車査定のマニア

「車検」の記事一覧

ユーザー車検

自動車の車検費用って凄い高いですよね?この車検費用を節約する方法が「ユーザー車検」です。ユーザー車検は費用がとにかく安いです。業者に依頼するならユーザー車検を受けた方が良いでしょう。今回は、ユーザー車検を受けた方が良い人又受けない方が良い人について紹介しています。

車検

車を持っていると2年に1度訪れる車検、ディーラーでお願いすると10万円程度は平気でかかります。場合によってはさらに高くなる事も有るので、車の維持費としては馬鹿にならないですよね。実は、刑務所だと車検を安く受けられるって知っていますか?ここでは「刑務所車検」について見ていきましょう。

車検費用

車検費用は法定費用と整備費用の2種類が有ります。今回はこれらの内訳について紹介します。また、車検を整備工場やディーラー、ガソリンスタンドなどに依頼する場合の相場費用についても紹介します。ユーザー車検代行業者なども有るので、車検を依頼する場合は費用だけでなくサービスも吟味して依頼するようにして下さい。

ユーザー車検の流れ

ユーザー自身が車検の予約・書類の作成・検査手続きまで全ての行う「ユーザー車検」。ユーザー車検の流れ・手順について解説しています。流れ・手順以外にも必要書類や書類の書き方、費用なども併せて紹介しているので、ユーザー車検を受けようと思う人は参考にして下さい。

メニュー画面

普通車・軽自動車のユーザー車検を受けるには「予約」が必要です。今回は普通車と軽自動車に分けて、ユーザー車検の予約方法を紹介しています。また、車検の予約がいつから出来るのかについても紹介しています。車検の有効期限も考えて早めに予約を取るようにしましょう。

車検

車検を受ける時には数種類の書類を用意しなければなりません。業者に依頼する場合とユーザー車検を受ける場合と多少の違いは有りますが、自身で必要書類を用意しなければならない点には変わり有りません。そこで今回は車検の必要書類について紹介します。また、車検の注意点も紹介しているので参考にして下さい。

車検費用

普通車・軽自動車の自家用乗用車なら2年に1度訪れる車検。高額な車検費用に毎回悩む人も多い事でしょう。この車検費用を安くする方法が有ります。少しでも車検費用を安く出来ればこれほど嬉しい事は有りませんよね。今回は車検費用を安くする方法を紹介します。なお、値引きも出来ますよ!

改造車

愛車を改造してどんどんカスタマイズする事は本当に楽しいですよね。しかし、車検に通らなければ公道を走る事は出来ません。取り付けるパーツは指定部品でなければならず、また車検証の記載内容に変更が有る場合は「構造変更申請」を行う必要が有ります。今回は改造車を車検に通るポイントなどを紹介します。

テスター屋

運輸支局周辺に点在する「テスター屋」。予備検査場や民間車検場などども呼ばれています。このテスター屋では、実際に使用される検査機(テスター)でユーザー車検前後に検査を受ける事が出来ます。また、必要な調整もしてくれます。今回はユーザー車検時のベストな活用方法について紹介しています。

ユーザー車検に落ちたら

業者に依頼するのではなく、自ら運輸支局にて車検を受ける「ユーザー車検」。しかし、車検に落ちてしまう事も有ります。もし車検に落ちたらどうすれば良いのでしょうか?今回はユーザー車検に落ちた場合のその後の流れについて紹介しています。結論としては「再検査」を受けるだけです。

総合判定

ユーザー車検の最後のステップが「総合判定」です。全ての検査が終了したら、検査ライン出口に設置されている「制御室(管制ボックス)」にて総合判定を受けます。合格であれば窓口にて車検証・ステッカーを受け取り手続き完了。不合格であれば、整備をして再検査となります。

下廻り検査

「排気ガス検査」の次は「下廻り検査」です。この下廻り検査がユーザー車検最後の行程となります。下廻り検査では、足廻りのガタつきや各部品の損傷などの検査が行われます。電光掲示板や検査官の指示に従って検査を受けて下さい。今回は下廻り検査の合格基準や検査の流れについて紹介します。

排気ガス検査

マルチテスターゾーンが終了したら、次は「排気ガス検査」です。なお、排気ガス検査を受けるのは「ガソリン車」だけです。ディーゼル車は排気ガス検査はなく、検査ライン前に「黒煙測定」又は「オパシメータ測定」を受ける事になります。今回は排気ガス検査と黒煙測定及びオパシメータ測定について紹介します。

車検

自動車検査制度の役割などについて紹介しています。また、新規検査や継続検査などの車検の種類についても説明しています。そして、最後に車検の有効期間についても触れています。車を所有する上では避ける事が出来ない「車検」。この機会に車検に関する理解を深めてみてはいかがでしょうか?

違法又は不正な改造を施した車を違法改造車又は不正改造車と言います。違法改造車は当然違法なわけですから罰則を受けます。結構な罰金を取られます。今回は違法(不正)改造車の罰則内容(罰金・違反点数)について紹介します。その他、違法改造車に関する警察への通報や通報窓口、車検、保険についても解説しています。

車検期日

定期的に受けなければならない「車検」。何回か受けた事が有る人でも車検期日に関しては疑問を持っているかもしれません。車検は一体いつ受けられるのか?車検満了日の何日前から受けられるのか?そして、これらの場合に有効期間はどうなるのか?これらの答えを今回は紹介します。

闇車検

闇車検って聞いた事有りますか?ペーパー車検や裏車検、違法車検など色々な呼ばれ方をしますが、いずれにせよ違法な車検方法です。今回は闇車検とは一体何なのか、どういう仕組みなのか?そして闇車検が行われる場所や摘発された場合(バレた場合)の罰則、費用の相場などについて紹介します。

洗車

ユーザー車検前に車は洗車した方が良いですよ。オイル汚れや泥汚れのせいで車検に不合格になる可能性が有るからです。洗車する場所は車検でチェックされる「下廻り」「足廻り」「エンジンルーム」です。ただし、エンジンルームは基本的に水洗いはしない方が良いでしょう。

自動車税

従来、車検時には自動車税納税証明書の提出が必要でした。しかし、平成27年4月から運輸支局と税事務所が納税情報を電子化(インターネット)する事で共有し、納税証明書の提出の省略が可能になりました。現在は全ての都道府県で利用可能です。なお省略出来る条件が有るので注意して下さい。

車検証

車検切れが発覚した場合の罰金や違反点数について紹介しています。車検切れの状態で車を運転する事は当然違反です。また、車検切れの車は自賠責保険も切れている可能性が高く、2つの罪を犯している事でより重い罰則を受ける場合が有ります。運転をする前には、車検をチェックしましょう。

メンテンナンス

車を乗り換えようと思った時に車検の残月数が少ない場合、車検に通してから売った方が良いのでしょうか?それともそのまま査定に出してしまった方が良いのでしょうか?車検には費用がかかるので、その費用を上回る査定額のアップが無いので有ればもったいないですよね。ここでは、車検残存期間と査定額の関係から紐解いてみましょう。

違い

車検証を見ると、「所有者名」「使用者名」が記載されています。これらの違いは一体何なのでしょうか?所有者名が購入者ではない場合、どういった影響が有るのでしょうか?この記事では、「所有権が何か?」という観点から解説をしていきます。また、購入者が未成年の場合や駐車違反時の所有者責任についても紹介し