1. 車査定のマニア
  2. 車高価買取業者
  3. 車一括査定業者
  4. ≫ナビクルは安心のサービス?実際に利用してわかった特徴とリアル評判

ナビクルは安心のサービス?実際に利用してわかった特徴とリアル評判

車を運転していてラジオを聴いているとよく耳にする「ナビクル」。

さっそくナビクルのTOPページを見てみましょう。

ナビクルTOPページ

目立ちキャッチコピーとしては下記2つ。

  • 最大10社から比較してあなたの愛車を最高額で売ろう‼
  • 【完全無料】47秒で完了!今すぐ一括査定依頼をスタート!

これを見て、ナビクルがどんなサービスか想像つきますか?

ナビクルは一言でいうと、「車一括査定」ができるサービス。

車一括査定の仕組み

車一括査定は、ネット上から車種情報と個人情報を入れると、条件に合う買取業者が複数マッチングされて、一気に依頼が行えるサービス。

ちなみに、似たようなCMで「ズバブーン」を聴いたことがある人もいると思います。

ズバブーンも全く同じ車一括査定のサービスです。

車一括査定のメリットとしては、複数社の査定を競合させることができるため、あなたはより高く売れるということ。(購入の時に相見積もりをとるのと近いですね。)

ただし、メリットがあるということはデメリットがつきもの。

ナビクルを含めた車一括査定について調べると、必ず目にすることになる「電話がたくさんかかってくる」という口コミ。

残念ながら「ナビクル」でも電話はやはりたくさん掛かってきます。

ただし、実は他一括査定に比べると電話の数は少ない傾向です。

今回、実際にナビクルを使ってみましたが、処理しきれないほどの電話はかかってきませんでしたよ。以下は実際の着信履歴です。

ナビクル申し込み時の着信履歴

もちろん、申し込む地域や車種によって結果が異なる可能性も高いでしょうが、意外な結果でしたね・・・。

このように今回の記事ではナビクルの一括査定を実際に使ってみてわかった特徴やネット上のリアル評判を調査。

ナビクル最大の特徴である「JADRI」との関係性や、申込みまでの流れも解説しているので、これからナビクルを使ってみたい人にとっては、必見の内容となっていますよ。

ナビクルを使ってみようか検討している人は、ぜひ最後まで目を通してみてください。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

一括査定サイト「ナビクル」の基礎情報

ナビクルTOPページ

この章ではまず一括査定サイト「ナビクル」の基礎知識を解説していきます。

「ナビクルを利用する方法が知りたい」という人は、次の「ナビクル申込みから買取業者から連絡が来るまでの流れ」まで飛ばしてもらって構いません。

また「流れは大体わかるので、デメリットの電話のことが知りたい」という人は、「ナビクルの一括査定を実際に活用した結果」まで飛ばしてください。

一括査定サイト「ナビクル」の運営会社概要

一括査定サイト「ナビクル」といえば、ラジオCMをよく流しているので、ラジオを聞いている人には馴染み深い一括査定サイトかもしれませんね。

テレビCMこそ流してはいませんが、昨今ではラジオCMだけでなく、ネット上でのプロモーションにも力を入れています。

そんな「ナビクル」ですが、運営している会社の概要は以下のような感じです。

運営会社株式会社エイチームライフスタイル
所在地〒450-6432 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F
設立年月日2013年8月22日
公式ホームページhttps://www.navikuru.jp/

ナビクルの一括査定を運営するのは「株式会社エイチームライフスタイル」です。

一括査定サイトとして有名な「かんたん車査定ガイド」も、エイチームライフスタイルが運営しています。

また少しジャンルは違いますが、「ナビナビキャッシング」など幅広く比較サイトを展開している企業です。

設立からまだ10年足らずですが、第一線を走るウェブサイトを複数展開する会社なので、一括査定サイトの運営元として信頼は高いといえるでしょう。

ナビクルは個人情報なしで相場がわかる機能付き

後々に紹介していきますが、一括査定サービスはどうしても個人情報の入力が必要になります。

査定結果が知りたくても、個人情報を入力することに抵抗がある人も実際にいるはず。

そんなニーズに応えるために、ナビクルは個人情報なしで車の買取相場がわかるサービスを展開しています。

https://www.navikuru.jp/souba/

走行距離の入力、グレード別の車種分けと、査定の精度をあげるための情報入力機能があるので、個人情報なしで相場が分かるサービスの中でも精度はそこそこ高いですよ。

ナビクルの下取り・買取相場

※画像出典:ナビクル「下取り・買取相場」より

このように買取相場の推移などが書いているため、わかりやすく、説得力があるのが魅力です。

もちろんあくまでも「相場」を提示するだけで本当の査定結果ではありませんが、参考になるのは間違いありません。

一括査定サービスを使う前に、一度使ってみるのもいいかもしれませんね。

「ナビクル」を他の一括査定サイトと比べると?

冒頭でも説明した通り、ナビクルは「車一括査定」ができるサービスです。仕組みとしては以下の通りになります。

車一括査定の仕組み

このように車一括査定は、ネット上から車種情報と個人情報を入れると、条件に合う買取業者が複数マッチングされて、一気に依頼が行えるサービスです。

つまりメリットとしては、複数社の査定を競合させることができるため、あなたはより高く売れるということになります。

これで一括査定サービスの仕組みはできたでしょうが、もう一歩理解しておくべきことがあります。それは他の一括査定との「違い」です。

一括査定サイトとして、ナビクルを使うかどうかを決める際、必要になってくるのが、ナビクル以外のサイトとの違いを把握しておくことです。

以下に他の一括査定サイトとの比較をまとめますが、その前に最低限おさえておくべき用語を解説しておきましょう。

車の一括査定サイトを使うのであれば、「スペック」ともいえる、以下の用語は必ず頭に入れておいてください。

用語内容
提携会社数査定の対象にできる社数のこと。多くの社数があるほど地方や古い車などでも査定してくれる会社が集まりやすい。
入力項目一括査定を申込む時に入力しなければならない件数。少ないほど簡単に申込みが終わる。10項目を切ると1分以内で申込み可能
同時査定数申込み時に査定をもらえる社数のこと。数が多いほど数多くの査定がもらいやすくなり、会社ごとの比較がしやすくなる

なお、ナビクルは上記スペックが完全に公開されていないため、同じ運営元である「かんたん車査定ガイド」と同じスペックだと考えることにします。

これらの前提条件を踏まえた上で、ナビクルと他の一括査定サイトを比較してみると、以下のようになりますよ。

サイト名提携会社数入力項目同時査定数
カーセンサー約1,000社12項目30社
ズバット車買取211社8項目10社
カービュー201社10項目8社
楽天100社以上11項目10社
かんたん車査定ガイド42社9項目10社

ナビクルは後述する「JADRI」に参加している企業としか提携していないので、「提携会社数」は圧倒的に少ない部類に入ります。

ただ「同時査定数」は全サイトの中でも普通の数値となっています。

そのため、スペックだけで判断すると、一回の申込みでたくさんの査定を手に入れたい人とっては、不向きのサイトになるというわけです。

ただ逆をいえば「少数精鋭で査定してほしい」「多くの業者と連絡をとりたくない」と考えている人との相性は良いといえます。

なお、入力項目については他のサイトよりも少なめで、申込を手間に感じることはないでしょう。

公式でも「47秒で申込みできる」と書いていますが、実際に1分もかからずに終わるため、ストレスなく申込みできますよ。

ナビクルは「JADRI」の会員業者しか提携していなので安心

ナビクルが提携している買取業者の数は50社以下なので、他の一括査定と比較するとすこし心もとないと感じますよね。

しかし実は「少数精鋭」であり、厳選された買取業者だけと提携しています。

具体的にはナビクルが提携する業者を選ぶ際、先ほどから何度も出てきた「JADRI(ジャドリ)」という団体に参加しているかどうかを基準にしています。

ナビクルと提携している会社が加入している「JADRI」とは何か

JADRIとは「日本自動車流通研究所」のことで、トラブルが起こりがちな中古車業界の健全化を奨めている組織

CMでよく見かける「ガリバー」「ビッグモーター」といった大手買取業者が参加している団体です。

なぜJADRIが重要視されるのかというと、簡単に参加することはできないから。

JADRIに参加するには、以下の6つの参加基準をクリアしなければいけません。

  • すでにJADRIに参加している企業からの紹介してもらう
  • 法人設立から5年以上経過している
  • 中古車の「展示場」を保有している
  • 過去5年以内に何らかのトラブルを起こしていない
  • 公平な広告を展開するためのルールを遵守している
  • JADRIに会社の重要書類を提出・公開している

このようなガチガチの参加基準が設けられていることから、JADRI参加業者は「厳しい基準をクリアできた信頼できる買取業者」と定義できるわけです。

ナビクルと提携している業者はすべて「JADRI」の参加業者なので、提携数が少なくなってしまうのも仕方がないといえます。

その代わりといっては何ですが、「ナビクル=信頼できる査定サイト」という大きなメリットを確立できています。

ナビクル申込みから買取業者から連絡が来るまでの流れ

ここまで「ナビクル」の基礎的な知識を紹介してきましたが、ここからは実際に使った場合の流れを紹介していきましょう。

ナビクルの一括査定を使う流れをシンプルにまとめると、以下のような感じになります。

ナビクルの流れ

見ての通り、買取業者から連絡が来たあとは、基本的に買取業者とあなたとの直接やりとりになります。

つまり、ナビクルが査定そのものに関わることはありません。

あくまでもナビクルは、買取業者と私たちをつなぐ「橋渡し役」だと覚えておきましょう。

「ナビクルという会社が査定する」「ナビクル側が買取してくれる」と勘違いしている人は本当に多いので注意するようにしてください。

ナビクルの一括査定を実際に経験

ではナビクルを実際に利用した際の流れを、今度は実際の画面にて確認していきましょう。

まずは「ナビクル」の一括査定申込みページへとアクセスします。

ナビクルの入力フォーム

※出典:ナビクル「申込みページ」より

車種情報はクリックでの選択式になっているため、そんなに時間をかけずに入力することができるでしょう。

走行距離も厳密ではなく、アバウトで構いません。

なお個人情報については、自分で手打ちしなければなりません。

入力が完了したら「今すぐ確認画面へ進む!」というオレンジ色のボタンをクリックしましょう。

ナビクルの買取業者選択画面

※出典:ナビクル「申込みページ」より

オレンジ色のボタンを押すと、上記のようにどの業者に査定依頼をするか表示されます。

もちろん、ここで表示される業者は、申込みをする人の地域によってかわります。

筆者の地域の場合は「ガリバー」「ネクステージ」「ビッグモーター」が対象になるとのこと。

会社名を確認したら、「無料一括査定を申し込む」というオレンジ色のボタンをクリックしましょう。

これで申込みは完了です。業者から連絡が来るのを待ちましょう。

なお、他の一括査定では、申込み完了直前に、以下のような確認画面が出てくるのですが、ナビクルの場合は出てきません。

カーセンサーの業者選択画面

※画像出典:カーセンサー「申込みページ」より

そのため、ナビクルで「車両情報」や「個人情報」を入力する際は、注意して入力するようにしてください。

ナビクルの一括査定を実際に活用した結果

ではナビクルを使って、実際にどのような結果になったのか紹介していきましょう。

結果を検証するうえで「電話回数」「電話内容」という2つの軸に注目しながら見ていきます。

なお、今回は地方を対象にした申込みのため、都市部の方が利用すると、また結果が変わってくる可能性があります。

どんな地域でも適用される検証結果ではないため、「ナビクルはこんな傾向がある」といった感じで読んでいただけると幸いです。

ナビクルを使うとどれだけ電話がかかってくるのか

ナビクルを使うと、買取業者からどれだけの電話がかかってくるのでしょうか。

「論より証拠」といいますので、まずは以下の着信履歴をご覧ください。

ナビクル申し込み時の着信履歴

朝の9時ぐらいから電話がかかり始めましたが、適度な頻度で電話がかかってきたため、しっかりと電話に出ることができました。

ポツポツと電話がかかってきて来ていましたが、ビッグモーター・ガリバー・ネクステージそれぞれの電話に出たあとは、1件もかかってきませんでしたね。

つまり一気に電話かかってきて、それ以降はかかってこないという感じです。

電話回数として全部で6回でしたね。

ナビクルの電話回数は一括査定サイトの中では少ない

ナビクルに申し込み後、6件もの電話がかかってきたのですが、これから一括査定サイトを使う人からすると、6件でも十分に多いと思うかもしれません。

しかしはっきり言いますと、一括査定サイトの中では、ナビクルの電話回数はめちゃくちゃ少ない部類に入ります。

やはり「論より証拠」です。以下の着信履歴を見てください。

車一括査定申込後の着信履歴

上記の着信履歴は「提携数」「同時査定数」とともに、圧倒的にナンバーワンの「カーセンサー」を申し込みした時の着信履歴です。

あまりにも電話がかかりすぎて対処ができず、電話をまともにとるのも難しいといった印象でしたね・・・。

30分でおよそ100件もの電話がかかってきたので、着信履歴は一気に買取業社だけで埋め尽くされてしまいました。

このようにカーセンサーの結果と比べると、ナビクルの電話回数はめちゃくちゃ少ないと言えるわけです。

ナビクル経由でかかってきた電話はどんな内容だったのか

ナビクルから申込みしたあと、業者から電話がかかってくるのですが、内容としては基本的に一緒で以下のような内容でした。

  • 「おはようございます。株式会社●●です」
  • 「インターネット経由での査定申し込み、ありがとうございます」
  • 「査定をしてもいい日はいつですか?」

上記の内容以外はそこまで話が広がることはありません。査定日が決まりさえすれば電話を切る、といった感じでしたね。

また女性スタッフからの電話しかなかったのも印象的でした。

「査定日を確保するためだけの専用接客スタッフ」といった様子でしたね。

下手にセールスされることはありませんでしたよ。

なお今回はビッグモーター・ガリバー・ネクステージが査定の対象となっており、それぞれの接客をうけることになりましたが、ネクステージだけ気になる対応がありました。

しっかりと受付の人と話をしたにも関わらず、もう一度別の受付の人から電話がかかってきて、あたかも初めて話をするような対応をされたのです。

つまり、先ほどのやりとりはなかったかのように振る舞われ、再度査定の日にちについて聞かれたわけです。

「先ほど別の人と話をしたのですが・・・」と伝えると、「そうでしたか!本当に申し訳ありませんでした」とそそくさと電話を切っていました。

レアなケースではありますが、このような電話も実際に起こりえると、頭の片隅に入れておいてください。

【総評】ナビクルは一括査定の初心者でも使えるサイト

ナビクルTOPページ

一括査定サイトの印象について聞かれると、「電話が尋常じゃないほどかかる」「とにかくしつこい」と答える人は多いです。

実際にネットをちょっと調べるだけで、以下のような口コミを簡単に見つけることができます。

筆者もナビクルを実際に使う前、口コミ通りに電話だらけになるものだと思っていました。

ナビクルの前にカーセンサーで一括査定を行っていたため、よけいに「電話ラッシュ」を覚悟していたのですが、結果としては紹介してきた通りです。

そこまで件数がなく、6件に納まるといった結果でした。

筆者のいる地域は「地方(福岡県の田舎)」なので、ナビクルと提携する業者(JADRI参加の買取業者)も少ないです。

ナビクルの買取業者選択画面

※出典:ナビクル「申込みページ」より

上記のように3社のみが対象だったので、カーセンサーよりも電話件数が減っているのでしょう。

ただ「提携数」そのものは他のサイトよりも圧倒的に少ないため、ナビクルそのものに電話件数が少なくなる要素がないというわけでもありません。

カーセンサーの1,000社に比べて、ナビクルの提携数は42社ですから、その差は歴然です。(提携業者すべてをJADRI参加業者にしているので、仕方のないことなのですが・・・)

そう考えると、「JADRI参加業者だけの少数精鋭で査定してほしい人」にとっては、都合のいい一括査定サイトになるのではないでしょうか。

ただ逆に考えると「多数の査定をもらうために一括査定サイトを使う!」という本気で高価買取を狙う人にとっては、すこし物足りないサイトとも言えます。

はっきり言って高価買取になるかは、高い金額をつける業者が出てくるかどうかという「確率論」になるため、査定をしてもらえばしてもらうほど高価買取が実現しやすくなります。

そのため、多くの査定数を確保できないナビクルは、カーセンサーよりも高価買取が実現しにくいという実情があります。

このような事情を考慮すると、「本気の人はカーセンサー」「そこまで売る気がない人はナビクル」といった使い分けをするのが賢いといえるでしょう。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

まとめ

今回はナビクルを実際に使ってみて、どれくらいの電話がかかってくるのか検証しました。結果としては以下のとおりです。

このようにナビクルは一括査定サイトの中では、そこまで電話がかかってこないサイトになっていますので、「まだまだ売るかどうか決めてない」という人には助かるサイトです。

ナビクルを使ってみようか検討中という人は、今回解説した知識をぜひ活用してみてください。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方 → クルマコネクト

営業電話は一切なし!チャットで気軽に相談
非公開車両から厳選中古車の提案GET

②電話で本格的に相談したい方 → なびくる+

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

シェアをお願いします。