車査定マニア
飲酒

飲酒運転に対する取締りは年々厳しくなって来ており、最近では一度違反すると仕事や生活に支障を来しかねないほどの重い罰則が用意されています。(参考記事:飲酒運転の厳罰化の歴史

飲酒

ここでは飲酒運転の罰則について紹介し、酒気帯び運転と酒酔い運転の違いについても解説していきます。

飲酒運転とは?【酒気帯び運転と酒酔い運転の違い】

飲酒運転とは、読んで字のごとく「酒を飲んでいる状態で運転する事」です。法律上は、飲酒運転として「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」が規定されています。

飲酒運転

「酒酔い」とは、「アルコールの影響で正常な運転が出来ない状態」を指しています。こちらはアルコール濃度の基準値は無く、警察が「酒酔い運転だ!」と判断すれば酒酔い運転となります。(もちろん、基準値以上の濃度が検出されてる事が前提となりますが。)

一方の「酒気帯び」は、呼気中のアルコール濃度によって「0.15mg/l以上0.25mg/l未満」と「0.25mg/l以上」の2つに分類がされます。

どれくらいのビールを飲むと飲酒運転の基準0.15mgを超えるか?

なお、「お酒を飲んだけど酒気帯びの基準には達していない」という場合は、罰則規定は有りません。しかし、道路交通法の65条1項では「何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。」と規定されています。

従って、罰則規定は無いですが違反に変わりは無いので、警官から「以後、注意します」といった内容の誓約書にサインさせられたり、組織内でのペナルティの対象となったりする事が有ります。

罰則の対象者

飲酒運転によって罰則を受ける可能性が有るのは、以下の方です。

  • 運転者本人
  • お酒を提供した人
  • 飲酒運転の車に同乗していた人
  • 飲酒運転をする事を知っておきながら車を提供した方

運転者だけでなく、お酒を提供したり同乗していた方も罰を受ける、という点が特徴的ですね。

罰則の内容

罰則の対象者は上記の様に4種類ですが、罰則の内容(道路交通法第65条2〜4項)は違反者が運転手かどうかで大きく異なります。以下でそれぞれに対する罰則の内容を見ていきましょう。

通常、交通違反をすると反則金が科されますが、これは軽微な違反の場合の話です。飲酒運転は重大な違反なので反則金は有りません。代わりに簡易裁判による判決で刑罰が決まります。

運転手に対する罰則

運転手に対する飲酒運転の罰則は、以下の通りとなっています。

違反の状態違反点数刑罰
酒酔い運転
(基準値は有りません)
35点5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
酒気帯び
(0.25mg以上)
25点3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
酒気帯び
(0.15〜0.25mg未満)
13点3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

参考に、各違反時の違反点数による運転免許への影響は以下の通りです。

違反点数免許への影響
13点免許停止90日
25点免許取消&欠格期間2年
35点免許取消&欠格期間3年

免許停止であれば、停止処分者講習を受ける事で停止期間が短縮されるのでまだマシです。しかし、免許取消となるとそうはいきません。2〜3年の間運転が出来なくなってしまうので、仕事で運転が必要な方は仕事存続の危機です。最悪の場合はクビになる事も有るでしょうから、飲酒運転で摘発されるのは絶対に避けたいですね。

なお、免許を取消された方は免許の再取得までに取消処分者講習を受講する必要が有ります。

関連記事:免許取り消しから免許を再取得するまでの流れ・費用・手順のまとめ

同乗者等に対する罰則

同乗者やお酒を提供したお店等に対する罰則は、以下の通りとなっています。

対象者状態刑罰
車の提供者運転者が酒酔い5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
運転者が酒気帯び3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
酒の提供者
車の同乗者 ()
運転者が酒酔い3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
運転者が酒気帯び2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

:同乗者は単に飲酒運転の車に乗っていただけであれば、罪に問われる事は有りません。罪に問われるのはドライバーが飲酒している事を知っておきながら、送迎等を依頼した様な場合です。

飲酒運転では、運転手だけでなく同乗者等にも罰則が及び、「最大で100万円の罰金」という、とても厳しい内容となっています。「そんなに酔ってないから大丈夫」と身勝手な考えで飲酒運転をするのは絶対に避けたいですね。

飲酒運転中に重大事故を起こした場合の罰則

上記は、飲酒運転をしていて検問()で引っかかった場合に受ける罰則です。しかし、飲酒運転は重大な事故を引き起こす可能性を秘めています。死傷事故を起こした場合は、「危険運転過失致死傷罪」というさらに重い罰則が科される事になります。

:関連記事「飲酒検問を拒否した場合の罰則・罰金と飲酒検問を突破した場合の罰則

重大事故

事故により相手が負傷した場合は「15年以下の懲役」、相手が死亡した場合は「1年以上の有期懲役」となります。なお。1年以上の有期懲役と言うと軽く感じるかもしれませんが、内容によっては20年の懲役刑が科される事も有ります。

飲酒運転では、起訴されて裁判となるか略式起訴とされ罰金で終わるかは、状況や事情によって異なります。最近は厳罰化の流れが有るので、罰金では済まない事が増えて来ている様です。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス