車査定マニア
交通事故

交通事故

交通事故に遭遇すると、被害者は加害者に対して損害賠償請求をする事になります。

そして、100%加害者側の不注意で交通事故が起きた場合はともかく、被害者側にも過失が有る場合は、過失割合に応じて損害賠償金の金額を調整していきます。

ここで、「両者の過失割合や修理費用の金額によっては、結果的に被害者が負担する金額の方が多くなる事が有る」って知っていますか?以下で詳しく見ていきましょう。

過失相殺とは?

冒頭で出て来た「過失相殺」とはそもそも何でしょう。

交通事故が発生した際に被害者が加害者に対して行う損害賠償請求は、以下の民法709条不法行為責任」が根拠となっています。

故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は,これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

悪い事をした人が、損害を賠償する責任が有るというのは至って普通の事ですが、不法行為に関する制度は「損害の公平な分担」という考えが根底に有ります。

つまり、加害者だけでなく被害者にも損害の責任を負担させましょう(加害者の故意による場合は除きます)、という事ですね。

過失相殺

これは民法722条2項にて定められており、この規定を「過失相殺」と言います。

被害者に過失があったときは,裁判所は,これを考慮して,損害賠償の額を定めることができる。

「被害者がなぜ責任負担しなければならないんだ」と思うかもしれませんが、被害者の方は100%自分には何ら責められる点はなかったと言い切れるでしょうか?

例えば、赤信号で完全に止まっていたときに、後ろから追突された様な場合は完全に加害者が悪いでしょう。

交差点

一方で、交差点を曲がろうとしたときに反対車線を直進する車にぶつかった様な場合は、ぶつかった方が完全に悪いとは言えません、曲がろうとした車は直進車をちゃんと見ていなかったかもしれないですし、直進車にも常に急に曲がって来る車の存在に注意をしておく必要が有るからです。

そこで、被害者側の過失がどれくらい有るかを考慮して、両者の負担すべき損害賠償金を算出していく事になります。

この様に、「被害者にも過失が有る場合には、両者の過失の割合に応じて損害賠償金額を調整しましょう」というのが過失相殺なのです。

過失相殺の計算方法

過失相殺の計算方法

過失相殺は、上述の様に両者の過失の割合に応じて損害賠償金額の負担額を調整します。

仮に事故の当事者がAとBの2名だった場合は、以下の計算式によって各自の負担額を算出します。

(Aの修理費用+Bの修理費用)×Aの過失割合=Aの負担額
(Aの修理費用+Bの修理費用)×Bの過失割合=Bの負担額

参考:2台の車(X・Y)が衝突した事により、さらに他の車(Z)にも被害が及んだ様な場合、Zに過失が無ければ共同不法行為として、XとYは連帯してZの損害賠償をする責任が有ります。一方でZにも過失が有る場合、Zとの間でも過失割合を認定して損害賠償金を調整する事になります。

過失割合によっては被害者が損する事も!?

冒頭で触れましたが、過失割合や修理費用によっては被害者側の方が修理費用の負担が最終的に多くなってしまう事が有ります。

どういうことなのか、簡単な数値例で見ていきましょう。

計算例1

前提条件

加害者Aの修理費用100万円、
被害者Bの修理費用60万円、
過失割合は加害者A:被害者B=70%:30%

加害者Aが負担する事になる金額は以下の通り。

(100万円+60万円)×70%=112万円


一方の被害者Bが負担する事になる金額は以下の通り。

(100万円+60万円)×30%=48万円

被害者Bの修理費用(60万円)は負担額(48万円)よりも多いので、差額の12万円を加害者Aから受け取る事が出来ます。

なお、車両保険に入っていれば、48万円分は車両保険から支払われますが、車両保険に加入していない場合は全額自己負担となります。

:車両保険に免責金額が設定されている場合は、免責金額を超えた分が保険金として支払われます。(参考記事:車両保険の免責金額は少し高めに設定するのがおすすめな理由

計算例2

前提条件

加害者Aの修理費用120万円、
被害者Bの修理費用30万円、
過失割合は加害者A:被害者B=60%:40%

加害者Aが負担する事になる金額は以下の通り。

(120万円+30万円)×60%=90万円


一方の被害者Bが負担する事になる金額は以下の通り。

(120万円+30万円)×40%=60万円

この場合は、加害者Aの修理費用(120万円)が負担額(90万円)よりも多いので、差額の30万円を被害者Bが加害者に支払う事になります。

被害に遭ったのは自分の筈なのに、気がついたら自分の方が余計に修理費用を負担しなければならなくなってしまった、というケースですね。

この様に、加害者の修理費用が被害者の修理費用と比べて高額になると、被害者の過失割合は加害者よりも少ないのに修理費用の負担は多くなってしまうという逆転現象が起きてしまいます。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の無料一括見積もり