車査定のマニア
クレジットカード

2年に1度訪れる「車検」。ユーザーにとってあまり喜ばしいイベントでは有りません。その理由は言うまでも有りませんが「車検費用が高い」からです。

車検費用を安く抑えたいならユーザー車検となるでしょう。車検手続きを1から10まで自分で行うためです。

しかし、運輸局での支払い方法は現金払いのみです。具体的に言えば数万円の重量税と自賠責保険、そして2,000円弱の検査手数料を現金で用意しなければなりません。車検を受ける時にまとまったお金が無い人は、ユーザー車検を受けるのは難しいです。

そこで、車検費用のお金が無い人はガソリンスタンドやディーラーなどに車検を依頼して「クレジットカード払い」を利用しましょう。ポイントも溜まるし、分割払いも可能です。

車検費用の内訳は?

車検費用は「法定費用」と「整備費用など」に大別されます。それぞれに含まれる費用は以下の通りです。

  • 法定費用・・・自動車重量税、自賠責保険、印紙代(検査手数料)
  • 整備費用等・・・整備費用、部品代、車検代行手数料

「法定費用」は、車種によって異なりますが、金額は固定化されています。一方、「整備費用等」は依頼する業者や車の状態によって変動します。詳しい金額については以下の記事を参考にして下さい。

車検費用の内訳とディーラーや整備工場等に頼む場合の費用相場

車検費用

これらの費用を合計すると、1回の車検で概ね数万円~十数万円のお金が必要になります。これだけの大金を現金で用意するのは、貯金が有る人でもかなりの痛手ですよね。

車検費用はクレジットカード払いが可能

車検サービスを提供している業者の多くは、車検費用のクレジットカード払いに対応しています。高額な車検費用でも現金を用意せずに済むわけです。もちろん、分割払いも可能です(手数料は発生しますが)。

さらに、クレジットカードのポイントも溜まります。例えば、10万円の車検費用を還元率1%のクレジットカードで支払えば、1,000円分のポイントが付与される事になります。

クレジットカード

ただし、ほとんどの業者は「法定費用」を現金払いとしており、「整備費用等」だけをクレジットカード払い可能としています。例えば、「車検のコバック」のクレジットカード払いに対する質問の回答は以下の通りです。

コバックのクレカ払いについて(出典:車検のコバック

なぜなら、法定費用を業者が立て替え払いする事になるからです。

経営面から考えると、車検業者はクレジットカード会社に差し引かれる手数料分損をする事になります。例えば、60,000円立て替えたとしても、クレジットカード会社の手数料5%(一例です)が差し引かれてしまい、3,000円損する事になります。この損失にクレジットカード払いをする人数を乗じるわけですから、かなりの痛手と言えます。

また、法律面から考えると、自賠責保険料の立て替えは保険業法に抵触する恐れが有ります。保険業法300条1項五号で「特別の利益を提供する行為」は禁止されています。自賠責保険料の立て替えはこの禁止事項に該当する可能性が有るためです。

このような事から法定費用は現金払いとなっているわけですね。

実際は法定費用もクレジットカード払いが出来る業者が多い

上記の通り、建前上法定費用は現金払いの業者でも、実際には法定費用も含めてクレジットカード払いがOKな所も多いです。

そのため、車検費用をクレジットカード払いにしたい場合は、全額クレジットカード払いOKな業者を探すようにしましょう。

クレジットカード払い可能な業者の見つけ方

車検を安くする方法」の記事で紹介したように、カーセンサー等のサイトでは住所付近の車検業者を検索する事が出来ます。この際に絞込検索で「クレジット可」をチェックして、クレジットカード払い可能な車検業者を見つけて下さい。

クレカ払い検索(出典:カーセンサー

ただ、一覧で表示された業者が法定費用もクレジット払いが可能かどうかは分かりません。そのため、車検費用全額をクレジット払い可能かどうかを直接確認するようにして下さい。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

EPARK車検で比較!

最大82%オフの車検