車査定のマニア
闇車検

「闇車検」って聞いた事は有りますか?「裏車検・ペーパー車検・違法車検」とも呼ばれます。あまり耳慣れない言葉ですが、悪い行為であろう事は容易に想像出来ますよね。事実、闇車検は違法行為です。

現在、闇車検に対する取り締まりが強化され、その数は減少したと言われています。しかし、「闇」の中で密かに行われるため、おそらく今もなお毎年数百台いや数千台は闇車検を受けていると思われます(個人的推測です)。

では、この闇車検とはどういったものなのでしょうか?

:闇車検は違法行為です。絶対やってはいけません。

闇車検とは

闇車検とは、通常の車検には通らない車を、不正改造や整備不良などで車検に合格させる不正行為の事をに言います。

正常な車に対して整備・検査をせずに車検証を発行するパターンも有ります。もちろん、これも不正行為です。

闇車検

正規の車検では、道路運送車両法に規定されている「安全基準」を満たすように点検・整備をし、検査を受けます。検査に合格すれば書類手続きをして車検証が発行されます。逆に、検査に不合格であれば、再点検・整備、そして再検査となります。

闇車検では、正規の車検で行われる点検・整備・検査は一切行われません。検査に合格したとして、書類手続きのみが行われ車検証が発行されます。そのため、どんな車でも車検を通る事が出来ます。

悪徳業者によっては、車検証代わりになる「保安基準適合標章」を数分で発行する場合も有ります(後で車検証を交付)。

では、どこで闇車検が行われているのでしょうか?

闇車検が行われる場所

闇車検が行われる場所は、一部の指定整備工場です。指定整備工場は民間車検場とも呼ばれています。

指定整備工場とは、認証整備工場のうち車の整備や車検に必要な設備が有り、国家資格である「自動車検査員」が複数名在籍し、国(運輸支局)から指定を受けた工場を指します。

指定整備工場では、車検の検査自体は工場内で完結するので、運輸支局に車を持ち込む必要が有りません。運輸支局で行うのは、書類の手続きのみです。そのため、運輸支局が現車を確認する事は有りません。

こういった仕組みを利用して、一部の指定整備工場で闇車検が行われているのです。

闇車検の費用の相場

闇車検は、整備・検査を一切行わず、運輸支局にて書類手続きをするだけです。書類手続きに必要な手数料は、普通車の場合1,800円です(申請書代や交通費など含めるともう少しかかります)。しかし、この手数料が闇車検の相場になるわけでは有りません。

闇車検の報酬

闇車検は違法行為です。工場側はリスクを負う事になります(もちろん、依頼した側もリスクを負います)。そのため、書類手続きに必要な手数料とは別に「闇車検に対する報酬」が発生します。

闇車検の費用の相場は、数万円~十数万円と言われています。ただ、相場というよりかは、各業者の言い値となるでしょう。1つ言える事は、書類手続きに必要な手数料と比べると、かなり高額な金額を請求される事は間違い有りません。

闇車検の罰則

闇車検を行った事による罰則の対象者は以下の通りです。

  • 指定整備工場
  • 整備工場代表者
  • 自動車検査員
  • 車検依頼者

以下紹介する全ての罰則を必ず受けるわけでは有りません。あくまで可能性の話です。

罰則

全対象者に共通する罰則内容は以下の通りです。

  • 不正車検(道路運送車両法第94条の五の4項)・・・1年以下の懲役若しくは50万円以下の罰金又はこれらの両方(同法第107条二号)
  • 虚偽公文書作成・行使(刑法第156条・第158条1項)・・・1年以上10年以下の懲役(同法第155条1項)

また、上記の他に指定整備工場・代表者・自動車検査員は、「加重収賄(刑法第197条の三)」により1年以上の有期懲役の罰則を受けます。これに対し依頼した側は「贈賄(同法第198条)」により3年以下の懲役又は250万円以下の罰金となります。

なお、民間の指定整備工場やその代表者、自動車検査員などは「公務員」とみなされるので、公務員に関する公文書や収賄などの刑法の罰則が適用されます(道路運送車両法第94条の七)。

罰金

その他、指定整備工場は以下のような罰則を受けます。

  • 3カ月以下の業務停止命令又は認証の取り消し(道路運送車両法第93条)
  • 6か月以下の車検業務の停止命令又は指定の取り消し(同法第94条の八)
  • 行政処分として工場名や処分内容などを2年間公表(行政処分の公開情報は国土交通省にて検索可能)

そして、自動車検査員は以下のような罰則を受けます。

  • 指定整備工場での職の解任(同法第94条の四の4項)
  • 欠格期間(解任から2年間)(同法第93条の四の5項)

これだけの罰則が規定されているわけですから、軽い気持ちで闇車検に手を出すものでは有りません。バレた時の事を考えたら・・・恐ろしいですね。

なぜバレるのか?

闇車検では、運輸支局などが現車を確認しない上に、書類上は通常の検査が行われた事になっています。そう考えると、闇車検で有る事がバレないように思えますよね。

なぜバレる?

しかし、以下のような理由で闇車検で有る事がバレてしまいます。

  • 競合他社や従業員、闇車検を受けた人の知人などの通報
  • 警察の内定調査
  • 闇車検を受けた車両が事故・違反をして、そこから警察の捜査を受ける 等

意外と単純な理由で闇車検はバレてしまうものです。バレる可能性は十二分に有ると考えておいた方が良いでしょう。そもそも違法行為ですからバレるバレないの話では無いですけどね。

闇車検の摘発事例

闇車検は実際に行われており、そして警察に摘発もされています。

例えば、2015年1月には兵庫県の自動車整備会社が加重収賄などの疑い追送検されています。この業者は過去に計6,153台の闇車検をしていたそうです。依頼した人も贈賄などの疑いで書類送検されています。(参考:産経WEST

元記事が削除されているためWEBアーカイブのリンクを貼っています。

闇車検を受けた時はバレないかもしれませんが、上記の摘発事例のように、いずれ摘発されると考えておいた方が良いです。必ず正規の車検を受けるようにしましょう。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

EPARK車検で比較!

最大82%オフの車検