車査定のマニア
廃車

車を廃車にする際「廃車費用がいくらなのか」が気になりますよね。そこで、今回は普通車と軽自動車の廃車費用の相場をまとめてみました。

廃車費用

車を廃車にする時の廃車費用は以下の通りです。

  • リサイクル料金
  • 解体費用
  • 永久抹消登録の代行費用
  • 陸送費用

リサイクル料金

リサイクル料金とは、シュレッダーダスト料金やフロン類料金などで構成され、車の各部品のリサイクル処理などをするための費用です(参考:リサイクル料金の内訳)。

ただし、リサイクル料金は購入した車が新車であれ中古車であれ、購入時に既に支払いが終了しています。

リサイクル券

金額は車種によって異なります。愛車のリサイクル料金がいくらなのかは「リサイクル券」を見れば分かります。確認してみて下さいね。

解体費用

解体費用とは、エンジンやガソリンタンクなどの様々なパーツを車本体から解体するための費用です。

解体

切り離されたパーツのいくつかは中古品として販売される場合も有ります。また、車の骨格部分などは鉄スクラップとして販売されます。

車の鉄スクラップ価値~故障車や修復歴車でも価値は有るんです!

そのため、ほとんどの場合廃車を依頼した人に解体費用が請求される事は有りません。むしろ、買取金額が発生する場合が多いです。

永久抹消登録の代行費用

車を廃車にする場合、車自体を解体した後に運輸支局等で「永久抹消登録手続き」を行わなければなりません(軽自動車の場合は「解体返納」)。この手続きをする事で「自動車重量税」や「自動車税」の還付を受ける事が出来ます。

軽自動車税には還付制度は有りません。

永久抹消登録手続き

この永久抹消登録の手続きを業者に代行してもらう場合には「代行費用」が発生します。

もちろん、この手続きを自分でやる事も可能です。その場合は当然代行費用は発生せず、手続きにかかる費用は基本的に普通車も軽自動車も用紙代だけです。

■手続きにかかる主な用紙代

  • 申請書(OCRシート)・・・100円未満
  • 印鑑証明書・・・200円~400円(軽自動車は不要)
  • 住民票・・・300円(車検証の住所が現住所と異なる場合) 等

印鑑証明書と住民票の費用は、手続きを代行してもらう場合も必要です。


【廃車】永久抹消登録手続きの費用と必要書類
軽自動車の廃車手続き

陸送費用

動けない車などは解体工場まで車を陸送する費用が発生します。陸送費用は距離・車種によって異なります。

もちろん、車を自分で解体工場に持ち込めば無料です(車が走行可能な場合)。

普通車・軽自動車の廃車費用の相場

車種や車の状態などで相場は変化しますが、概ねの相場は以下の通りです。

業者・車種によって異なります。


■普通車の相場
廃車費用相場備考
リサイクル料金1万円~1万3千円購入時に支払い済
解体費用数万円の収入収入となる場合がほとんど
永久抹消登録費用数千円~1万円自分でやれば申請書代のみ
陸送費用1万円距離によって上下します
持ち込む場合は無料

■軽自動車の相場
廃車費用相場備考
リサイクル料金8千円~1万円購入時に支払い済
解体費用数万円の収入収入となる場合がほとんど
解体返納費用数千円~1万円自分でやる場合は用紙代のみ
陸送費用1万円距離によって上下します
持ち込む場合は無料

廃車費用の相場は、普通車と軽自動車で大きな違いは有りません。リサイクル料金の金額が少し異なる程度ですね。

車を解体するのに費用が発生しますが、パーツや鉄スクラップなどの買取金額が発生するので、廃車費用の全体的な相場は支出よりも収入となる場合が多いです。

廃車は基本的に収入が発生する

車体の買取金額が発生する上に、税金の還付金や自賠責保険の返戻金も発生するので、廃車であっても基本的に収入が発生します(参考:車の廃車費用が無料でも損な理由)。

税金の還付金や自賠責保険の返戻金は、車検の有効期間・自賠責保険の契約期間が残っている場合などに発生します。

そのため、たとえ廃車でもなるべく高い買取価格を付けてくれる廃車業者を選ぶべきです。廃車業者の選び方で得られるお金が万単位で違ってきますよ。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の無料一括見積もり