車査定マニア
チャイルドシート

小さな子供がいる家庭は、車に乗る際にチャイルドシートが必須ですよね。法律上は6歳未満の子供に着用義務()が有るので、チャイルドシートとは結構長いおつき合いになります。

:6歳以上でも、身長が140cm未満の方は引き続き使用する事が推奨されています。

チャイルドシートの装着義務は法律上何歳から何歳まで?使用義務が免除される場合も紹介

チャイルドシート

しかし、赤ちゃん(特に1歳くらいの頃)は親の顔が見えないと泣いてしまい、運転中ずっと泣き続けているという事もよく有りますよね。

「助手席にチャイルドシートを付ければ安心!」と言いたいところですが、「チャイルドシートを助手席に付けるのは違反」という噂を耳にする事が有ります。これは本当なのでしょうか?!

助手席へのチャイルドシート設置は違反ではない

チャイルドシートの設置は道路交通法で規定されていますが、設置場所についての規定は特に有りません。従って、チャイルドシートは助手席に設置したからといって違反にはなりません。

違反?

しかし、一般的に助手席には設置しない事が暗黙のルールの様になっています。殆どの親は、最初にチャイルドシートを設置するのは後部座席ですよね。それは何故でしょうか?

助手席に設置しない方がいい理由

ここでは、違反ではないけどチャイルドシートを助手席に設置しない方が良い理由、について見ていきましょう。

助手席の死亡率が高い

一般的に、運転手の方は危険を感じた場合、とっさにハンドルを右にきる事が多いです。また、後部から追突された場合、車のコントロールを失って障害物の多い左側に突っ込む事が多いです。

従って、結果的に助手席に乗っている方に大きな被害が及ぶ可能性が高いのです。

現に平成26年の交通事故発生状況(参照元:警察庁)を見てみると、交通事故による死亡率(シートベルト着用時)は運転席や後部座席よりも助手席の方が高くなっています。

エアバッグが危険

エアバッグは大人を対象に設計されています。交通事故でエアバッグが開いた経験の有る方であれば分かるかと思いますが、勢い良く開く(時速100〜300km程度)ので結構衝撃が大きいです。

エアバッグ

大人でもシートベルトを着用せずにエアバッグが開いたりすると、骨折や打撲、火傷などの被害を受ける事が有ります。

これが子供だと致命的な被害となります。最悪の場合は、交通事故の衝撃には耐えたのに、エアバッグの衝撃で亡くなる、という事もあり得るのです。

運転に集中出来ない

可愛い子供の顔はずっと見ていたいですよね。しかし、助手席に小さな子供が座っているとすぐに気になってよそ見してしまい、運転に集中出来なくなる可能性が高いです。

また、隣に座って泣かれたりすると、もう運転どころではなくなってしまいます。後部座席に子供を座らせて、同乗者に面倒を見てもらうのがベストですね。

コラム:助手席にチャイルドシートを設置している人は意外に多い!?

助手席にチャイルドシートを設置するのは、違反ではないけど危険だからNGというのが暗黙の了解となっている、と上で書きました。しかし、実際のところ助手席にチャイルドシートを設置している方は、意外に多い様です。

統計

警視庁とJAFが、チャイルドシートの使用状況を合同で調査した結果によると、26,168人中チャイルドシートを使用していたのは16,396人(62%)で、その中で助手席にチャイルドシートを設置していた方は4,328人(26%)でした。(参照元:2015年チャイルドシート使用状況全国調査

子供が1人の家庭で、チャイルドシートを助手席に乗せる方は少ないでしょう。しかし、子供が2人以上いる様な場合、後部座席に子供だけというのは心配なので助手席にもチャイルドシートを設置する、という状況が考えられますね。

車種によっても異なるでしょうが、子供が2人いる家庭で4〜5人乗りの車の場合、助手席にチャイルドシートを設置している方が多いでしょうね。

助手席に設置する場合の注意点

上のコラムで書いた様に、意外に助手席にチャイルドシートを設置する家庭は多いです。

なるべく助手席にチャイルドシートを設置するのは避けたいですが、荷物や乗車定員の都合上、どうしても助手席にチャイルドシートを設置する事となった場合は、以下の点に注意しましょう(チャイルドシートの説明書にも記載が有ると思います)。

  • 必ず前向きに座らせる!
  • 座席は出来る限る後ろに移動させる!

注意点

子供を後ろ向きに座らせると、子供とエアバッグの距離が非常に近くなってしまい危険です。また、後部座席に座る事の事を考えると、出来る限り助手席の位置は前にしたいところですが、座席を前にすると子供とエアバッグの距離が近くなり危険です。

要は、助手席にチャイルドシートを設置する場合は、「可能な限りエアバッグから子供を遠ざける必要が有る」という事ですね。大切な子供の安全の為です、必ずこれらの注意点は守る様にしましょうね。

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定