車査定のマニア
中断

自動車保険の等級は、無事故であれば毎年1個ずつ上がって行きます。そして、等級が上がれば保険料が下がるので、等級は出来れば手放したくはないですよね。

しかし、「廃車にする」「海外駐在になる」「出産するので当面運転しない」といった理由で、車が不要になる事が有ります。自動車保険は、解約すると等級がリセットされてしまい、再度自動車保険を契約した時にまた6等級からスタートしなくてはなりません。

そこで、等級を引き継ぐ事が出来る「中断証明書」というものが有る事を知っていますか?一定の条件を満たして、中断証明書を発行してもらえば再び自動車保険の契約をする時に、中断時の等級を引き継ぐ事が出来るのです。

ここでは、等級の引き継ぎが出来る中断制度について見ていきましょう。

中断証明書の手続きや条件は、保険会社によって異なることが有ります。ここでは一般的な内容を紹介しますので、詳細は各保険会社に問い合わせる様にして下さい。

中断

等級は10年間維持出来る!

長期にわたり車が不要になった為に、自動車保険を解約する事になった場合、一定の条件や手順をクリアして中断証明書を発行すれば、最長10年間等級を維持する事が出来ます。

なお、冒頭で書きましたが、中断手続をしなかった場合は6等級からのスタートとなります。現在の等級が6より低い場合、中断すると低い等級が引き継がれてしまい、かえって損をしてしまいます。従って、中断手続は現在の等級が7以上の方がする必要が有ります。

妊娠を機に車に乗らなくなる方もいますが、車が残っているのであれば基本的には中断証明書は発行して貰う事は出来ません。

但し、アクサダイレクトやあいおいニッセイ同和損保の様に、一部の保険会社では妊娠を理由に、中断証明書が発行出来る事が有ります。

中断証明書を発行する為の条件

中断が認められて保険等級が引き継げる様になるには、満期日・解約日までに以下のいずれかの条件を満たす必要が有ります。

条件

  • 廃車、他人への譲渡、(リース業者への)返還がされている
  • 車検証の有効期限を迎え、車検を受けていない
  • 自動車の(一時)抹消登録を完了している
  • 車両が災害や盗難により滅失している
  • 契約自動車が他の車両と車両入れ替えされている

なお、海外渡航の場合は上記の条件を満たす必要は有りませんが、満期日・解約日が出国日から6ヶ月遡った日以降である必要が有ります。

例えば、海外渡航したのが保険の解約日から8ヶ月後といった場合には、中断証明書は発行して貰う事が出来ません。

申請に必要な書類

中断証明書の発行申請には、以下の書類が必要となります。

  • 中断証明書発行依頼書 (
  • 中断前の保険証券の写し
  • 保険契約をしていた車を、廃車・譲渡・返還した事を証明する書類

:保険会社に電話で依頼するか、会社のHPから入手出来ます。

手続きが出来る期間

中断証明書の申請が出来るのは、保険契約の満期日・解約日から13ヶ月以内です。この間に中断証明書の発行を受けないと、等級がリセットされてしまうので忘れずに手続きしましょうね。

中断後、保険を再開する為の条件

中断証明書が発行されたとしても、再度自動車保険に加入する際に必ずしも中断証明書が使えるとは限りません。

中断証明書を使って保険を再開するには、以下の条件を満たす必要が有ります。

  • 中断日から、新しい自動車保険の契約開始日までの期間が10年以内
  • 新しい車を取得してから1年以内の保険加入
  • 海外渡航の場合、新契約の始期日が出国の翌日から起算して10年以内で、かつ帰国日の翌日から1年以内
  • 中断前後で車の所有者・被保険者が同一(
  • 中断前後で車の用途・車種区分が同一

:配偶者・同居の親族は「同一」とみなされます。

中断証明書は、一部の共済保険を除き、中断前後の保険会社が同一である必要は有りません。日系や外資系、通販型や店舗型なども関係無く加入する事が出来ます。

再開に必要な書類

保険契約を再開する際には、以下の書類が必要となります。

  • 中断証明書
  • 車検証の写し等、新しく取得した車である事が確認出来る書類

中断証明書を紛失した場合

中断証明書は、保険契約を再開するまで必要なので、最長で10年程度保管しなければならない可能性が有ります。それだけ長期間になると途中で紛失してしまう事も有りますよね。しかし、心配は要りません。中断証明書は紛失しても発行した保険会社や代理店に電話をすれば、簡単に再発行をして貰う事が出来ます。

但し、再発行にも時間はかかるので、余裕をもって再発行手続をしましょうね。

家族間の等級引き継ぎも可能!?

中断証明書は本人しか使えない、という訳では有りません。上の条件のところで説明した様に、配偶者や同居の親族であれば、等級の引き継ぎをする事が可能です。

同居の親族

配偶者や同居の親族が等級の引き継ぎが出来るというのは、メリットが有りますよね。

例えば、高齢になって車にもう乗らないという方が20等級だった場合、中断証明書を取得しておけば、子供が新しく加入する際に20等級からスタートする事が出来るので、保険料を非常に安くする事が出来るのです。

本人がもう車に乗らないとしても、配偶者や同居の親族が新しく車を購入する可能性が少しでも有るのであれば、中断証明書は迷わず貰っておいた方が良いでしょう。

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の一括見積

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら