですから、本当に心配することなんて全然ないです。

車買い替えに「決まった流れ」はない

ここまで解説した通り、車買い替えの流れはガチっと決まっているわけではありません。

ある程度フレキシブルに変えることができるので「この流れの次はこれだ」なんて意気込む必要はなく、自分の考えやその場の流れに身を任せて、好きなようにすればいいのです。

業者側はも「こういう風な流れでやってください」なんて押し付けをして来ませんので、ある程度、あなたが好き勝手に業者を振り回しても全然いいのです。

とくに「オートバックス」などは、かなり振り回しても、こちらに合わせてくれますよ。

準備前に知るべき「車買い替えの流れ」よくあるQ&A

ここまでの車買い替えの流れの解説では「まだちょっと不安」「準備不足」と感じる人もいるでしょう。

もう少し「買い替えの流れ」について、絶対に押さえておくべきポイントを突っ込んでいきますね。

以下の知識を知っておくと、流れについての不安などはふっとぶはずです。

先に結論
  • 買取査定してもらった後に購入車を選ぶことも可能
  • 見積書を出してもらった後の買取査定もOK
  • 買取してもらう車を先に引き渡すこともできる
  • ローンがある場合は買い替えの流れが変わる

買取査定の後に購入する車を選ぶことも可能

心の声

先に買取査定をしてもらうのって難しいよね?査定金額が先に知りたいんだけど・・・

基本的には購入する車を選んだ後に買取査定して、査定額を知ることになります。

一方で、買取査定を先にして、いくらで買い取ってもらえるのかある程度目星をつけた上で、その金額に見合った車を次の車として選ぶこともできます。

見積書を出してもらった後の買取査定もOK

心の声

見積もり書の内容を見てから査定してもらいたいのだけど、さすがにそれは無理?

最初は買取なんてしてもらうつもりはなく、新しい車を買った後も二台車を運用していくつもりの人もいるでしょう。

しかし気が変わってしまい、新車の見積もりを出してもらった後に、「やっぱり今の車を買い取ってもらいたい」と思う場合だって考えられます。

実際に筆者はそうだったのですが、普通に見積もりを出してもらった後に「やっぱり買い取ってもらいたいんですけど」と言えば、買取査定してもらうことも可能でしたよ。

買取予定の車を先に引き渡すこともできる

心の声

買取してもらう車が正直邪魔なんだけど・・・。早い段階で引き渡しするのは可能なの?

これは筆者が実際にやったことなのですが、車を買い替えする際、下取りに出す車を先んじて引き取ってもらったことがあります。

本当は新車購入をし、その後同時に引き渡すことが多いです。

しかし筆者の場合は、新しく乗る車が納車されるまで結構な期間があり、その分の駐車場がもったいない&バイクで移動することも可能という事から買取してもらう車を先に引き渡していました。

ただあくまでも下取りになりますので、現金で買取金額がもらえないことを忘れないようにしてください。

ローンがある場合は買い替えの流れが変わる

心の声

ローンが残っている車を買い替えするつもりなんだけど、残債がない場合とある場合では「流れ」って変わるの?

もしローンが残っている車(完済できていない車)を買い替えるのであれば、先日した流れに加えて以下のステップを追加しなければなりません。

1.所有者は誰なのか確認する
2.ローン残債(ローンの残り金額)を確認する
3.残債を一括で返済する
4.所有権解除書類を申請し受け取る

早い話が、ローン利用中だと持ち主があなたではないので特別な手続きが必要ですよ、というわけ。

ちなみに上記のステップを追加しなければならないのは、ディーラーローン等、所有権者が自分以外のものになるローンを使った時だけです。

銀行のローンを使ったときには、所有権者が自分になりますので、上記のステップを追加する必要はありません。

これまで解説してきた買い替えの流れをそのまま実行するだけでいいですよ。

この追加ステップについてですが、自分で申告する必要は一切ありません。

車を買い替えするときに販売店側がしっかりと気づいてくれるので、自分は何もしなくても勝手に販売店側が処理をしてくれることが多いです。

そのため、必要以上に「何か追加でしなければならないのだ」なんて思うことはありません。

「こういうことも自分が知らない間に行われているのだな」と思う程度で大丈夫ですよ。

たまに必要な「車買い替えの流れ」のよくある質問

ここまでは車買い替えの準備をするうえで、絶対に押さえておくべき必須知識を紹介してきましたが、次は流れ的にたまに必要になる知識を紹介していきましょう。

先に結論
  • 独自の流れをおしつける業者にロクなのはいない
  • 契約書を結ぶ前まではいつでもキャンセルOK
  • 車の買い替えの流れは2社を使って行うこともある

独自の流れを強要する業者はロクではいない

心の声

この記事では自由に流れを決められるって書いてたけど、ゴリゴリに流れが決まっているんだけど・・

紹介したように車の買い替えの流れは、ある程度自由に変更することができます。

そしてガチガチに固まった流れをこなしていく理由はほぼ存在しないと言っても過言ではありません。

そんななか、独自の買い替えの流れを押し付ける業者も存在します。ただ、要注意したほうがいいですよ。

独自の流れを押し付けてくる業者は、あなたの動きをコントロールしたいと思っている業者です。

つまりは自分の思うように動かせて、何かしらあなたに不利益を与えようとしている可能性が高い、というわけ。

諸費用が実は高いことを気づかせてたくない、など問題点を隠蔽するために、独自の流れを強要することが少なくありません。

もし、あなたが車を購入しようとして「ウチではこういう流れでやってますので、それに従ってもらえますか」という業者がいたのであれば、他の業者に変えたほうがいいかもしれませんよ。

あなたが不利益を被る確率は結構高いです。要注意。

契約書を結ぶ前までいつでもキャンセルOK

心の声

決断力があるほうじゃないから、キャンセルするかもしれない。いつまでならキャンセルできるの?

ぶっちゃけた話をすると、契約するまでは全て白紙に戻すことができます。

つまり「なかったこと」にするタイミングはいつでも可能という事ですね。

「ここまで話が進んでいるのだから、この流れを崩すわけない」と本当は買いたくもない車をそのまま買ってしまう人も少なくありません。

しかし本来は「車の買い替えをします」という契約を結ぶまでは、あなたが自由に流れをコントロールできるのが普通なのです。

だからこそ、車を買う・売る両方の決断において、契約直前まではいつでもキャンセルができます。

もし「ここまできたのですから、キャンセルすることはできません」と契約前にいう業者であれば、明らかに問題ありです。色々と疑ってかかったほうがいいですよ。

場合によっては、業者を変えたほうがいいかもしれません。

車買い替えは2社にわたって行うこともある

心の声

買い替えって、同じ会社にまかせないといけないの?買取だけ他の会社にしたりなんてできない?

最もシンプルな車買い替えの流れは、1社に任せることです。つまりは車を購入しようと思っているところに自分の車を下取りに出す、という方法ですね。

これが最もシンプルでわかりやすいんですが、難点として下取り価格が低くなってしまい、自分が1回乗っていた車を低く評価される可能性があるのです。

そうなると買取は買取で行い、新車購入は別の会社で行うという2社を使った車買い替えもを検討していかなければなりません。

その場合の流れは基本的に今乗っている車を売却して、新しい車にを買うという流れになるでしょう。

そして車が納車されるまでの間、乗れる車がないという形になりますから、新しく車を購入しようと思ってる会社に代車を用意してもらう必要があります。

流れ的にシンプルではなく、すごく面倒にはなりますが、下取り価格よりも高く手に入るかもしれないという利点が。

なるべく自分の今乗っている車を高く評価してほしいと思っているのであれば、買取と新車購入を別々の会社に頼んでみてはどうでしょうか。

中古車と新車は一緒?車の買い替えで準備すべき書類

ここまでは車の買い替えの流れをテーマに見てきましたが、次は準備すべき必要書類について見ていきましょう。

この章であなたが知ることが可能な知識の要点をピックアップすると、以下の通りになります。

先に結論
  • 車の買い替えの必要書類は全部で12つ
  • 自分で用意しなくていいモノもある
  • 残債に関する手続きは業者が全て用意する

要点を確認してもらったところで、次項より具体的な解説について見ていきましょう。

車の下取りに必要な書類は全部で12つ

冒頭でも説明したとおり、車を買い替えする際に必要となる書類は12つあります。

車の買い替えをする人は、基本的に「買取(下取り)」と「新車購入」をほとんど同じタイミングで行う人です。

だからこそ結構な数になるのですが、必要な書類を事前に把握すれば、2回役所に行かずに済みますよ。

必要書類を表にまとめてみましたので、ざっとチェックしてみて下さい

必要書類軽自動車下取り時普通車下取り時車購入時取得方法・注記
車検証一般的には自動車内に保管している
自賠責保険証明書一般的には自動車内に保管している
自動車リサイクル券一般的には自動車内に保管している
軽自動車納税証明書軽自動車税を支払ったときの控えとしてもらっている
自動車納税証明書自動車税を支払ったときの控えとしてもらっている
認印朱肉で押す印鑑(スタンプ印は不可)
実印印鑑登録をしている印鑑
印鑑登録証明書住民登録をしている市区町村役場で取得
自動車検査証記入申請書一般的には売却先のお店が準備してくれる
委任状一般的には売却先のお店が準備してくれる
譲渡証明書一般的には売却先のお店が準備してくれる
住民票住民登録をしている市区町村役場で取得取得
車庫証明書警察に申請して自力で準備する

●が必ず必要な書類、※は場合により必要な書類です。

自分で用意しなくていい書類もある

実印と印鑑証明書についてですが、軽自動車を買い替えする場合は、認め印でOKです。

従って、印鑑証明書も不要です。

また譲渡証明書・委任状は、買取してもらう車の名義変更に必要な書類ですが、ディーラーや中古車販売店が用意してくれます。

なお戸籍謄本・住民票は引っ越しや結婚等により、車検証に入力されている住所・氏名と現在の氏名・住所が違うケースにて必要です。

住所が異なる場合は住民票、氏名が異なる場合は戸籍謄本が必要となります。

最後になりますが、リサイクル券も必要ですが、通常は車のダッシュボードなどマニュアルと一緒に保管されていると思います。チェックしてみて下さい。

残債に関する手続きは業者が全て用意する

買取に出す車がローンの返済途中である場合も考えられます。つまり「残債」がある状態ですね。

もし残債があるなら、車検証上の所有者は「信販会社」および「購入したディーラー」です。

こうなると、残債を完済した上で下取りに出す事になります。

ただ、実際の返済手続や必要書類はディーラーが代わりにしてくれるので、基本的にはお任せで手続を進めていけばOKです。

なお、ディーラーに提出する書類は、後々のトラブルを避ける為にもコピーを取っておく事をオススメします。

以上、「車の買い替えに必要な書類」を紹介しました。

では、もし車の買い替えに必要な書類を紛失した時、どうすればいいのでしょうか。

次章より詳しく紹介していきます。

車買い替えの準備書類を紛失した時の対処法

もし車の買い替えで必要な準備書類を流れの途中でなくしてしまった場合、どうすればいいのでしょうか。

結論としては以下のようになります。

先に結論
  • 自賠責保険証は「保険会社」車検証は「運輸支局」で再発行可能
  • 納税証明書は「税事務所」印鑑証明書・住民票は「市区役所」で再発行可
  • 譲渡証明書は「再発行不可」委任状は「自力で再作成」

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

自賠責保険証は再発行可能

自賠責保険証を紛失した場合、保険会社に連絡をすることで再発行する事ができます。

加入している保険会社に「再発行をしたいのですが」と問い合わせてみましょう。

詳しくは問い合わせ時に指示がありますが、再発行をするには、印鑑と運転免許証や保険証などの「身分証明書」を保険会社の窓口にもっていく必要があります。

つまり、保険会社の代理店では手続きを行う事が不可能なので注意してくださいね。

また車検証を紛失した場合、「運輸支局」もしくは「自動車検査登録事務所」で再交付を受ける事が出来ます。

再交付には申請書と300円の印紙が必要になりますので、事前に用意するのをお忘れなく。

なお、申請書に関しては「運輸支局」もしくは「自動車検査登録事務所」で手に入りますので、書き方がわからない人は窓口の人を頼ってみてください。

納税証明・印鑑証明・住民票も再発行できる

自動車税の納税証明書を紛失してしまうと、ちょっと面倒です。

実は普通自動車と軽自動車では、再発行申し込みを入れる場所が異なるのです。

  • 普通自動車であれば、税金を払いこんだ都道府県の税事務所に行く
  • 軽自動車の場合は、あなたがお住まいの市区役所で再発行を申請

もし遠方であれば郵送での対応もしているので、時間がない時はぜひ有効活用してください。

なお印鑑証明書・住民票も、軽自動車の納税証明書と一緒で市区役所にて取得できますよ。

譲渡証明は再発行不可・委任状は自力で作成

譲渡証明書を紛失した場合、基本的には再発行できません。

ただ、代わりになる書類は存在します。

具体的には「なぜ譲渡証明書をなくしたのか」という「理由書」を自力で作成して提出することになるでしょう。

なお、運輸支局によって「代わり」となる書類が異なります。

つまりは、理由書以外を要求されることがあるのです。

だからこそ、まずは名義変更手続きを行う運輸支局に問い合わせをして指示を仰ぐのがベストでしょう。

運輸支局・自動車検査登録事務所の一覧(https://www.kuruma-sateim.com/procedure/doc/transfer-certificate/

ちなみに委任状は自力で用意するモノなので、カンタンに再発行(再作成)することが可能です。

車の買い替え準備は何ヶ月前からスタートすべき?

ここまでは車の買い替えで準備しておくべき書類について解説していきましたが、実際にいつから準備の流れをスタートすれば良いのでしょうか。

「何となく車の買い替えを考えている」という人は、「色」「何人乗り」などが決まるまでは特に動く必要はないでしょう。

ある程度の車種が決まってきたら、実際に購入しようと思っている一か月前には書類の取得等のために動くべきです。

まぁ極論を言えば、購入したい車が決まってから動いても全然間に合います

新車だろうが中古車だろうが、営業マンが書類集め等のサポートをしてくれるので、自分はそんなに時間かけなくても1日2日でサクッと用意することができますよ。

相場の研究だけは早めにスタートしよう

早い段階から始めておくべきなのは、相場の研究でしょう。

買い替えは「自分の車の売却」と「新しく乗る車の購入」を伴います。

そのため、いくらで売れるのか、いくらで買えるのかという相場だけは早めに確認しておくべきです。

以下の記事を参考にすれば、簡単に相場を確認することができますよ。

ただ1つだけ注意しなければならないことがあります。

それは「早めに相場を調べてしまうと、いざ買い替えをしようとしたときに相場が変わってしまう」ことです。

特に季節が変わるタイミングなどは相場が変わってしまう可能性が高いので、相場の確認も購入する前の1ヵ月前ぐらいから動いておくのがベストです。

もちろん早い段階から調べておくのも全然アリですが、購入直前に再度相場の確認をして、自分の頭の中の相場観を微調整する作業を忘れないようにしてください。

【まとめ】これで準備OK!車買い替えに挑戦しよう

今回は「車の買い替えの流れ」「車の買い替えで準備すべきこと」などテーマとしてレクチャーしてきましたが、いかがだったでしょうか?

もう一度、流れを振り返っておくと以下のようになりますよ。

車買い替えの流れ
  1. 新しく購入する車を決める
  2. 車の買取査定を受ける
  3. 新しく購入する車の見積書を発行
  4. 納得のいく金額であれば購入契約する
  5. 納車日までに必要書類を準備して提出
  6. 買取車を引き渡し、購入車を受け取る

解説してきた知識を駆使すれば車の買い替えにをする際に戸惑う事はないでしょう。

とにかく1つだけ言えるのは何も意気込む事はない、ということ。

準備すべき書類も、車の買い替えの流れも、別に把握していなかったとしても、業者の方から丁寧な説明とサポートがあります。

極論を言えば知ってなくても全然話が進んでいくので、下手に意気込む必要はありませんよ。

楽な気持ちで車の買い替えにチャレンジしてみて下さいね。

買い替えはあなたが思っている以上にかんたんで楽しいものですから。

筆者も数度買い替えを経験しましたが、なんやかんや一度もトラブルになることなく円滑にできましたから、あなたも大丈夫です。

以上「【2019年】車買い替えの準備・流れのまとめ!専門家が知って得する手順や方法を解説」でした。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

ユーカーパックはコチラ → https://ucarpac.com/


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

カーセンサーはコチラ → https://kaitori.carsensor.net/

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方はクルマコネクト
クルマコネクトはコチラ → https://221616.com/connect/

②電話で本格的に相談したい方はなびくる+
なびくる+はコチラ → https://a-navikuru.com/