車査定マニア
軽自動車

軽自動車

自動車を持っている方の中には、海外出張や病気、災害等の事情によって一時的(若しくは永久)に車が不要となった、という方もいますよね。

自動車は登録したままにしておくと税金がかかりますし、車検も受けなければなりません。そこで、車を使用しなくなった場合は廃車手続きをすることになります。

この記事では、軽自動車を廃車にする場合の手続や必要書類などについて紹介していきます。

普通車については「自動車の廃車手続きの種類と流れのまとめ」で解説しているので参考にして下さい。

軽自動車の廃車手続の流れ

軽自動車の廃車手続きは、普通車と同様に車を「一時的に使用しない」場合と「永久的に使用しない」場合とで異なります。それぞれの手続の名称は以下の通り。

  • 一時的に使用しない場合・・・自動車検査証返納届
  • 永久的に使用しない場合・・・解体返納

なお、普通車の廃車手続は管轄の運輸支局で行いますが、軽自動車の場合は管轄の軽自動車検査協会で手続をする事になります。運輸支局に行っても手続をしてくれないので、注意が必要ですね。

手続

廃車手続は、以下の流れに沿って行います。なお、解体返納は①〜③、自動車検査証返納届は②〜④の手続が必要となります。

  • ①解体返納の場合はまず解体をする。
  • ②必要書類等を揃えて、軽自動車協会にて手続をする。
  • ③保険会社に連絡をして、自賠責保険料の還付手続きをする
  • ④自動車検査証返納届手続後に、「再登録・所有者変更・解体」をする場合は各手続をする

:自動車重量税も自動車リサイクル法に基づいた適正な解体であれば還付を受ける事が出来ます。(参照元:国税庁)但し、軽自動車税は未経過分があったとしても還付を受ける事は出来ません。

自動車検査証返納届

ここでは、軽自動車を一時的に使用しなくなった場合に必要な、自動車検査証返納届の手続について見ていきます(普通車でいう一時抹消登録です)。

必要書類

自動車検査証返納届の手続に必要な書類は、以下の通りです。

  • 使用者の印鑑(認印可)
  • 車検証
  • ナンバープレート ※1
  • 車検証
  • 軽自動車税申告書 ※2
  • 自動車検査証返納証明書交付申請書 ※2
  • 自動車検査証返納届出書(軽第4号様式) ※2

※1:ナンバープレートが紛失等により無い場合、車両番号標未処分理由書の提出が必要です(後述の解体返納時も同様)。
※2:軽自動車検査協会や支所近隣の関係団体で入手出来ます。

廃車費用

自動車検査証返納届出には、自動車検査証返納証明書の交付手数料として350円が必要となります。

車検証返納後に所有者を変更する場合

軽自動車を一時的に使わなくなり、車検証を返納した後で所有者を変更する場合は「所有者変更記録申請」をする必要が有ります。

所有者変更

所有者変更記録申請は、軽自動車検査協会・支所に以下の必要書類を提出すればOKです。

  • 申請者(所有者)の印鑑
  • 返納証明書
  • 譲渡証明書
  • 新所有者の住所を証明する書面 ※1
  • 所有者変更記録申請書(軽第1号様式)※2

※1:「住民票の写し(マイナンバーの記載が無いもの)」「印鑑証明書」「サイン証明書」の何れか(発行後3ヶ月以内)
※2:軽自動車検査協会や支所近隣の団体窓口で入手可能。(見本:所有者変更記録申請書

なお、所有者変更記録申請の手数料は無料です。

車検証返納後に解体する場合

自動車検査証返納届の手続により車検証を返納した後で、最終的に車を解体(スクラップ)する事になった場合、解体届出の手続をする必要が有ります。

参考:リサイクル業者から解体が完了した旨の報告が有った後で手続をします。

解体

解体届出に必要な書類は以下の通り。

  • 所有者の印鑑
  • 使用済自動車引取証明書
  • 解体届出書(軽第4号様式の3)

なお、解体届出の手数料は無料です。

車検証返納後に再登録する場合

一時的に使用しない為に、車検証を返納してもその後にまた使用する事が決まれば、再登録をする事が可能です。

一時抹消登録した軽自動車を再登録する場合の手続き・必要書類・費用のまとめ

解体返納手続

軽自動車に永久的に乗らない場合は、管轄の軽自動車検査協会での解体返納という手続(普通車でいう永久抹消登録です)が必要となります。以下で、解体返納手続に必要な書類や費用等を見ていきましょう。

解体返納

必要書類

解体返納に必要な書類は以下の通りです。

  • 使用者の印鑑(認印可)
  • 所有者の印鑑 ※1
  • 車検証
  • 使用済自動車引取証明書 ※2
  • ナンバープレート
  • 解体届出書(軽第4号様式の3) ※3
  • 軽自動車税申告書 ※3

※1:使用者と所有者が異なる場合に必要となります。
※2:リサイクル業者に車を引き渡した際に受け取る事が出来ます。
※3:関係団体の窓口で入手可能。

廃車費用

解体返納の手数料は無料です。

廃車前に一括査定を検討!

軽自動車の廃車手続について見て来ましたが、今後乗る事が無いのであれば廃車にするのではなく「無料一括査定」をしてみてはいかがでしょう?

無料一括査定サイトを利用して査定の依頼をすると、複数の買取業者から見積りをもらう事が出来ます。その中から一番高い買取金額を提示してきた業者に買い取ってもらう事が出来るのでお得ですよ。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の無料一括見積もり