車査定マニア
クレジットカードを載せたタイヤ

クレジットカードを載せたタイヤ

車検費用高すぎ・・・!!そんな払うお金ないよ!

という人はクレジットカード払いを利用してみてはいかがでしょうか。法定費用も含めてクレジットカード払いできるところもあるので、全ての車検費用を分割払い可能ですよ。

⇒カーセンサーで分割払い可能な業者を探す人はこちらから>>

車検は2年に1回訪れるイベントですが、ドライバーにとっては喜https://ad2.trafficgate.net/t/r/2/5300/282052_351555/ばしいイベントではありませんよね。本当、車検費用は高いですから・・・。

ちなみに、車検費用を一番安くするにはユーザー車検です。車検手続きを1から10まで自分で行う代わりに費用は安くなります。

しかし、運輸局での支払い方法は現金払いのみです。具体的に言えば数万円の重量税と自賠責保険、そして2,000円弱の検査手数料を現金で用意しなければなりません。車検を受ける時にまとまったお金が無い人は、ユーザー車検を受けるのは難しいです。

そこで、車検費用のお金が無い人はガソリンスタンドやディーラーなどに車検を依頼して「クレジットカード払い」を利用しましょう。ポイントも溜まるし、分割払いも可能です。

以下、車検費用の内訳やクレジットカード払いが可能な業者の探し方などを見ていきます。

市場に出回っていない中古車を探す裏技

なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

車検費用の内訳は?

車検費用は「法定費用」と「整備費用など」に大別されます。それぞれに含まれる費用は以下の通りです。

  • 法定費用・・・自動車重量税、自賠責保険、印紙代(検査手数料)
  • 整備費用等・・・整備費用、部品代、車検代行手数料

「法定費用」は、車種によって異なりますが、金額は固定化されています。一方、「整備費用等」は依頼する業者や車の状態によって変動します。詳しい金額については以下の記事を参考にして下さい。

車検費用の内訳とディーラーや整備工場等に頼む場合の費用相場

車検費用

これらの費用を合計すると、1回の車検で概ね数万円~十数万円のお金が必要になります。これだけの大金を現金で用意するのは、貯金が有る人でもかなりの痛手ですよね。

車検費用はクレジットカード払いが可能

車検サービスを提供している業者の多くは、車検費用のクレジットカード払いに対応しています。高額な車検費用でも現金を用意せずに済むわけです。もちろん、分割払いも可能です(手数料は発生しますが)。

さらに、クレジットカードのポイントも溜まります。例えば、10万円の車検費用を還元率1%のクレジットカードで支払えば、1,000円分のポイントが付与される事になります。

クレジットカード

ただし、ほとんどの業者は「法定費用」を現金払いとしており、「整備費用等」だけをクレジットカード払い可能としています。例えば、「車検のコバック」のクレジットカード払いに対する質問の回答は以下の通りです。

コバックのクレカ払いについて(出典:車検のコバック

なぜなら、法定費用を業者が立て替え払いする事になるからです。

経営面から考えると、車検業者はクレジットカード会社に差し引かれる手数料分損をする事になります。例えば、60,000円立て替えたとしても、クレジットカード会社の手数料5%(一例です)が差し引かれてしまい、3,000円損する事になります。この損失にクレジットカード払いをする人数を乗じるわけですから、かなりの痛手と言えます。

また、法律面から考えると、自賠責保険料の立て替えは保険業法に抵触する恐れが有ります。保険業法300条1項五号で「特別の利益を提供する行為」は禁止されています。自賠責保険料の立て替えはこの禁止事項に該当する可能性が有るためです。

このような事から法定費用は現金払いとなっているわけですね。

実際は法定費用もクレジットカード払いが出来る業者が多い

上記の通り、建前上法定費用は現金払いの業者でも、実際には法定費用も含めてクレジットカード払いがOKな所も多いです。

そのため、車検費用をクレジットカード払いにしたい場合は、全額クレジットカード払いOKな業者を探すようにしましょう。

クレジットカード払い可能な業者の見つけ方

車検を安くする方法」の記事で紹介したように、カーセンサー等のサイトでは住所付近の車検業者を検索する事が出来ます。この際に絞込検索で「クレジット可」をチェックして、クレジットカード払い可能な車検業者を見つけて下さい。

クレカ払い検索(出典:カーセンサー

ただ、一覧で表示された業者が法定費用もクレジット払いが可能かどうかは分かりません。そのため、車検費用全額をクレジット払い可能かどうかを直接確認するようにして下さい。

⇒カーセンサーで分割払い可能な業者を探す人はこちらから>>

【期間限定】楽天車検なら最大1,600ポイントがもらえる!

楽天車検」なら、ネットでお近くの優良店舗が探せられる!楽天が店舗を厳しく審査で安心。
さらに楽天車検なら1,600ポイントがGETできてお得。
どうせ同じ車検を受けるならお得にしたいですよね。

ちなみに私も楽天車検を利用して
・車検費用 →「5.2万円→4.5万円」
・楽天ポイント → 1,600ポイントGET
でとってもお得に車検を受けられました。

最大1,600ポイントがもらえる!
車検を受けるなら楽天車検がお得

【裏技】愛車の相場が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
営業電話なし、最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。
もちろん相場を知るだけでもOK!

愛車の相場を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ