車査定マニア
夫婦

夫婦二人(子供はまだいない)で車の2台持ちは、地方ではそんなに珍しく有りません。交通の便が悪く、通勤用や買い物用として車を2台保有する夫婦が多いです。また、子供がいない分、ある程度自由なお金も有りますからね。

ただ、将来、子供を作る事を考えると、お互い自由に車を選ぶ金銭的余裕はそんなに無いはずです。

今回は夫婦二人で車を2台持ちする場合の考え方・ポイントについて紹介します。

2台のうち1台は中古車の軽自動車が基本

2台のうち1台は、車に関する支出をなるべく抑える!という観点から車選びをしましょう。

■車に関する支出

  • 購入価格
  • 維持費

車に関する支出と言えば、上記の二つですよね。この二つの支出をなるべく抑えるなら「中古車の軽自動車」を選ぶ事になります。

では、なぜ「中古の軽自動車」なのかについて少し詳しくみていきましょう。

購入価格を抑えるためには中古車を

まず、購入価格についてです。購入価格をなるべく抑えるには、やはり新車よりも購入価格の安い中古車を選択した方が良いです。

さらに言うと、2台のうち1台は「通勤用」と割り切って、3年~5年落ちで走行距離も3万km~5万kmの中古車を選べば、新車価格の半額前後で購入出来るでしょう。

新車を乗り継ぐ場合と3年落ち中古車を乗り継ぐ場合の損得・支出の差

中古車の価格

もう少し新しい中古車に乗りたい、という人もいるかもしれませんが、車関連の支出を抑える観点を重視するならば、我慢した方が良いのではないでしょうか?

維持費を抑えるために軽自動車を

次は「維持費」についてです。基本的に、軽自動車の維持費の方が普通車のそれよりも安いです。

例えば、軽自動車税は増税されたとはいえ「10,800円」ですが、自動車税(普通車)は排気量が1L超1.5L以下で「34,500円」、1.5L超2L以下で「39,500円」です。比べるまでも有りませんよね。(参考:軽自動車の維持費と普通車の維持費の比較

また、中古車の維持費は新車の維持費よりも高くなるのが普通です。こういった事から考えると、2台のうち1台は中古車の軽自動車を選ぶと良いでしょう。

残りの1台で車選びを楽しもう

夫婦互いの趣味趣向を我慢して2台のうち1台を中古の軽自動車にするわけですから、残り1台の車選びを全力で楽しみましょう。

スポーツカー

普通にセダンを買うのも良いですし、アウトドアが趣味の人は4WD車を購入するのも良いでしょう。また、夫婦でドライブに出掛けるのが好きならスポーツカーを購入するという手も有ります。

1台目と同様に支出を抑えるなら、やはり「中古車」となりますが、「共働きなのか」また「子供をいつ作るのか」など現在の予算と将来の計画との兼ね合いで判断すると良いでしょう。

なお、特に買いたい車が無いのなら、子供が生まれた後の事を見越して「ファミリーカー」を購入するのも良いかもしれませんね。

ファミリーカーを買う時・選ぶ時のポイント

【参考】今本当に2台必要なのか?は真剣に考えよう!

今本当に車が2台必要なのか?これは真剣に考えた方が良いでしょう。近いうちに子供が生まれるでしょうし、そうなれば今より広い家に引っ越さなければなりません。子供の養育費、そして高くなる家賃を考えると、今のうちに貯金しておいた方が良いのではないでしょうか?

また、多くの女性は子供が出来た時こそ車の必要性を感じます。子供を連れて買い物にも行きやすいですし、子供が病気や怪我をした時に車が有れば病院にすぐに連れていけます。自分が使える車が1台家にあれば、安心出来ますよね。

車2台を保有するべきなのは今なのか?車を購入する前に夫婦2人でもう少し話合ってみてはどうでしょうか?住んでいる地域や職場との距離感、世帯収入など、様々な事情を考慮して答えを出してみてくださいね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス