車査定のマニア
即日加入

自動車を購入したものの「任意保険の手続を忘れたまま納車日当日になってしまった」という事態に遭遇する方がたまにいます。

忘れた

自賠責保険は登録(車検)時に強制加入となっており、通常はディーラーで何かしらの手配をしてくれるので、加入し忘れるという事はまず有りません。

しかし、任意保険は入るかどうかは自由ですし、最近は代理店型とダイレクト型で大きく保険料が異なるので、自分自身で保険会社を選ぶという方も増えて来ています。

任意保険に加入しようと思っていたのに、手続を忘れていた事に気付くと結構焦りますよね。当日申込みですぐに補償が有効となる様な保険は有るのでしょうか?以下で見ていきましょう。

ダイレクト型自動車保険は×

最近は、保険料が安く見積もりもネットで簡単に取る事の出来るダイレクト型自動車保険が人気です。ネットで簡単に契約手続が出来るので、即日加入も出来そうな気がしますよね。

しかし、ダイレクト型自動車保険では翌日以降(最短で契約翌日の午前0時から)を始期に出来るのみで、即日加入は出来ません。

ダイレクト型

これは、保険金詐欺(不当請求)を防ぐ目的が有ると考えられています。無保険の方が事故を起こし、事故の直後にスマホやパソコンからネットで保険契約の申込をし、手続が終わってから警察を呼べば保険が適用されてしまう可能性が有りますからね。

従って、どうしても当日に保険に加入しなければならない、という方は代理店型の自動車保険に加入する事になります。

:ダイレクト型自動車保険でも契約自体は当日出来ますが、補償が開始される(保険始期)のが翌日以降という意味です。

即日加入する方法(代理店型)

自動車保険は、保険始期日に補償が有効となります。保険の始期日は任意の日(原則は契約の翌日以降)に設定出来ますが、始期日までに申込・保険料の払込・保険会社の手続が完了している必要が有ります。

そして、上述した様にダイレクト型自動車保険では翌日以降しか保険加入が出来ませんが、保険代理店で契約をすれば当日加入が可能です。保険の代理店には契約締結の決定権が有るので、契約書を書いて押印すればその場で契約が成立するのです。

即日加入

なお、現金が用意出来ていなくても保険料はクレジットカードや口座振替でも支払う事が出来るので心配有りません。但し、担当者がすぐに訪問してくれるとは限らないので、こちらから出向かなければならない事が有る点については心積もりをしておきましょう。

また、車を新しく買った方であれば購入したディーラーでも保険に当日加入する事が出来ます。殆どの場合、自動車のディーラーは損害保険の代理店を兼ねているので素早く手続をしてくれるでしょう。

:小規模の販売店の中には、代理店業務はしているけどすぐに見積りを出す事が出来ない、という場合も有ります。この様な場合は、即日加入は出来ない可能性が有ります。

最後に、商店街やショッピンセンターなどで良く見かける保険ショップで加入しても、即日で補償が有効となります。

但し、保険ショップは個人契約の生命保険を販売している事が多いので、自動車保険の場合は即日加入が出来るとは限りません。予め電話等で問い合わせておいた方が良いでしょう。

いずれの場合も、契約には車検証が必要なので絶対に忘れない様にしましょうね。

当日加入出来ない場合

どうしてもダイレクト型自動車保険に加入したい、近所に保険代理店が無いといった理由で当日加入が出来ない場合、車の運転はどうすれば良いでしょうか?

運転

任意保険に加入せずに運転したからといって、交通違反となる訳では有りません。従って、無保険で運転しても事故を起こさなければ問題自体は有りません。しかし、保険はもしものときの為に備えるものです。無保険の状態で納車日を迎える場合は、納車を別の日に変更してもらった方が良いでしょう。

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の一括見積

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら