車査定マニア

「車検」の記事一覧

車検証

「車検証入れ」はどんなものを使っていますか?オシャレなものを持ちたいと思う方も、実は結構いるのではないでしょうか?シンプルな車検証入れでも問題はないですが、長年使うものでもあるので好みのケースを買うのも良いですね。ここでは実は結構いろいろ有るオシャレな車検証入れについて見ていきましょう。

検査標章

車のフロントガラスの上部には、小さいステッカー(検査標章)が貼られています。普段特に気にせずに、どんなステッカーなのかじっくり見た事が無い、という方も結構多いのでは?ここでは、そんな検査標章の意味や貼る位置、方法などについて見ていきましょう。

整備工場

街中を歩いていると、民間の自動車整備工場をよく見かけますが、整備工場には「認証工場」と「指定工場」が有る事を知っていますか?ここでは、それぞれの違いや特徴などを紹介します。また、どちらに車検を依頼した方が得なのかについても併せて見ていきます。

ユーザー車検

自動車の車検費用って凄い高いですよね?この車検費用を節約する方法が「ユーザー車検」です。ユーザー車検は費用がとにかく安いです。業者に依頼するならユーザー車検を受けた方が良いでしょう。今回は、ユーザー車検を受けた方が良い人又受けない方が良い人について紹介しています。

車検

車を持っていると2年に1度訪れる車検、ディーラーでお願いすると10万円程度は平気でかかります。場合によってはさらに高くなる事も有るので、車の維持費としては馬鹿にならないですよね。実は、刑務所だと車検を安く受けられるって知っていますか?ここでは「刑務所車検」について見ていきましょう。

車検費用

車検費用は法定費用と整備費用の2種類が有ります。今回はこれらの内訳について紹介します。また、車検を整備工場やディーラー、ガソリンスタンドなどに依頼する場合の相場費用についても紹介します。ユーザー車検代行業者なども有るので、車検を依頼する場合は費用だけでなくサービスも吟味して依頼するようにして下さい。

ユーザー車検の流れ

ユーザー車検の流れ・手順を徹底解説!

公開日: 更新日:

ユーザー自身が車検の予約・書類の作成・検査手続きまで全ての行う「ユーザー車検」。ユーザー車検の流れ・手順について解説しています。流れ・手順以外にも必要書類や書類の書き方、費用なども併せて紹介しているので、ユーザー車検を受けようと思う人は参考にして下さい。

メニュー画面

車検の予約はいつから出来る?車検の予約方法まとめ

公開日: 更新日:

普通車・軽自動車のユーザー車検を受けるには「予約」が必要です。今回は普通車と軽自動車に分けて、ユーザー車検の予約方法を紹介しています。また、車検の予約がいつから出来るのかについても紹介しています。車検の有効期限も考えて早めに予約を取るようにしましょう。

予備検査

予備車検(予備検査)とは、一時抹消登録をした自動車を車検にのみ通す手続きです。予備車検をする事で3か月以内ならいつでも登録可能な状態にすことが出来ます。今回は予備検査の必要書類や費用を紹介するとともに「仮ナンバーの必要性」「自賠責保険の必要性」「一時抹消と予備検査(車検)の時間的関係性」など細かな注意点についても解説しています。

車検

車検の必要書類と車検の注意点

公開日: 更新日:

車検を受ける時には数種類の書類を用意しなければなりません。業者に依頼する場合とユーザー車検を受ける場合と多少の違いは有りますが、自身で必要書類を用意しなければならない点には変わり有りません。そこで今回は車検の必要書類について紹介します。また、車検の注意点も紹介しているので参考にして下さい。

クレジットカードを載せたタイヤ

車検費用ってもの凄く高いですよね。タイミングによってはまとまったお金がない場合も有りますし、結構辛いです。そんな時はクレジットカード払いを利用しましょう。昔はクレジットカード払いに対応してくれない業者さんの方が多かったですが、最近は整備費用はもちろんのこと、法定費用に関してもクレジットカード払いに対応してくれる業者さんも増えてきました。クレジットカード払いにすることができれば、2回までの分割であれば手数料無料で出来ますし、何よりクレジットカードのポイントも貰えるので一石二鳥ですよ。今回の記事では車検費用の内訳などを紹介するとともにクレジットカード対応している業者の簡単な探し方も紹介しています。

車検費用

車検を安くする方法~車検は値引きも出来る!

公開日: 更新日:

普通車・軽自動車の自家用乗用車なら2年に1度訪れる車検。高額な車検費用に毎回悩む人も多い事でしょう。この車検費用を安くする方法が有ります。少しでも車検費用を安く出来ればこれほど嬉しい事は有りませんよね。今回は車検費用を安くする方法を紹介します。なお、値引きも出来ますよ!

改造車

改造車を車検に通すポイントと構造変更申請

公開日: 更新日:

愛車を改造してどんどんカスタマイズする事は本当に楽しいですよね。しかし、車検に通らなければ公道を走る事は出来ません。取り付けるパーツは指定部品でなければならず、また車検証の記載内容に変更が有る場合は「構造変更申請」を行う必要が有ります。今回は改造車を車検に通るポイントなどを紹介します。

テスター屋

ユーザー車検時のテスター屋さんの活用方法

公開日: 更新日:

運輸支局周辺に点在する「テスター屋」。予備検査場や民間車検場などども呼ばれています。このテスター屋では、実際に使用される検査機(テスター)でユーザー車検前後に検査を受ける事が出来ます。また、必要な調整もしてくれます。今回はユーザー車検時のベストな活用方法について紹介しています。

ユーザー車検に落ちたら

ユーザー車検に落ちたら?落ちた後にすることまとめ

公開日: 更新日:

業者に依頼するのではなく、自ら運輸支局にて車検を受ける「ユーザー車検」。しかし、車検に落ちてしまう事も有ります。もし車検に落ちたらどうすれば良いのでしょうか?今回はユーザー車検に落ちた場合のその後の流れについて紹介しています。結論としては「再検査」を受けるだけです。

車の点検をする女性

車の所有者には「24ヶ月点検整備」を行う事が法定されています(罰則は有りません)。この24ヶ月点検整備はどのようなチェック項目が有るかご存知ですか?今回は24ヶ月点検整備のチェック項目や点検整備記録簿の書き方などについて紹介します。

総合判定

ユーザー車検の最後のステップが「総合判定」です。全ての検査が終了したら、検査ライン出口に設置されている「制御室(管制ボックス)」にて総合判定を受けます。合格であれば窓口にて車検証・ステッカーを受け取り手続き完了。不合格であれば、整備をして再検査となります。

下廻り検査

下廻り検査【ユーザー車検のステップ⑤】

公開日: 更新日:

「排気ガス検査」の次は「下廻り検査」です。この下廻り検査がユーザー車検最後の行程となります。下廻り検査では、足廻りのガタつきや各部品の損傷などの検査が行われます。電光掲示板や検査官の指示に従って検査を受けて下さい。今回は下廻り検査の合格基準や検査の流れについて紹介します。

排気ガス検査

マルチテスターゾーンが終了したら、次は「排気ガス検査」です。なお、排気ガス検査を受けるのは「ガソリン車」だけです。ディーゼル車は排気ガス検査はなく、検査ライン前に「黒煙測定」又は「オパシメータ測定」を受ける事になります。今回は排気ガス検査と黒煙測定及びオパシメータ測定について紹介します。

テスターゾーン

同一性確認と外観検査の次は「サイドスリップテスト」です。簡単に説明すると「車がまっすぐ前に走行出来るか」という事を検査するゾーンです。テスターゾーンの最初の検査項目となります。ユーザー車検を初めて受ける人は一番緊張している瞬間でしょう。

ヘッドライト検査

「サイドスリップテスト」が完了したら、指示に従い次のステップへ進みます。マルチテスターでの検査です。車を移動させる事なく、1つの検査機上で3つの検査を行います。 ここで行われる検査は「スピードメーター検査」と「ヘッドライ …

同一性の確認

ユーザー車検の一歩目となる「同一性の確認」と「外観検査」。同一性の確認は車検証とその車が同一である事をチェックする検査です。外観検査は灯火類やタイヤのナットの締め付けなどのチェックが行われます。ユーザー車検を受ける方は今回紹介する内容を参考にして下さい。

車検

自動車検査制度の役割などについて紹介しています。また、新規検査や継続検査などの車検の種類についても説明しています。そして、最後に車検の有効期間についても触れています。車を所有する上では避ける事が出来ない「車検」。この機会に車検に関する理解を深めてみてはいかがでしょうか?

違法改造車(不正改造車)に対する罰則・罰金や違反点数

公開日: 更新日:

違法又は不正な改造を施した車を違法改造車又は不正改造車と言います。違法改造車は当然違法なわけですから罰則を受けます。結構な罰金を取られます。今回は違法(不正)改造車の罰則内容(罰金・違反点数)について紹介します。その他、違法改造車に関する警察への通報や通報窓口、車検、保険についても解説しています。

車検期日

車検は満了日の何日前から受けられるのか?何回か車検を受けた事が有る人でも車検期日に関してぱっと答えられる人は少ないかも知れません。この点、車検自体はいつでも受けられるんですよ!極端な話2日連続で受けても構いません。しかし、それでは車検の有効期間が無駄になり無駄金が発生します。有効期間を最大限利用するためにも車検を受ける日は計画的に考えな帰ればなりません。そのため、この記事では車検満了日の何日前に車検を受けるのが一番良いのか?どうすれば車検の有効期間を最大限利用できるのか?について解説しています。ちなみに指定工場であれば45日前でも有効期間が無駄になりませんよ!

闇車検って知っていますか?ペーパー車検・裏車検・不正車検とも言われれているのですが、違法改造などをして車検に通れない車を、書類だけ作って車検に通してしまう違法な行為です。違法行為なのですが一部の整備工場がいまだに行なっており、なくならないのが実情の様です。しかし、軽い気持ちで闇車検を利用すると後で簡単にバレて逮捕起訴され、大変な事になりますよ。そこで、ここでは闇車検がどういう仕組みなのか、バレた際の罰則にはどの様なものがあるのか、闇車検の相場などについてわかりやすく解説していきます。闇車検をしている業者を見つけたら通報も必要です!

洗車

ユーザー車検前に車は洗車した方が良いですよ。オイル汚れや泥汚れのせいで車検に不合格になる可能性が有るからです。洗車する場所は車検でチェックされる「下廻り」「足廻り」「エンジンルーム」です。ただし、エンジンルームは基本的に水洗いはしない方が良いでしょう。

車の前に立つ女性

従来、車検時には自動車税の納税証明書の提出が必要でしたが、平成27年4月以降は納税証明書の提出を省略する事が出来る様になりました(提出不要になりました)。納税の時期と車検の時期が一緒とは限らないので紛失してしまう方も多かったでしょうから、省略出来る様になったのは大助かりですね。しかし、誰でも提出を省略出来るという訳ではなく、一定の条件を満たしている必要が有ります。その条件とは何なのでしょうか。ここでは、車検時に自動車税納税証明書の提出を省略するための必要条件について見ていきましょう。なお、条件に関係なく車を売る際には納税証明書が必要ですよ。あと、軽自動車は納税証明書不要の対象外です。

車検証

車検切れが発覚した場合の罰金や違反点数について紹介しています。車検切れの状態で車を運転する事は当然違反です。また、車検切れの車は自賠責保険も切れている可能性が高く、2つの罪を犯している事でより重い罰則を受ける場合が有ります。運転をする前には、車検をチェックしましょう。

メンテンナンス

車を乗り換えようと思った時に車検の残月数が少ない場合、車検に通してから売った方が良いのでしょうか?それともそのまま査定に出してしまった方が良いのでしょうか?車検には費用がかかるので、その費用を上回る査定額のアップが無いので有ればもったいないですよね。ここでは、車検残存期間と査定額の関係から紐解いてみましょう。