【FP執筆】車両保険との違いは?何があっても絶対に付けるべき「対物保険」を簡単に解説

 
心の声

自動車保険の「対物保険」ってなんなの?つけなくても大丈夫?はずしていいなら外したいのだけど・・・

対物保険(対物賠償保険)とは事故で他人の車や家屋などに損害を与えた場合に、発生してしまった損害を回復するために必要なお金を補償をしてくれる保険のこと。

自動車保険は補償する内容を少なくすれば安くなる仕組みのため、ちょっとでもムダなモノは削りたいもの。

対物保険もムダなものなら外したい、と思いますよね。

しかし実は、対物保険は何があっても絶対に付けるべきことをご存知でしたでしょうか?

もし、この事実を知らなければ、対物保険を外したまま事故で他人の車やモノを壊し、一生支払いきれない賠償金を請求されていたかもしれませんよ?

しかし、ご安心ください。今回の記事では、あなたが知るべき「対物保険」の必須知識を解説していきます。

「なぜ対物保険は外すべきではないのか」という理由についても解説していくので、対物保険について気になる人は、必見の内容となっていますよ。

ぜひ最後までご覧ください。

【裏技】同じ保証プランなのに「5万以上」も安くなった人たくさん

保険スクエアbank!」なら、一度の申し込みで最大19社から見積もりハガキが届く。
自動車保険は同じ保険プランなのに、保険会社によって値段がマチマチ・・・
同じ保証なのに、5万以上安くなった人もたくさんいます。

実際に私も「12万円→5万円」になりました!

保険スクエアbang!公式サイト

スポンサーリンク

対物保険(対物賠償保険)とは?車両保険との違いは?

車両保険との違い

対物保険とは事故で他人の車や家屋などに損害を与えた(対物事故を起こした)場合に、発生してしまった損害を回復するために必要なお金を補償をしてくれる保険のこと

対物保険は任意であり、絶対にセットしなければならないわけではありません。

なお、対物保険と一緒くたにされやすいのが、「車両保険」です。違いとしては以下のとおり。

交通事故の「相手」の「自動車・物」に対する損害の補償であるのに対し、車両保険はご自身のご契約の「自動車」の損害の補償となります。
対物賠償責任保険のみではご自身の自動車の損害は補償されませんので、車両保険のご加入をおすすめします。
※出典:「損保ジャパン日本興亜」より

早い話、車両保険は”自分の車”を直すもの、対物保険は”相手の車や壊したモノ”を直すものです。

誤解を恐れずに言えば、自分を守るか相手を守るかという違いがあるとイメージすると、わかりやすいのではないでしょうか。

支払われる金額は基本的に「無制限」

対物事故は賠償が高額になります。そのため、多くの保険会社では対物保険金額を「無制限」に設定しています。

具体的な支払い事例としては、以下の通り。

トラックが踏切内で脱輪してしまい電車と衝突。
そのまま電車は脱線し近くの家屋に衝突した。
損害額:1億2,036万円
※出典:「おとなの自動車保険」より

もし対物保険をつけていなければ、請求された1億2,000万円の損害額を自分で支払わなければならないという末路が待っています。

考えただけで、ぞっとしませんか?私は絶対無理です…。

【総評】対物保険はつけておくべき?

協定保険価額

ここまでは対物保険で最低限おさえておくべき知識を解説してきましたが、中には「別に外しておいてもいいのでは?」と思う人もいるかもしれません。

しかし結論からいいますと、対物保険は絶対につけておくべきです。

車を運転するなら、あなたが加害者となる可能性も十分にあります。

そして加害者となれば、被害者に対する治療費・慰謝料・修理費用などの莫大な損害賠償が発生するでしょう。

対物保険がなければこれらの損害賠償に対応できません。人生をかけて支払っていくという末路も考えられます。

だからこそ、対物保険は絶対につけておきたい補償なのです。そして補償金額は「無制限」にするのがマストです。

無制限にしてもそこまで金額は変わらない

実は補償の額を「無制限」にしてもそこまで金額は変わりません

以下の前提条件を元に「ソニー損保」にて、対物保険9,000万円補償と、無制限の見積もりをとってみました。

見積もりの前提条件

・トヨタ「アクア」を対象
・1987年生まれの契約者だけが搭乗
・6等級
・ゴールド免許

ではまず、9,000万円補償をみてみましょう。

次に無制限の補償時の保険金額を見てみます。

なんと両者の違いは610円しかないことがわかりました。

610円をケチって後々事故を起こして後悔・・・なんて、ちょっともったいないですし、ナンセンスだと思いませんか?

高額賠償命令はすぐそこに

最近では1億円を超える賠償命令が次々と出されています。無制限で対応できないでしょう。

実際に対物保険を無制限していなかったせいで、自分の給料を被害者へ支払い続けている人もいます。

こうなってしまうと、他人のために生きているといえるでしょう。

こんな事態にならないためにも、必ず対物保険は無制限でつけておいてください

【補足知識】対物保険の金額が無制限でも全額補償されないことも

無保険事故での保障

解説してきた通り、自動車保険を契約する時は、「対物保険は無制限で入る」ことが必須です。

しかし、対物保険は無制限で契約をしていても全額補償されない場合があることを知っておいてください。

全額補償されない場合とは

「対物保険を無制限でかけているのに、いざ保険を使うと全額補償されなかった」という事例は、主に「相手の車の時価を超えて修理代が発生した場合」に発生します。

基本的に、対物保険は損害を与えた物の価値を補償するものですので、物の時価を限度として保険金が支払われます。

しかし、事故で被害を受けた車が年式の古いクラシックカーの場合は、部品の希少価値が高いことなどから、修理費用が本来の車の価値を超えて高額となることが。

上記の通り、時価を超えた部分については保険金が支払われないので、「高額な修理費部分について補償されない」という状況が発生してしまうのです。

ただし、民法上の規定によると損害賠償の必要があるのは「時価額」まで

つまり、法律上は保険金が支払われないからといって、加害者が負担する必要は必ずしも無いのです。

請求された時に備えて「対物超過修理費用特約」を付ける

払う必要はない、といっても請求はされます。相手も必死ですから、対応にはかなりのストレスが伴うでしょう。

そんな時に役立つのが、対物保険に付帯させる特約「対物超過修理費用特約」です。

「対物超過修理費用特約」とは相手の車に損害を与え、時価以上の修理費用がかかった場合に、時価と修理費用との差額分を保険金として支払う特約

被害者の立場からすると、被害を被っているのに「自分で修理費を負担しろ」と言われると納得いかないですよね。示談交渉も円滑に進みません。

しかし、対物超過修理費用特約を付帯させていれば、落ち着いて示談交渉に臨んでくれる事が期待出来ます。

対物超過修理費用特約に対して、支払わなければならない追加の保険料は、年間数百円程度です。

もしものときの「被害者救済と円滑な示談」のために、年間数百円を支払う価値があるかどうか、その点を考慮して特約を付けるかどうか決めましょう。

まとめ

今回は対物保険について解説してきました。何があっても絶対に付けるべきだと理解いただけたと思います。

もし、対物保険について気になっているのであれば、ぜひ今回解説した内容を参考にしてみてください。

以上「【FP執筆】車両保険との違いは?何があっても絶対に付けるべき「対物保険」を簡単に解説」でした。

【裏技】同じ保証プランなのに「5万以上」も安くなった人たくさん

保険スクエアbank!」なら、一度の申し込みで最大19社から見積もりハガキが届く。
自動車保険は同じ保険プランなのに、保険会社によって値段がマチマチ・・・
同じ保証なのに、5万以上安くなった人もたくさんいます。

実際に私も「12万円→5万円」になりました!

保険スクエアbang!公式サイト

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

ユーカーパック公式サイト


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

カーセンサー公式サイト

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA