車査定のマニア
リサイクル券

売り物にならないような古い車や故障車などを処分しようとする時に「廃車費用がいくらになるのか?」と心配になりますよね。確かに、一昔前までは車を廃車に出す際は廃車費用を請求されていました。

しかし、現在はポンコツの車を引き取ってもらう場合でも廃車費用を請求される事は有りません。「廃車費用は無料」なんて大々的に宣伝している買取業者もいます。

このような廃車費用の無料化をもたらしたのが2005年に施行された「自動車リサイクル法」です。ただし、廃車費用が無料になる事に諸手を上げて喜んでいてはいけませんよ。

リサイクル料金を払う事で廃車費用が無料になる

一昔前は、廃車費用の支払いを逃れる為に人通りの少ない道や駐車場などに車を放置する人が後を絶ちませんでした。この問題を解決する為に2005年に施行されたのが「自動車リサイクル法」です。

自動車リサイクル法(正式名称:使用済自動車の再資源化等に関する法律)とは、簡単に説明すると「全ての車がいつか必ず廃棄される」という考えの基に、自動車の購入車にリサイクル・廃棄費用を前もって負担させる法律です。廃車費用の前払いシステムの様な物です。

自動車リサイクル法の概要とリサイクル料金の仕組み

支払われたリサイクル料金は、自動車リサイクルセンタ-で管理されています。そして、廃車をする際にセンターからメーカーにリサイクル料金が支払われ、さらに各解体業者にメーカーから費用が支払われます。

これにより、廃車をする時にユーザーに廃車費用が請求される事が無くなったわけです(無くなったというより前払いしているだけですが)。

リサイクル券

ちなみに、支払うリサイクル料金は、車種にもよりますが、普通車でおおよそ1万円から2万円です。手元にリサイクル券が有る人は確認してみて下さいね。画像のように「A券」の右側に支払ったリサイクル料金が表示されています。

自動車のリサイクル券(預託証明書)

このように自動車リサイクル法の施行によって、ユーザーは廃車費用を請求されなくなりました。しかし、これはただの前払いです。実質的に無料になったわけでは有りません。また、冒頭でも書いたように、廃車費用が無料になるからといって喜んでいてはいけません。

廃車費用が無料でも損な理由

ここまで説明してきた自動車リサイクル法の仕組みを理解している人は意外と少ないです。理解していたとしても、車を廃車する時には忘れてしまっている事も有ります。

実際、廃車をする時に買取業者に「特別に無料で引き取らせてもらいます!」なんて言われると、やっぱり得した気分になってしまうものです。

しかし、廃車費用が無料でも以下のような金額を受け取り損なってしまっている事を忘れてはいけません。

  • 自賠責保険の解約返戻金や自動車税・自動車重量税の還付金
  • パーツや鉄くず、海外輸出での売却金額

自賠責保険の解約返戻金や自動車税・自動車重量税の還付金

自動車を廃車にする事で「自賠責保険の解約返戻金」や「自動車税・自動車重量税の還付金」を受け取る権利が所有者に発生します。しかし、「廃車費用が無料」という条件で車を引き渡してしまうと、これらのお金を受け取れなくなってしまいます。

返戻金・還付金

では、本来どれくらいお金を受け取れるのでしょうか?自賠責保険・自動車税・自動車重量税ともに残期間が10カ月だったと仮定して計算してみましょう(排気量1.6L、車両重量1.3t、車検・自賠責の有効期間24カ月の普通車の場合)。

計算例

自賠責保険
約9,580円

自動車税
39,500円×10カ月÷12カ月⁼32,900円(100円未満切り捨て)

自動車重量税
24,600円×10カ月÷24カ月⁼10,250円

■受け取れるお金の合計
9,580円+32,900円+10,250円⁼52,730円

具体例の場合だと約50,000円も受け取り損なっている事が分かります。これだけでも「廃車費用無料」で喜んでいられない事はお分かりになるはずです。

パーツや鉄くず、海外輸出での売却金額

解体する自動車が全く無価値なのか、というとそうでは有りません。カーナビやオーディオなどの各パーツは中古品としての価値が十分有ります。中古パーツの市場には解体した車から取り外した商品がいくつも出回っています。

また、車体に使用されている鉄も鉄スクラップとしての価値が有ります。市場価格に影響を受けますが、普通車でおおよそ1万円の価値が有ります。

車の鉄スクラップ価値~故障車や修復歴車でも価値は有るんです!

海外輸出

さらに言えば、解体されずに海外へ輸出される場合も有ります。日本国内では売り物にならない車でもアジア・アフリカなどの発展途上国では十分売り物になります。

業者はパーツや鉄スクラップ、そして海外輸出によって、利益を得ているわけです。その原資は我々ユーザーが引き渡した車両です。無料で引き取るのではなく、いくらか支払うべきなのではないでしょうか?

まとめ

以上のように、全く動かない車でも普通はお金を貰えるものなんです。実際に車を廃車にする時は今回の話を思い出してくださいね。

廃車費用が無料の業者ではなく、正当な買取金額を提示してくれる業者に廃車を頼むようにしましょう。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の無料一括見積もり