車査定のマニア
車検

「車検」という単語を聞くだけで憂鬱になる人は多いのではないでしょうか?車検費用は決して安く有りませんからね。なるべくなら車検無しで車を利用したいところです。

しかし、車検制度には立派な役割が有り、定期的に受ける必要が有ります。

今回は車検について「制度の役割」や「種類」「有効期間」について紹介します。

自動車検査制度の役割

自動車検査制度には主に2つの役割が有ります。それは「安全の確保」と「公害の防止」です。車検ではこの2つの観点から車をチェックする事になります。

その基準となるのが、道路運送車両法で定められている「保安基準」です。自動車の各装置についてのより詳細な内容は「告示」によって定められています。

もし、車検時に基準に適合していなければ、車検証は交付されず、公道を走行出来なくなります(車検に通れば走行可能です)。

車検

また、車を使用する限り、定期的な車検をユーザーに義務付けています。自動車は使用又は経年によって各装置が磨耗・劣化していきます。そのため、定期的に車検を受ける事で「安全の確保」と「公害の防止」を制度的に担保しています。

ただし、車検は車検時に安全基準に適合している事を証明する手続きです。次回の車検までの安全性を証明する物では有りません。日常点検や定期点検を怠らないようにしましょう。

自賠責保険

なお、自動車検査制度には付随的な役割も有ります。それは歩行者などの「交通弱者」を保護する役割です。

車検には自賠責保険の契約が必須です。これにより無保険車を減らし、補償をほとんど受けられない被害者を減らす事が出来ます。

車検の種類

車検には主に4つの種類が有ります。

  • 新規検査
  • 継続検査
  • 構造等変更検査
  • 予備検査

これらの他に「臨時検査」も有ります。

新規検査

新規検査は、「新車」と「一時抹消登録をした中古車」が受ける検査です。ナンバープレートの付いていない車が対象と言えますね。

新車と区別するために「一時抹消登録をした中古車」が受ける車検を「中古車新規」と言います。

検査を受ける場所は、住所地を管轄する運輸支局等です。

継続検査

継続検査は車検の有効期間を更新する車が受ける検査です。車検切れであってもナンバープレートが付いていれば、継続検査を受ける事になります。

一般的に「車検」と言えば、この継続検査を指します。

継続検査はどこの運輸支局等でも受ける事が出来ます。

構造等変更検査

構造等変更検査は、車両のサイズや用途、形状などを改造した場合に受けなければならない検査です。購入した車をそのまま利用する人には関係の無い検査です。

検査を受ける場所は、住所地を管轄する運輸支局等です。

予備検査

予備検査には2つの意味が有ります。1つ目は、一時抹消登録をした車を車検だけ通す手続きです(登録は行いません)。交付されるのは車検証ではなく、自動車予備検査証(有効期間3カ月)です。

ネットオークションや個人売買などで「予備検査付き」として最低限の信頼を担保させるために受ける手続きです。

予備検査

もう1つは、運輸支局近辺に有る民間の予備検査場で受けるテストです。ユーザー車検などを受ける人が運輸支局での本番前に予備検査場でテストを行います。不適合箇所が発見されれば、そこで整備をして本番に挑む事が出来ます。

ただし、本番に必ず通る保証は有りません。あくまでテストです。

車検の有効期間

車検の有効期間は以下の通りです。

車種・用途別初回2回目以降
普通車
(乗用)


3年


2年
軽自動車
(乗用)
二輪自動車
(250㏄超)
軽自動車
(貨物)

2年

2年
大型特殊等
レンタカー
2年

1年
貨物自動車
(8t未満)
バス・タクシー
1年

1年
貨物自動車
(8t以上)

家庭で乗用する普通車や軽自動車の車検期間は、新車時が3年間で、以後2年間となっています。

車検切れの状態で運転すると重い罰則が適用されるので、運転前には車検の有効期間を必ずチェックして下さいね。

車検切れの車を運転した場合の罰則(罰金と違反点数)

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

EPARK車検で比較!

最大82%オフの車検