車査定マニア
送電網

送電網

次世代送電網とも呼ばれる「スマートグリッド」。直訳すると、スマートは「かしこい・洗練された」、グリッドは「電力網」となります。

このスマートグリッドは電力供給の不安定なアメリカで提案されました。2009年にオバマ政権が本格的に資金を拠出した事で、世界の国々も積極的に取り入れようとしています(「米国再生・再投資法」を契機として資金を拠出)。

スポンサーリンク

スマートグリッドとは?電力供給を効率化するシステム

スマートグリッドとは、リアルタイムで消費電力量を把握して、効率的な電力の供給を行う事が出来るシステムを言います。このシステムには「スマートメーター」という新しい電力メーターが必要です。スマートメーターは光ファイバーなどのネットワークで「電力会社」と「各家庭や事業所等」を結ぶ機能が有ります。

現在の電力メーターは、各家庭の1ヶ月の電力消費量などの積算データを知る事は出来ても、利用実態をリアルタイムに把握する事は出来ません。そのため、電力会社は「発電施設の建設」や「発電計画の策定」にあたって、最大消費電力量を基準にするほかなく、その結果過剰な発電能力を有する施設を作ったり、需要量以上の発電を行っていました。

スマートグリッドを導入する事で、各家庭や地域のリアルタイムの消費電力量データを活用する事が出来るので、効率的な建設・発電の計画を立てる事が可能になります。結果コスト削減にも繋がりますよね。また、電力メーターの検針員も必要なくなるので、人件費の削減にもなりますね。

さらに、必要な電力供給量を詳細に把握する事が出来るので、安定した電力供給も可能になります。

消費者のメリットは安価でクリーンな発電

既に紹介したように、スマートグリッドは「電力供給の安定化」や「コスト削減」を可能にするシステムです。これは、電力会社側のメリットです。

では、消費者側にとって、スマートグリッドを導入するメリットはあるのでしょうか?

電気代が安くなる

電力会社側のコスト削減によって、電気代が安くなる可能性が有ります。

今までコストが増える度に電気代が値上げされてきました。最近も火力発電の為の燃料調達費用の増加で値上げしましたよね。コスト負担を消費者に転嫁してきた電力会社が、コスト削減が出来た時に消費者に還元しないなんてのは筋が通りません。

そのため、スマートグリッドの導入によってコストを削減出来た時には、電気代は安くなるはずです。

再生可能エネルギーの利用-蓄電には電気自動車の利用も可能

太陽光発電

「太陽光発電」や「風力発電」などの再生可能エネルギーとスマートグリッドを組み合わせる事で、電力供給のさらなる効率化が可能となります。

また、各家庭で発電した電力を蓄電池に充電しておけば、必要な時に利用する事が出来ます。「電気自動車」も蓄電するツールとしての利用できそうです。

電気自動車は電気を消費するだけでなく、家庭用の蓄電池と同様に蓄電された電力を家庭用電源としても活用可能です(停電の備えにもなりますね)。

課題はコストと安全性

スマートグリッドを有効的に活用するには、スマートメーターを各家庭やビル、工場など多くの建物に設置する必要があります。しかし、既存の電力メーターをスマートグリッドに交換するのには、膨大な費用がかかります。また、再生可能エネルギーの導入にもコストが掛かりますので、導入は一筋縄にはいきません。

あとは、安全面での課題が有ります。光ファイバーなどのネットワークを利用することから、ウィルスによる「個人データの漏洩」や「データの改ざん」が危惧されています。

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定