車査定マニア
エンスト

エンスト

免許を取りたての頃に、マニュアル車を運転していてクラッチ操作ミスによりエンスト(エンジンストップ)してしまうと、結構焦りますよね。マニュアル車の運転は難しいので、初心者に限らず慣れた方でもエンストをする事は有ります。

一方で、オートマ車【AT車】の場合は基本的にはエンストしません。しかし、絶対にエンストしないという訳ではなく、操作ミス(ギア)やエンジン等の不具合によって、エンストをする事が有ります。

そこで、ここではオートマ車がエンストしてしまう原因や、エンストしてしまった場合の対策などについて見ていきます。

オートマ車がエンストしてしまう原因色々

エンジンルーム

以下では、オートマ車がエンストする原因として考えられるもの、いくつか見ていきましょう。

操作ミス(ギア)

オートマ車のギアは、自動で切り替わるので基本的に操作ミスは生じません。

しかし、急な坂道でギアをドライブ(D)にしている状態で、アクセルを踏まずに後退したり、バック(R)にした状態で前進したりすると、オートマ車の特性上エンストしてしまいます。

プッシュ式スタートの操作ミス

プッシュ式スタート

最近は、プッシュ式スタートの車種が増えて来ていますが、坂道で発進する際に、ブレーキを踏まずにボタンを押し、エンジンが始動していない状態で走ってしまう事が有ります。

燃料系のトラブル

燃料を、エンジンの近くまで送り出す役割の有る燃料ポンプが故障していたり、燃料ホースが目詰まりしていると、エンジンがガクガク動き、徐々にスピードが遅くなって最終的にエンジンが止まってしまう事が有ります。

電気系の不具合

点火プラグ

電気系に不具合が有り、点火プラグが発火しない場合、走行中に急に「ストン」とエンジンが止まってしまう事が有ります。

ホースのエア漏れ

エンジン周りにあるホースが経年劣化によってひび割れし、エアが漏れる事が有ります。エアが漏れるとエンジンルームから「シュー」という音がし、エンジンがストップする事が有ります。

制御系のトラブル

燃料の噴射量を調整する燃料センサー等の制御系にトラブルが有る場合、アクセルを強く踏み込むとエンストをする事が有ります。

また、スロットルバルブの調整をするバキュームセンサーなどが故障すると、アクセルから足を離した際にエンストをする事が有ります。

エンストしてしまう場合の対策

ギアチェンジ

マニュアル車がエンストした場合、基本的にはクラッチ操作が原因なので、ギアをニュートラルにしてエンジンをかけ直せばOKですが、オートマ車の場合はどうすれば良いのでしょうか?

この点、停車中にエンストした場合は、ギアを何度か変えてみましょう。適当に変えた後でドライブ(D)に戻すと、エンジンがかかる事が有ります。それでもエンジンがかからないのであれば、ロードサービスに救援を依頼した方が良いです。

一方で、走行中にエンストをしてしまった場合はとても危険です。

普段あまり意識しないかもしれないですが、最近の車はパワステ(パワーステアリング)によりハンドル操作が軽くなっています。しかし、エンジンが切れてしまうと、パワステは作動しなくなるのでハンドルが一気に重たくなります(いわゆる重ステ)。またブレーキも重くなるので、車を安全に停止するのは難しいです。

車のハンドル

エンストした場合は、すぐにギアをニュートラル(N)に入れて、後続車に知らせる為にハザードランプを点灯させましょう。また、ハンドルもブレーキもとても重いですが、作動自体はします。力を入れて動かす様にしましょう。

下り坂でなければ、車は次第に速度が遅くなりいずれは停止するのですが、信号や交差点では危険です。赤信号の交差点に突っ込んだりしない様に、力一杯ブレーキを踏む様にしましょうね(後続車には注意して下さい。)

安全に停止する事が出来たら、ギアをパーキング(P)にして、サイドブレーキをしっかりと引いてからロードサービスに救援依頼をしましょう。

まとめ

いかがでしたか?エンストしないと思っていたオートマ車がエンストすると、ハンドルやブレーキが重くなり焦りますよね。

しかし、焦ると余計に危険です。オートマ車でもエンストする可能性が有る事は覚えておき、いざという時に焦らずに対処出来る様にしましょう。

オートマ車のギアの機能紹介~AT車でもシフトチェンジを適切に使おう

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定