車査定のマニア
プリウスアルファ

プリウスアルファ
出典:favcars

トヨタのプリウスαは、プリウスをベースにして、使い勝手の良さと広さを追求したハイブリッドのミニバンです。最新技術を多く搭載しており、燃費性能はミニバンクラスでトップを誇っています。

以下で査定情報やピックアップポイントなどを見て行きましょう。

スポンサーリンク

中古車査定相場予想

(2015年7月16日 現在)

参考媒体形態価格(単位:万)
価格.com個人売買 *1121~422
カーセンサー買取相場196.1
Goo-net市場価格197.8

プリウスαの平均的な中古車査定相場は、140万~195万円と予想されます。(*2

*1 価格com-ヤフオク予想買取価格より。

*2 上記3媒体の「個人間売買」「実際の買取価格」「市場価格」から判断した予想額。

なお、上記は年代等を考慮していない車全体の平均買取価額の予想です

スペック

項目詳細
新車価格帯247万~317万
車種ミニバン
燃費26.2km/L
排気量1.797L
エコカー減税重量税・取得税共に100%
乗員5〜7人乗り
ドア数5ドア
全長×全幅×全高4630×1775×1575mm  *1
パワーウェイトレシオ14.94kg/ps  *1

*1 G7人乗りの場合

燃費について

プリウスαの燃費性能はミニバンクラスではトップです(2015年時点)。カタログ燃費は実に26.2km/Lとなっています。

走り方や状況にもよりますが、街乗りだと19〜20km/L程度、高速道路だと22km/L前後までは走ります。リッター20km走れるのは、やはり嬉しいですね。

ピックアップポイント

プリウスαの気になるポイントをピックアップして紹介していきます。

■3列目シートは微妙■
プリウスを7人乗りミニバンにしたことで、荷室スペースも広がり、使い勝手は良くなっています。しかし、3列目は快適とは言えず、あくまでも補助席といった感じですね。大人が長時間3列目に乗り続けるのは少し厳しいでしょうね。

■内装はプリウスと同等■
プリウスαは燃費性能や実用性を重視しているので、内装については高級感などは殆ど有りません。特段、オシャレ!という訳でもなく、あくまでも自動車を道具と考える人には最高の車と言えますね。シートアレンジは豊富で使い勝手がいいです。

■エコ技術は最新■
「THS−Ⅱ」と呼ばれる1.8Lエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを採用しており、また、専用ボディは空気抵抗を徹底的に低減します。燃費性能だけでなく、最新技術を求める方には魅力的です。

プリウスαの変遷

プリウスαはハイブリッド専用のミニバンとして2011年に販売が始まりました。

2013年には、メビウスという名称でダイハツにOEM供給をしています。また、同年に特別仕様車として「S」、「G」をベースにした「tune BLACK」を発売開始。

北米やオセアニア、韓国でも販売されており、名称は「プリウスV」と言われいています。また、ヨーロッパでは「プリウス+」という名称で販売されています。

なお、2015年時点では当初モデルからフルモデルチェンジはされていません。

プリウスαの口コミ

良い口コミ

・燃費がいいのがなんといっても最高です。パワーモードで走ると加速も十分にあるので満足です。荷室の下にデッキアンダートレイがあるので濡れた荷物も積める点も良いですね。

・日常生活で使うならこの上ない素晴らしい車です。近場でも遠方でも使えるし、運転のし易さも問題ありません。ただ、運転の楽しさという意味では少し劣るかな。

・ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれるなど、最新装備が整っていて満足です。また、モニターのエコドライブ情報は見ているともっと燃費良く走ろう!と思えて良いですね。


悪い口コミ

・内装が安っぽく、内張りなどが簡単に傷付いてしまいます。値段の割に高級感がないのも残念です。また、メーターが中央にあることで、慣れていないので逆に視線移動が多くなってしまう気がします。

・3列目が狭過ぎです。緊急用として割り切れば便利と言えますが、普段使いはなかなか出来ないですね。ちなみに2列目は十分に広いです。

・燃費を重視しているのである程度仕方が無いですが、高回転域での吹け上がりは悪いですね。走っている時の安定感などは普通といった感じです。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス