車査定マニア
チャイルドシート

チャイルドシート

子供が産まれると、服やおむつ、おもちゃなど色々な物を買い揃える必要が有りますが、その中の1つに「チャイルドシート」が有ります。

チャイルドシートは、使うかどうかを親が自由に決めて良いという訳ではなく、6歳未満の子供には着用義務が有り、違反すると罰則(1点)が科されます。

参考:6歳以上でも、身長が140cmに達するまでは使用する事が推奨されています。

チャイルドシートの装着義務は法律上何歳から何歳まで?使用義務が免除される場合も紹介

ところで、チャイルドシートはどの様な物でも良いのでしょうか?それとも、年齢によって使い分けた方が良いのでしょうか?ここでは、チャイルドシートの選び方のポイントをまとめていきます。

チャイルドシートの必要性

チャイルドシートがなぜ必要なのか?答えは簡単で、子供の身を守る為です。

車のシートベルトは、大人を前提に設計されているので、小さな子供や赤ちゃんはシートベルトを正しく締める事が出来ません。そこで、子供の身体を走行時の振動や事故の衝撃などから守る為に、チャイルドシートが必要となるのです。

チャイルドシートと親子

なお、初めてチャイルドシートを使うのは、病院で出産し退院後に家に帰るタイミング、という方が多いでしょう。

「少しの間であれば、抱っこして車に乗るのも大丈夫だろう」と思うかもしれませんが駄目です。赤ちゃんはまだ身体が柔らかく、しっかりと抱っこするだけでも大変です。また、初産の場合は、親も赤ちゃんの扱いにまだ慣れていないですよね。

クーハン(ベビーキャリー)に乗せて帰ろうと思っている方もいるかもしれませんが、これも駄目です。クーハンはチャイルドシートと同じ様にも思えますが、そもそもの目的が異なり、事故等の衝撃から赤ちゃんを守る様には設計されていません。

従って、子供は初めて車に乗る時からチャイルドシートが必須なのです。

チャイルドシートの種類

チィルドシートは、使うタイミングによって以下の様に分けられます。

 体重身長年齢
乳児用13kg未満70cm以下新生児〜1歳くらい
幼児用9〜18kg程度65cm〜100cm程度1歳〜4歳くらい
学童用15〜36kg135cm以下4歳〜10歳くらい

新生児は首がまだ据わっておらず、据わったとしても不安定なので、寝かせて使うタイプとなります。なお、車の後ろを向いて使う「シートタイプ」と、横向きに使う「ベッドタイプ」が有ります。

新生児・幼児用チャイルドシート

コンビ コッコロS UX:Amazon)

幼児用は、首が据わり自分で座る事が出来る様になったくらいから使い始めます。但し、一般的には上の写真の様に新生児用と幼児用は兼用となっている商品が殆どです。

参考:上の写真は新生児用の状態で、ベージュの部分を取り外すと幼児用となります。

チャイルドシートを後ろ向きから前向きにする時期

学童になると、大人と変わらず自分でシートベルトを着用する事が出来ます。しかし、身体がまだ小さいので、そのままではシートベルトを正しくに締める事が出来ません。そこで、座席を上げて背の足りない分を補い、腰ベルトの位置を子供の臀部に合わせてあげる事によって、シートベルトを適正に使用出来る様にします。

学童用チャイルドシート

GRACO ジュニアシート67151:Amazon)

パッと見た感じは、学童用のシートは何なのか分かりにくいですね。しかし、上の写真の様にカップホルダーが付いているタイプも有り、肘掛けも有るので実用的ですね。

参考:学童用のシートは、チャイルドシートやブースターシートと呼ばれる事も有ります。また、腰下だけのもの以外にも、背もたれ付きのものも有ります。

ちなみに、どちらかというと少数派ですが、下の写真の様に新生児から学童までの10年近く使用出来るタイプのチャイルドシートも有ります。

新生児・幼児・学童兼用シート

コンビ ジョイトリップ エッグショックGC:Amazon)

どうせなら、新生児から学童まで1つで対応出来るチャイルドシートの方が良いと思う方も多いでしょうが、チャイルドシートは消耗品です。10年も使っていると汚れたり何かしらの部品が壊れたり、という事も有るので留意が必要です。

チャイルドシートの選び方

以下では、チャイルドシートを選ぶ際のポイントについて見ていきます。

Eマークは必須!

国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構は、チャイルドシートの前面衝突試験・使用性評価試験を実施しており、現行の安全基準に適合したチャイルドシートには、Eマークが添付されています。

参考:2012年6月30日以前のチャイルドシートは、旧基準に適合している事を示す「自マーク」が添付されている事が有ります。

Eマーク

(画像参照元:国土交通省

※1:UNIVERSALは汎用、SEMI UNIVERSALは準汎用、RESTRICTEDは限定、SPECIFIC VEHICLEは特定車両用を意味しています。
※2:E43は日本を示しています。E1はドイツ、E2はフランスといった風に、国毎に番号が振られています。

チャイルドシートを買う際には、このEマークが付いている商品を選ぶ様にしましょうね。

自動車の構造上の問題でチャイルドシートの選び方は変わる?

チャイルドシートは、座席への取り付け方法によって、以下の2つに分かれます。

  • シートベルト固定式
  • ISOFIX式

シートベルト固定式は一般的なタイプで、車のシートベルトをチャイルドシートの金具に通し、固定するものです。車種や構造を問わず、シートベルトが有れば装着する事が出来ますが、脱着方法がややこしく、手間がかかるというデメリットが有ります。

一方で、ISOFIX式は、座席にチャイルドシート専用のコネクターが付いており、そこにチャイルドシートの金具を差して押し込むだけで装着が出来るので、とても簡単です。

回転式チャイルドシート

また、ISOFIX式のチャイルドシートは、レバー操作で簡単にリクライニングをしたり、回転操作をする事が出来るもの()も多いです。

:回転式のチャイルドシートは、固定式と比べると値段が高く、サイズも大きいです。便利な面も有りますが、他の車に付け替える事が多い方には大変です。

なお、2012年7月以降に発売された新車には、ISOFIXの取付金具を装備する事が義務付けられていますが、ISOFIXの取付金具が付いているからといって、全ての車種に取り付けられる訳では有りません。事前に取り付け可能の車種かどうかを確認しておく必要が有ります。

ちなみに、2シーターの車の場合は助手席しかチャイルドシートを載せる場所が無いですが、助手席にチャイルドシートを載せるのは子供にとって危険なのでやめた方が良いでしょう。
チャイルドシートを助手席に付けると違反で捕まるの?

事前にある程度調べておく!

チャイルドシートは種類が複数有り、値段も様々です。いきなり店に行っても車や子供に合ったチャイルドシートがどれなのか分からないですよね。ある程度は事前にカタログなどで下調べをしておく様にしましょうね。

なお、チャイルドシートは、汚れた際に水洗いが出来る様に、シート部分を取り外す事の出来る仕様のものが有ります。取り外しが出来ないものよりは、取り外しが容易に出来るものを選んだ方が良いでしょうね。

中古を買う場合の注意

最近は、何でも中古で買う事が出来る様になっており、チャイルドシートも例外では有りません。チャイルドシートは、子供の命を守る物なので、中古を買う際には以下の様な点には注意した方が良いでしょう。

  • 説明書が付いているか
  • 使おうとしている車と適合しているか
  • 必要な備品が揃っているか
  • 劣化(事故)によるヒビ割れ等が無いか

自治体の助成制度をチェック!

市役所

チャイルドシートを購入・レンタルする際には、まずお住まいの自治体でチャイルドシート関連の助成制度が無いかをチェックする事をオススメします。

例えば、東京都目黒区ではチャイルドシートのレンタル業者の斡旋をしており、通常料金の15%引きで利用する事が出来ます。また、千葉県松戸市では、チャイルドシートのリース料金の半額が助成されます(1回の利用につき最大6ヶ月間。)

他にも、埼玉県鴻巣市はチャイルドシートの購入価格の2分の1(最大4,000円)を補助してくれたり、と様々な助成制度が有ります。こういった助成制度は使わない手は無いですね!

1人目と2人目とで選び方は変わる?

1人目が生まれたときと2人目が生まれたときとで、チャイルドシートの選び方は変わるのでしょうか?

確かに上で紹介した回転式のチャイルドシートは、使い易くて便利です。しかし、子供が2人以上になると大きな回転式のシートは場所を取り過ぎるので、返って不便となります。従って、回転式のチャイルドシート2台とはならない様にした方が良いでしょう。

また、金額面から考えるのであれば、1人目の時に新生児・幼児兼用のものを購入し、2人目と新生児用の利用時期が重なる期間だけ新生児用をレンタルをするのも手ですね。

チャイルドシートはレンタルと購入ならどっちが良いのか?費用的観点から比較してみた

軽自動車の場合は乗用車と選び方はかわる?

オシャレな軽自動車

軽自動車は、乗用車と比べると車体が小さいので、チャイルドシートがちゃんと載せられるのか気になる方も多いでしょうが、基本的に最近の軽自動車は車内空間が十分に確保されているので、問題無く載せる事が出来ます。

車種によっては2台載せる事も十分可能ですし、スライドドアを装備した軽自動車も増えて来ているので、乗り降りも簡単に出来ます。

但し、軽自動車は荷室スペースが小さい事が多いので、チャイルドシートを2台載せると、荷物は殆ど載せられなくなるという点には注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?チャイルドシートは、小さな子供のいる家庭では必須の自動車用品ですが、種類がいくつか有り、値段も決して安くはありません。事前に、どういったチャイルドシートが必要なのかは調べておき、子供が産まれる前に用意しておきたいですね。また、成長に合わせて適切なものに切り替えていきましょう。

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定