車査定マニア
整備工場

街中を歩いていると、民間の自動車整備工場をよく見かけますが、整備工場には「認証工場」と「指定工場」が有る事を知っていますか?

整備工場

ここでは、それぞれの違いや特徴などについて見ていきましょう。

違いは車検の方法!

認証工場(認証整備工場)も指定工場(民間車検工場)も共に国に認められた整備工場で有る事には変わり有りません。両者の最も大きな違いは、車検の方法に有ります。

認証工場

自動車の分解整備を行おうとしている業者が地方運輸局長の認証()を受けた場合、その工場を「認証工場」と呼びます。

道路運送車両法第78条第1項

認証を受けた工場は、以下のプレートを掲示しています。

分解整備

(画像参照元:国土交通省

認証工場は、自分たちの工場で車検をする事が出来ません。客から車を預かった後、必要な整備をした上で運輸支局や車検場に車を持ち込んで車検を受ける事になります。

指定工場

上述した認証工場のうち、設備や技術、管理組織などについて国の定めた基準を満たしている工場は、申請をする事で地方運輸局長から「指定自動車整備事業」の指定()を受ける事が出来ます。そして、この指定を受けた工場の事を「指定工場」と呼びます(民間車検場とも呼ばれます)。

道路運送車両法第94条の2第1項

指定を受けた工場は、以下のプレートを掲示しています。

自動車整備

(画像参照元:国土交通省

指定工場は、車検場と同じ検査ラインを有しています。そして、工場で客から預かった自動車の点検整備を実施し、検査員が検査を行った結果、問題が無ければ保安基準適合証を発行します。この適合証を運輸支局や車検場に提出すれば、自動車を持ち込まなくても車検が終了します

参考:ディーラーや車検専門のお店は、その殆どが指定工場です。

工場数の推移

指定工場と認証工場の大きな違いは、「車検の方法」である事が分かりました。では、それぞれの工場は全国にどれくらい有るのでしょうか?平成元年からの5年毎の推移を見てみましょう。(参照元:国土交通省

 認証工場指定工場
平成元年81,79220,004
平成5年83,21220,957
平成10年86,21925,585
平成15年88,62728,278
平成20年91,28629,081
平成25年92,13529,612
平成27年92,15629,863

認証工場は指定工場よりも作るのが簡単なので、数も圧倒的に多いですね。また、どちらの工場も平成元年からの推移を見ると、少しずつ増加傾向に有りますね。

どちらがオススメ?!

認証工場と指定工場では、どちらに頼んだ方が得とか損とか有るのでしょうか?

仕事の質

上述した様に、指定工場は認証工場の中でも国の定める基準をクリアした工場が指定を受ける事が出来ます。従って、認証工場よりも設備が整っていますし、自動車検査員という国家資格を持った方も在籍しています。

サービスの質

また、業務上のルールを国土交通省が定めており、検査基準に満たない車を車検に通したりすると営業停止(行政処分)となる事も有るので、認証工場よりもしっかりとしてサービスを提供してくれる、と考える事も出来ます。

しかし、認証工場でもしっかりとしているところはいくらでも有ります。サービスの質は認証工場か指定工場かではなく、その会社の風土や整備士の能力などに左右されますからね。

時間・金額

認証工場は検査ラインを持っていないので、毎回車検場まで車を持って行かないといけないですし、検査に落ちると再検査を受ける必要が有ります。従って、車検には最低でも2〜3日程度はかかります。また、費用も安く済む事が有ります。

指定工場は検査ラインを持っているので、認証工場よりも素早い車検が可能です。早い場合は1時間もかからない事も有ります。価格については、ディーラーや車検専門店などで大きく異なるので一概に安い・高いとは言い切れません。

結論的には、どちらかが必ず得と言った事は有りません。いくつか業者を比較して選んだり、自宅からの距離など自分の都合も考慮して選ぶのがベストですね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

EPARK車検で比較!

最大82%オフの車検