車査定のマニア
冠水

車は雨に濡れても大丈夫ですし、多少の水たまりであれば難なく走行する事は可能です。しかし、冠水する(水に浸かる)と簡単に故障してしまいます。最近の車は、重要な箇所がほとんど電子制御されているので、水にとても弱いのです。

冠水

ここでは、大雨などで車が冠水した場合の対処方法や、その後車に生じる問題などについて見ていきます。

冠水している道路は走らない!

ゲリラ豪雨や河川の増水などによって道路に水が溢れる事が有りますよね。道路に水が溢れると、水が濁って路面の状況がよく見えなくなるので、細心の注意を払って走る必要が有ります。

しかし、大雨の際にどの道でも等しく冠水する訳では有りません。冠水の可能性がある道というのは、周囲に比べて少し凹んでいるなどの特徴が有るので、普段から自治体が注意喚起をしているはずです。

注意

冠水する可能性の有る道の情報は頭に入れておいて、大雨の日や災害時には通らない事がベストですね。

冠水している道路を走る際の対処法

冠水している道路を走らないのがベストですが、知らない土地や急激な大雨の場合などはそうも言っていられません。冠水している道路を走らざるを得ない場合は、エンジンの回転数を一定数に保つ様に心がけましょう。

マフラーに浸水したら、基本的に車は無傷ではいられません。マフラーはバンパーの下に付いているので、バンパーが水を跳ね上げる程に道路に水が溢れていると、危険信号です。

但し、エンジンの回転数を一定に保っていれば、排気圧が上がり、一時的にですがマフラーへの浸水を防ぐ事が出来るのです。

回転数

なお、タイヤが隠れる程に増水している場合は、水圧でドアが開かなくなり、車内に閉じ込められる可能性が有り危険なので、その道は通らずに他の道を探す様にしましょう。

オフロード車など、水に浸かる事を想定している車種は、ある程度の水深にも耐えられる様になっています。

また、冠水している道路の走行中にエンジンが停止してしまうと、再始動は困難です。アクセルはなるべく戻さない様にしましょうね。

冠水後は必ず整備に!

上述した様に、マフラーに浸水すると車は無傷ではいられません。また、災害時などで車を乗り捨てる事も有るでしょうが、完全に車が水に浸かってしまった場合は、必ずプロの整備士に点検してもらう様にしましょう。

整備

なお、冠水した車は後々以下の様な問題が生じる事が考えられます。

価値が一気に下がる!

冠水(水没)車は、『冠水歴車(浸水車・水被害車)』として扱われ、修復歴車よりも嫌われる傾向に有るので、価値は一気に下がると思っておいた方が良いでしょう。

なぜなら、冠水車は損傷の箇所が外見では分からない事が多く、どこを修理すれば良いかがパッと分かりにくいからです。また、冠水後間もない間は不具合が無かったとしても、いつどの様な不具合が生じるかが予測困難なため、買い手が付きにくくなるのです。

参考:海水に浸かった場合は、金属部分が腐食するので比較的損傷部分が分かり易いです。

故障・車両火災

車のフロア面まで浸水している場合は、エンジンの吸気系に水が入ってしまっている可能性が有ります。この状態でエンジンをかけるとエンジンが故障する事が有ります。

参考:道路の水が引いたからといって、吸気系の水が抜けているとは限りません。この様な場合は、ディーラー等にすぐに連絡して救援を依頼しましょう。やむを得ず自分で車を動かす場合は、ニュートラルにして手で押して移動しましょう。

また、海水による浸水の場合は、電気系統の腐食により電気配線がショートし、車両火災となる可能性が有ります。なお、キースイッチを切っていても、バッテリーは接続されているので発火の可能性は有ります。

冠水によるその他の不具合等については「冠水車(水没車)の買取りは可能だが査定相場はかなり低くなる」で紹介しているので、参考にして下さい。

冠水の場合、点検してもらった結果、廃車になってしまう可能性は結構高いです。災害からは身を守るだけで精一杯でしょうから、車は諦めるしかないケースが多いですが、「車は冠水には非常に弱い」という事は知っておきましょう。

あと廃車レベルの車でも値段が付くことは往々にして有るので、諦めずに売却先を探すのも大事ですよ!
車の廃車費用が無料でも損な理由

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら