車査定マニア
家族

子供がいる家族は、子供中心に物事を決めていく事が多いですよね。車選びも例外ではなく「子供を乗せる」という視点で購入する車を決定する事になります。

ただ、子供と言っても「産まれたての赤ちゃん」から「中学生・高校生」までいるので、その時々に合った車選びをしていく必要が有ります。

今回は、子供がいる家族の車選びのポイントを紹介していきたいと思います。

ファミリーカー選びのポイント

ファミリーカーは、子供の成長に合わせて車を選ぶ事がポイントになります。以下、子供のおおまかな年齢毎に紹介します。

幼児(6歳未満)がいる家族はチャイルドシートの装着やベビーカーの積み降ろしがしやすい車を選ぼう

幼児がいる家族は、人が乗り降りしやすい・物を積み降ろしさせやすい車を選ぶようにしましょう。

  • 子供が車に乗りやすい床面地上高かどうか
  • 奥さんが妊娠(2人目以降の子供)していても乗り降りしやすいか
  • チャイルドシートは装着させやすいか
  • ベビーカーの積み下ろしは容易に出来るか(トランクの容量含) 等

チャイルドシート

車を選ぶ時は旦那さんが中心になりやすいですよね。旦那さんの意見だけで車を決めてしまうと、運転者目線となり走行性能が重視されがちです。

幼児がいる場合は、上記のポイントが車を選ぶ際に重要になってくるので、車を見に行くときは必ず奥さんと一緒に販売店に行って意見を聞くようにしましょう。

小学生がいる家族は7・8人乗りのミニバンがオススメ

子供が小学生になると、野球やサッカーなどの送迎やイベントなどで自分の子供だけでなく、大人数の子供を乗せる機会が増えます。また、荷物も多くなるでしょう。

そのため、人も物も多く乗せる事が出来るミニバンがオススメです。

ミニバン

仕事の都合上、奥さんが子供の送迎をする事も考えられるので、車選びの際は奥さんにも試乗してもらって夫婦ともに運転しやすい車を購入しましょう。ミニバンの中には死角の多い車も有りますからね。

中学生・高校生のいる家族は必要に応じた車を選ぼう

子供が中学生・高校生になると、小学生の時と比べると大人数を乗せる機会は少なくなります。ただ、子供の参加する部活によっては、親が子供達を送迎する場合も有るので、一概にミニバンが不要とも言えません。

小学生の兄弟・姉妹がいる場合や大家族の場合はミニバンで良いでしょう。

また、中学生・高校生は塾や部活で帰りが遅くなる事が多くなり、駅まで迎えに行く機会が増えます。この場合、大きなミニバンよりも小回りの利くコンパクトカーの方が良いかもしれません。

結局、子供が中学生・高校生の場合、ベストな車のタイプというのは基本的には有りません。家族構成や子供の進路・参加する部活に応じて必要な車選びをする事が大切です。

電動スライドドアを装備した車がベスト

電動スライドドアはファミリーカーに欠かせない装備です。スライドドアの利点は「乗り降りがしやすい事」と「荷物を簡単に積み降ろし出来る事」です。後席に人が乗り降りする事が多いため、スライドドアが装備された車を選んだ方が良いでしょう。

また、通常のドアの場合は、子供が勢いよくドアを開けて隣の車や壁にぶつけてしまう事が有ります。スライドドアだとこういったトラブルを防ぐ事が出来ますよ。

タント(出典:favcars

そして「電動」というのもポイントです。ドアの取っ手を引くだけで電動で開閉するので非常に便利です(ワンタッチで操作出来る車種も有ります)。

手動のスライドドアは開け閉めするのにかなり力が必要です。子供や女性がドアを開閉するのは一苦労です。ファミリーカーを購入するなら「電動スライドドア」を装備した車がベストでしょう。

【参考】通勤用の2台目の車も買い替えが必要になる事も

子供が中学生や高校生になると、通勤のついでに子供を学校まで送る事が有るかもしれません。

通勤用として普通車に乗っている場合は特に問題は有りませんが、軽自動車の場合はパワー不足を感じるでしょう。人が1人増えて荷物が多くなりますからね。

子供の成長とともに通勤用の車の乗り換えも必要になるかもしれません。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス