車査定マニア
ブレーキ

車の運転をする上で、ブレーキ操作はアクセル操作よりも重要と言われています。

ブレーキは危険回避という意味で重要ですし、ブレーキが下手だと停止や減速時のショックが大きくなり、同乗者が不快に思ってしまいます。

そこで、ここではブレーキ操作の基本について紹介していきます。

ブレーキ

ブレーキの基本

走行時に減速する場合、まずアクセルから足を離して、ひと呼吸をおいてからブレーキペダルへと足を移動しましょう。

ブレーキを踏む際、初心者の方は常に同じ力でブレーキペダルを踏んでしまいがちですが、これは正しく有りません。

基本

ブレーキは「弱く→強く→弱く」と強弱を付けて踏むのが基本です。強弱を付ける事で、車がギクシャク動くのを防ぎ、ソフトに停止する事が出来るのです。また、ブレーキが弱過ぎて目標の場所で停止が出来ない、といった危険を回避する事も出来ます。

なお、ブレーキは「ぱっと」離すのではなく、ゆっくりとペダルを元の位置に戻すというイメージで離す様にしましょう。

徐々に減速し、車が止まる寸前に一旦ブレーキをゆるめて、車の重さを利用して完全に停止させると()、ショックが少なく停車する事が可能です。

:完全に停止したら、しっかりとブレーキペダルを踏んでおきましょう。

急ブレーキはABSの有無で異なる

走行中に危険を感じたら、急ブレーキが必要となる事が有ります。急ブレーキは、かかとをフロアから離して蹴り込む様に強く踏み込むのですが、ABS(Anti-lock Brake System)が搭載されているかどうかで、対応が異なります。

ABS

ABS搭載車

ABSが搭載されている車は、急ブレーキをかけてもハンドル操作が出来ます。急ブレーキをかけるとペダルに振動が来たり、音がしたりする事が有りますが、驚いて足を離さない様にしましょう。これは、コンピューターが自動で制御してくれている証拠なので問題有りません。

ABS非搭載車

ABSが搭載されていない車は、ブレーキを強く踏むとタイヤがロックしてハンドルが利かなくなります。その結果、思わぬ方向へ車がスリップしてしまいとても危険です。特に雪道だと路面も滑りやすくなっているので、更に注意が必要です!

スリップを防ぐ為に、ブレーキを踏んでタイヤが滑り始めたら一旦ブレーキから足を離し、また踏み込む「ポンピングブレーキ」を活用しましょう。

参考:ポンピングブレーキは、ブレーキ効果をアップさせるだけでなく、ブレーキランプを点滅させる事で後続車に注意を促すという効果も有ります。

まとめ

ブレーキ操作で最も重要なのは、周囲の状況を予測してブレーキを踏むタイミングを予め予想しておく事です。ブレーキは強過ぎても弱過ぎても駄目です、丁度いい踏み方を身に付けたいですね。

また、小さいお子さんがいる家庭では、子供が車に酔って大変という事も有りますよね。車に酔うのはハンドル操作も有りますが、ブレーキ操作にも原因が有ります。正しいブレーキングをマスターすれば、子供もきっと車に酔いにくくなるでしょう。

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定