1. 車査定のマニア
  2. 運転の基本・車の基本
  3. ≫運転が苦手な人必見!狭い道を軽々と運転するための7つのコツ

運転が苦手な人必見!狭い道を軽々と運転するための7つのコツ

心の声

狭い道をどうやって運転すれば良いの?車体を擦ったりするのは、絶対イヤなんだけど…。

教習所では狭い道を運転するコツなんて詳しく教えてくれなかったので、いまだに苦手のまま放置しているかもしれませんね。

しかし実はちょっとしたコツさえ押さえておけば、誰だって狭い道をラクラク運転できるということをご存知でしょうか?以下をご覧ください。

  • コツ1.愛車の車幅を把握する
  • コツ2.すぐに止まれるスピードを維持する
  • コツ3.壁や車との間隔をあける
  • コツ4.対向車が来たら左寄せ&ストップ
  • コツ5.降りて確認するのもアリ
  • コツ6.対向車は運命共同体と心得る
  • コツ7.狭い道が難しい車は通行を断念する

上記に挙げたコツについて知らなければ、これから先もずっと狭い道を避けて通っていたかもしれませんよ?無理に通って車体を擦ったり、事故を起こしていた可能性も・・・。

しかし、ご安心ください。今回の記事では狭い道だらけの田舎道を毎日走っているにもかかわらず、長年ゴールドドライバーを維持する筆者が狭い道を運転するコツを紹介しています。

「狭い道をいつも避けて通っている」「あの道を通ればもっと楽になるのに…」という人には必見の内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方 → クルマコネクト

営業電話は一切なし!チャットで気軽に相談
非公開車両から厳選中古車の提案GET

②電話で本格的に相談したい方 → なびくる+

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

誰でも狭い道を上手く運転するための7つのコツ

早速、狭い道をうまく運転するためのコツについて紹介していきましょう。具体的には以下の通りになります。

  • コツ1.愛車の車幅を把握する
  • コツ2.すぐに止まれるスピードを維持する
  • コツ3.壁や車との間隔をあける
  • コツ4.対向車が来たら左寄せ&ストップ
  • コツ5.降りて確認するのもアリ
  • コツ6.対向車は運命共同体と心得る
  • コツ7.狭い道が難しい車は通行を断念する

それぞれのコツについて、詳しく紹介していきます、

コツ1.愛車の車幅を把握する

狭い道を走るのであれば、愛車の車幅感をつかむことが最重要になります。

乗用車の車幅は基本的に1.8mほどなのですが、そんなこと言われてもよくわかりませんよね。感覚でつかむしかありません。

車幅を感覚でとらえるためには、駐車するのが最も良いトレーニングになります。特に狭い駐車スペースに止めていると、感覚は一気に鍛えられますよ。

また運転席ではなく、たまに助手席に乗って自分の愛車の間隔を確認するのもオススメです。

コツ2.すぐに止まれるスピードを維持する

狭い道を通る場合は歩くようなスピード、つまり徐行が1番です。

ゆっくり走りさえすれば、対向車や歩行者等に対応しやすくなります

狭い道を「時速40キロから50キロで走れ」なんて誰も思ってはいませんから、時速10キロ位のスピードで走っても全然問題ありません。ゆっくり確実に狭い道を突破しましょう

コツ3.壁や車との間隔をあける

もし前方に先行する車がいるのであれば、確実な間隔を空けて通りましょう。

前の車も狭い道にプレッシャーを感じながら、運転しています。

そのため、あまりにも近く寄り過ぎれば「あなた」という新たなプレッシャーが生まれ、何らかの事故が起きてしまいかねません。

だからこそ、前の車との間隔は10m以上は取っておきたいものです。

また「狭い道あるある」ですが、横には何らかの壁や住居があることが多いです。

そのため、横の壁に対しての間隔もなるべくなら空けておきたいもの。

壁側に寄って進むのではなく、中央を意識して運転しましょう。でなければ、車体をこすってしまいますよ。

コツ4.対向車が来たら左寄せ&ストップ

狭い道で最もストレスを感じるのが、対向車とのすれ違いです。

もし自信がないのであれば、自分のクルマを左に寄せて、先に相手に通り抜けてもらうのをオススメします。

なお、先に通ってもらうのであれば、相手とのタイミングを合わせて、なるべく道幅が広い場所を選ぶのをお忘れなく。ミラーもたたんであげると親切です。

コツ5.降りて確認するのもアリ

狭い道もかかわらず、自転車や三輪車、鉢植えなど、運転席から見えない障害物がある事は少なくありません。

場合によっては、溝や小さな水路などもあるため、もし見逃してしまうとタイヤがはまり込んでしまい、最悪の事態になってしまいます

特に夜間などは目に付かないことも非常に多いので、いちど降りて外を確認しましょう。同乗者が降りて見てもらうのもいいですね。

コツ6.対向車は運命共同体と心得る

何度もお伝えしていますが、対向車ほど狭い道を走るうえでストレスになるものはありません。

狭い道を走っていると「対向車よ、来るな!!」と何度も念じてしてしまいますよね。

しかし、もう出会ってしまったのであれば仕方ありません。対向車は「運命共同体」と考えて、無事に狭い道を突破するように意思疎通を図るようにしてください。

目配せなどでどちらが先に進むのか、どちらか止まるべきなのかというのは、ある程度感覚でわかるはず。

場合によっては相手が「ここで待っているので、お先にどうぞ」と、パッシングをしてくれる事もあるので、合図を見逃さないようにしましょう。

コツ7.狭い道が難しい車は通行を断念する

ミニバンやSUVなど車のサイズが大きい場合は、どうしても狭い道の難易度が格段に上がってしまいます

いつも慣れている道なら良いのですが、ちょっと近道をしようと狭い道にチャレンジしたりすると、思った以上に道が狭くなっていき、通行不可能という事態になりかねません。

そのため、そもそも論にはなりますが、ミニバンやSUVなどサイズの大きい車を運転するのであれば、狭い道そのものを通らないと決めて運転することをオススメします。

【総評】狭い道を運転する最大のコツはゆっくり走ること

高い運転技術

ここまで狭い道を運転するためのコツについて紹介してきましたが、いきなり全てをやれというのは難しいでしょう。

まず第一歩として、何かを押さえておきたいと思うのであれば、最もシンプルかつ効果的なコツである「ゆっくり走る」ことだけ意識してください。

「狭いから運転がしにくい」という先入観のもとに運転すると、精神状態が安定しません。

そして「とにかく早く通り過ぎてしまいたい」と思ってしまい、焦って狭い道には見合わないスピードで走ってしまいがちです。

「のんびり走りすぎて、他の人に迷惑をかけてはならない」という気持ちもわかりますが、ぶつけてしまっては、もっと大きな迷惑をかけてしまいます。

だからこそ「今回だけは自分のスピードに付き合って」という位の気持ちで、あせらずゆっくり狭い道を通るようにしましょう。

「狭い道はとにかくゆっくり確実に走る!」と意識付けするだけでも、狭い道を走ることがグッと上手くなりますので、ぜひ試してみて下さい。

まとめ

狭い道でも楽々運転するためのコツは、以下の通りです。

  • コツ1.愛車の車幅を把握する
  • コツ2.すぐに止まれるスピードを維持する
  • コツ3.壁や車との間隔をあける
  • コツ4.対向車が来たら左寄せ&ストップ
  • コツ5.降りて確認するのもアリ
  • コツ6.対向車は運命共同体と心得る
  • コツ7.狭い道が難しい車は通行を断念する

上記のコツさえ押さえておけば、今日からは狭い道も簡単に運転することができるでしょう。

「狭い道に抵抗がある」「ストレスを感じる」という人は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

以上「運転が苦手な人必見!狭い道を軽々と運転するための7つのコツ」でした。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方 → クルマコネクト

営業電話は一切なし!チャットで気軽に相談
非公開車両から厳選中古車の提案GET

②電話で本格的に相談したい方 → なびくる+

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

シェアをお願いします。