車査定マニア
合宿免許のパンフレット

合宿免許のパンフレット

運転免許を取得する際の教習所の通い方には、「好きな時間に予約して自動車教習所に通う方法」と、「合宿に参加して短期間で免許を取得する方法」とが有ります。

ここでは、その中でも合宿に参加して運転免許を取得する方法について、そのメリットやデメリットを紹介していきます。

合宿免許のメリット

以下では、合宿で免許を取得するメリットを見ていきます。

費用が安く済む!

免許取得費用

通学して免許を取得する場合、教習生は自分の好きな時間を見つけて教習を予約するケース(予約制)が殆どです。

予約制は、教習生にとっては時間の自由が効くので便利ですが、教習所側からすると、いつ予約されても大丈夫な様に、教官の余裕を持って配置し、講義のコマ数も多く確保しておく必要が有るので、人件費が高くなります。

一方で、合宿免許の場合は、教習のスケジュールが予め決まっているので、教習所側としてもスケジュール管理が簡単です。つまり、教官の数も必要最小限にして経費を抑える事が出来るのです。

また、交通費に関しても合宿免許は交通費込みとなっていますが、通学の場合は実費なので自宅から遠い場合は負担が増えてしまいます。

これらの違いから、合宿免許は通学して免許を取得する場合と比べると、金銭面では安く済む事が多いです。

ちなみに、一般的な教習所の教習料金の相場としては、概ね以下の通りです。

  • 合宿・・・18万円〜25万円程度
  • 通学・・・28万円〜33万円程度

:MT免許(税込)の場合。

費用は地域やプランによっても異なりますが、大体合宿の方が10万円近く安く済みそうですね。

教習や試験が甘い?!

教習所

学科試験については、客観的に点数として評価されるのでどこで受けても変わりないですが、実技に関しては、評価する教官によって厳しかったり甘かったりという事が有ります。

特に、合宿免許では決められたスケジュール内で卒業してもらう事が前提となっているので、教官は多少のミスは大目に見る事が多いと考えられます。

:合宿にいけば必ず簡単に免許が取れる、という訳ではありません。あくまでも、通学タイプの教習所と比べると試験時の評価が甘い事が有る、という程度の話です。

従って、合格のし易さという点で考えると、通学するよりも合宿で免許を取った方が方が良いでしょうね。但し、合格のし易さだけで教習所を選ぶのはあまり好ましく無いですけどね、重要なのはしっかりと運転技術を身につける事ですから。

卒業までの期間が短い!

費用面以外での合宿免許の大きなメリット、それが「卒業までの期間の短さ」です。

合宿でも通学でも、卒業までに必要なカリキュラムは同じですが、通学の場合は一日に予約出来るコマ数に制限が有りますし、普段の生活にプラスで教習所に通う事になります。免許を取ろうとすると、週に4〜5回通ったとしても1ヶ月近くかかりますし、週末のみの通学とかになると、数ヶ月もかかってしまいます。

合宿の日程

一方で、合宿免許では、13日〜16日程度が基本の日程としてスケジュールが組まれています。毎日、朝8時半〜9時頃から夕方18時半〜19時半頃までびっちりと教習予定が組まれている代わりに、短期間で卒業する事が可能なのです。

従って、短期集中型の性格の方には、合宿免許はピッタリですね。特に問題が無い限り、多くの方が最短日数で卒業していくので、卒業までの平均日数としては15〜17日程度といったところでしょうね。

なお、基本の日程は試験に一発で合格する事が前提となっています。体調を崩して、予定通りに教習を受けられなかったり、仮免試験や本免の実技試験に落ちた、試験前の「みきわめ」を通過出来ない、といった場合は当初の日程よりも長くなります。

合宿免許は、「絶対に教習所が用意した2週間程度の期間で合格しないといけない」という訳では有りません。極力、スケジュール通りに卒業出来る様に教習所側も協力してくれますが、どうしても間に合わない場合は延長も可能です。

但し、合宿を延長した場合は、その期間に応じて宿泊費用や再検定料金などが加算されます(中には延長しても追加料金の発生しない教習所も有ります。)

参考:合宿期間中に警察沙汰を起こしたり、全然まじめに授業を受けないといった事情が有る場合は、延長が出来ない(強制撤去させられる)事も有る様です。

新しい出会いが有る!?

気の合う仲間

合宿免許では、2週間くらいの間、同じ目的を持った人たちと朝から晩まで一緒に過ごします。同じ目的を持って頑張る人たちは、自然と共感出来るものなので、気の合う友達や新しい恋を見つける事が出来るかもしれないですね。

また、合宿には親しい友達同士で参加する方もいますが、気の知れた友達と参加するとちょっとした旅行気分も味わえますよ。

参考:知らない人と相部屋になる事も有りますが、一人で参加して部屋も一人がいいという方は、一人部屋を希望する事も可能です。

合宿のデメリット

以下では、合宿で免許を取る際のデメリットを見ていきます。

ちょっとした長期旅行並の荷物が必要

荷造りする女性

免許の合宿は、最短でも14日前後かかります。基本的には、ずっと教習所と宿泊先の往復のみなので服や身の回りの物だけでOKですが、それでも14日間もいるとなるとそれなりの荷物が必要となります。

通学で免許を取る場合は、日常生活の延長で教習所に通う事が出来ますが、合宿はそうはいきません。特に、一人暮らしの方は、長期間家を空ける事になるので、戸締まりなど色々気を遣いますしね。

なお、一般的には合宿に参加する際に、以下の様なものが必要となります。

  • 身分証明書
  • 運転免許証(有る方のみ)
  • 住民票
  • 印鑑
  • 筆記用具
  • 合宿の案内書類
  • 着替え
  • 洗面用具
  • タオル
  • 洗剤
  • 雨具
  • お金
  • ドライヤー
  • 爪切り
  • 常備薬
  • 眼鏡・コンタクトレンズ(洗浄液)
  • 暇つぶしのマンガやゲーム等

免許取得後の事故が多い?!

衝突事故

これは、メリットで書いた「教習が甘い」事にも起因していると考えられますが、合宿で免許を取得した方が取得後1年以内に交通事故に遭う確率は、通学によって免許を取得した方のそれよりも多い様です。

運転免許合宿あるあるをネット上からまとめてみた。

通学と比べると教習が甘いので、ちょっとしたミスでも許してもらい、実際の運転を甘く考えてしまう事が原因なのかもしれないですね。

それ以外にも、合宿は山間部など田舎地方で行われる事が多いので、都市部での運転事情とのギャップが大きい事も事故が多くなる原因として考えられますね。

自由が効かない!

監獄

通学の場合は、自分の好きな時に教習の予約をして通う事が出来るので、自由度が高いです。しかし、合宿は2週間程度に渡って終日教習が行わるので、合宿中の自由は効かず、色々と予定が入っている方にとっては参加が難しいです。

なお、基本的には合宿中の一時帰宅は禁止されていますが、やむを得ない事情が有る場合(卒業式が合宿と被る、身内に不幸が有ったetc…)には一時帰宅が認められるなど、ある程度柔軟に対応してもらえる様です。

また、最近は一時帰宅プランの用意されている合宿も有り、平日は合宿で週末は帰宅といった感じでの参加も出来る様です。

:一時帰宅プランは、通常プランよりも費用が高くなる事が多いです。また、通常プランで一時帰宅する場合は、教習所によっては追加費用が発生する事も有るので、詳しく確認する様にしましょうね。

年齢制限が有る?!

年齢制限

合宿免許というと、20歳前後の若者というイメージが有りますよね。しかし、実際には30歳台の方もいますしそれ以上の年齢の方もいます。中には、定年を迎えてから余生を車で楽しむ為に合宿で免許を取ると、いう方もいる様です。

但し、教習所によっては年齢制限を設けている事も有り、一般的には25歳以下や35歳以下に設定されている事が多い様です。

これは、年配の方よりは若い方の方が技術の習得が早く、短期間での卒業が見込めるからです。合宿免許は、短期間で卒業する事を前提に安い料金設定となっています。年配の方を受け入れて、中々卒業してもらえないといった事態になると、経営上問題が有るという訳ですね。

参考:中には30歳以上でも、安心して参加出来る合宿プランなどを用意している教習所も有ります。

まとめ

いかがでしたか?合宿免許は、「料金が安い・早く免許を取得出来る」といったメリットがある一方で、「自由が効かない・免許取得後の事故率が高い」などといったデメリットが有ります。

両者のメリット・デメリットを理解した上で、どちらで免許を取得するかを考える様にしましょうね。

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定