1. 車査定のマニア
  2. 下取り
  3. ≫ディーラー下取りはなぜ安い査定額になる?自慢の中古車でも高価買取されない理由とは

ディーラー下取りはなぜ安い査定額になる?自慢の中古車でも高価買取されない理由とは

心の声

大事な車だから、安心できるディーラーで下取りを考えているのだけど、実は安いって本当?

ディーラーの下取りだから、信頼性は抜群。安い金額になるなんて微塵も思わず、安心して高価買取できると思っているかもしれませんね。

確かにディーラーの下取りは安心感抜群です。

しかしディーラー下取りは、買取金額は安いうえ、現金そのものは手に入らないってことを知っていましたか?

ハッキリいって、ディーラー下取りは、新車購入を促進させるためだけの方法ですから、安い金額になるのも無理はありません。オマケですから。

「高く売って多くの現金を手に入れたい」と考えている人にとっては、安い金額になりがちなディーラー下取りは絶対に行うべきでない買取方法といえます。

すこしでも高価で売り、売却代金を現金で得たいのであれば、ガリバーやビッグモーターなどの買取店を使う方がベストな選択です。

今回の記事ではディーラー下取りがいかに安いのか、という実態をかりやすく解説していきます。

とくにディーラーで車を売るべきかどうか迷っている人には役に立つこと間違いなしなので、ぜひ最後までご覧ください 。

買取業者よりなぜ安い?ディーラー下取りの仕組み

査定額の違い

まずはディーラー下取りの仕組みとも言うべき、基礎知識を紹介していきましょう。

ディーラー下取りについて、ある程度知っているという人は、次の「なぜディーラーは「高価買取」と「現金での支払い」ができないのか」まで飛ばしてもらって構いません。

下取りとは 、新品の車を購入する時に、代金の一部として割引するために、古い車を引き渡すという行為

車だけではなく、最近ではテレビショッピングの家電通販などでも下取りが使われていますね。

ディーラーは 基本的に新車を売るのが目的です。

その新車をなるべく多くの人に買ってもらうために、下取りをやっているというワケなのです。

ディーラー下取りをしてもらう流れ

もしディーラー下取りをしてもらうのであれば、基本的に以下のような流れをこなしていくことになります。

ディーラー下取りの流れ

自らがやるべきことは、必要書類を集めるだけということもあり、車を引き取ってもらう方法としては非常に手軽です。

そのうえ、新車購入のお金も安くなるということから、下取りは昔から今現在まで非常にポピュラーな車買取方法となっています 。

なお、ディーラーでの下取りに必要な書類は、以下の記事にて詳しく解説していますのでチェックしてみてください。

なぜディーラー下取りは「高価買取」できないのか

そもそも、ディーラー下取りは、車を買い取ることそのものの目的が違います。

一般的な買取店の場合は、買取をした車を整備してオークションや第三者の買取業者に向けて売るために買取をします。

つまりは「転売」をするための「仕入れ」として、買い取りをしているのです。

しかしディーラー下取りは、仕入れのために行っておらず、ディーラーで販売している新車の購入を促進するために行っています。

新車の金額は中古車に比べて、どうしても高くなりがちです。

乱暴な言い方をすると、その金額を少しでも安くするために、中古車の買取をしていると思ってください。(厳密には違いますが)

また新車を買い換えるのであれば、どうしても元々乗っていた車が手に余ってしまいます。

だからこそ、新車購入と同時に買い取ってもらうのは非常に都合が良いもの。

このように「買取金額を安くする」「もともと乗っていた車を処分する」という2つのニーズを叶えるために行われているのが、ディーラー下取りなのです。

ディーラーには中古車を買う人は来ない

上記に示したディーラーの事情を考慮しながら、なぜ買取価格が安くなってしまうのか深掘りしていきましょう。

自社で売っている車であったとしても、買取価格が低くなってしまうのは、「ディーラーには中古車を買いに来ない」というのが大きな理由

買取をした場合、どうしても新車と中古車を並べて同じ売り場で売ることになります。

そうなると、新車の方が見栄えが良くなるのは当然のこと。

ディーラーの売り場においてそもそも売れにくい中古車が、余計に売れにくくなるのです。

ずっと売れなければ、当然ながら保管料などの維持費もかかるため、低い金額で買い取りをしなければ元が取れません。

ディーラーの査定精度は高くない

先述したようにディーラーの場合、中古車の買取は、あくまでも新車を買ってもらうための「動機付け」です。

そのせいか、査定も精度が低くなってしまうという事情もあります。

精度が低いなら「ちょっと高めの金額をつけよう」としてくれればいいのですが・・・精度が低いが故に、本来の相場よりも低めの金額を付けることの方が多いです。

なぜディーラーは「現金支払い」できないのか

車を売って現金を手に入れるために、車売却を希望する人は多いと思います。

そんな人にとって、ディーラー下取りが役に立たないと言える大きな理由が、ディーラーの下取りは基本的に現金で買取代金をもらうことができない点です。

先述したようにディーラーは、基本的には新車の購入あっせんのために買取を行っています。

そのためディーラーの下取り価格は、すべて次の車の支払いに当てられる仕組みになっています。

現金を手にいられることができないため、「現金を手に入れるために車を売ろう」という人には向いていない

この点については、非常に勘違いしている人が多いので、注意しなくてはなりません。

前章でお伝えした通り、ディーラー下取りの流れはシンプルでサクサクと進みます。

しかしサクサクと進むのは「現金が絡まない」というポイントが内包されているというのを忘れてはいけません。

やはり企業にとって、多額の現金を出金するというのは何かと時間のかかることですから。

元々の目的が「新車のあっせん」なので、現金を出すことはないというのも当然といえば当然です。

金額が安いディーラー下取りを最大限活かす2つのポイント

ネットワーク

これまでディーラー下取りについて、散々マイナスポイントばかり伝えてきましたが、どうすればディーラー下取りをうまく活かすことができるのでしょうか。

具体的には、以下のようなポイントをおさえておくと、ディーラーの下取りを最大限活用できますよ。

  • 新車を買う為にディーラー下取りを利用する
  • ボロボロの車を買取してもらう

この章では上記のポイントの詳細について、しっかりと解説していきます。

ポイント1.新車を買う為にディーラー下取りを利用する

ディーラー下取りを使いこなすのうえで1番良いのは、本来の目的に沿うことです。

つまりは、ディーラーで新車を買うために下取りをしてもらい、素直にディーラーの思惑に乗りましょうというわけです。

これまで解説してきたように、ディーラー下取りは「新車を買いたい」と思っているのであれば、これほど便利な買取方法はないと言っても過言ではありません。

はっきりって買取金額自体は高くはなりませんが、新車購入との親和性を考えると選択肢としては全然アリです。

ポイント2.ボロボロの車を買取してもらう

ディーラーの下取りを最大限に活かせる方法と言えば、買取業者では1円にもならない車を買い取ってもらうことです。

筆者の個人的な経験になりますが、この方法でめちゃくちゃトクをしたことがあります。

昔、トヨタの新車を買う際、200,000キロ運転したボロボロの「マーチ」(日産)をディーラーで買取してもらったのです。

当然、ディーラー以外の買取業者にも査定してもらいましたが、値段がつくことはありませんでした・・・。

しかしトヨタの新車を買う際、ディーラーの下取り査定をしてもらったところ、なんとボロボロのマーチに10万円もの値がついたのです。

10万円が現金になる事はなく、次に購入することをになった新車のヴォクシーの支払い金額の一部と化したのですが、個人的には大満足でしたね。

走行距離200,000キロのボロボロのマーチを現金ではないとは言え、高い金額で査定してくれたことに感謝すら覚えました。

このようにディーラーの下取りは古い車のオーナーにとっては、非常に役に立ってくれる買取方法になってくれますよ。

ディーラー下取りよりも高価買取してもらうには?

ここまでディーラー下取りを活かすコツを紹介しましたが、これではまだ足りません。

そう、肝心の「車を高く売って多くの現金を手に入れる方法」が明らかになっていないのです。

結論からいいましょう。中古車を現金支払いのうえで高価買取してもらうには、買取業者を使う他ありません。

ディーラーでの買取と違って、買取業者は「新車購入のための促進」ではなく自らが利益を出すための「仕入れ」として購入をします。

査定金額は中古車の販売相場から逆算されるため、ディーラーの買取金額よりも圧倒的に高くなります。

ディーラーではなく、買取業者を選択するだけでも一気に買取金額が上がりますよ。

振込という手段を使いますが、しっかりと現金として売却金額が手元に来るのも魅力です。

まとめ

ディーラー下取りは、買取金額は低くなるうえ、現金そのものは手に入りません。

ハッキリいって、ディーラー下取りは、新車購入を促進させるためだけの方法なので仕方がないことともいえます。

ただ「車を高く売って、多くの現金を手に入れたい」と考えている人にとっては、絶対に行うべきでない買取方法なのは確かです。

今持っている車が古すぎたり、そのディーラーで新車を購入するつもりなら、ディーラーで買取してもらいましょう。

しかしすこしでも高価で売り、売却代金を現金で得たいのであれば、買取業者を使う方がベストな選択といえます。

以上「ディーラー下取りはなぜ安い査定額になる?自慢の中古車でも高価買取されない理由とは」でした。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方 → クルマコネクト

営業電話は一切なし!チャットで気軽に相談
非公開車両から厳選中古車の提案GET

②電話で本格的に相談したい方 → なびくる+

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

シェアをお願いします。