車査定のマニア
自動車保険の解約

自動車保険の解約

車を売却したり新しい車に乗り換える際、加入している任意保険はどうしていますか?そのまま放ったらかしにしたり、深く考えずに解約したりしていないですか?

車の売却時や買替え時に必要な手続を怠ると、後々損をしてしまう事が有るので注意が必要です。

そこで、ここでは任意保険の解約や中断、乗換等の手続について見ていきます。

任意保険の解約と中断手続き(売る場合)

車を売却して、この先ずっと若しくはしばらくの間は車は持たない、という場合は現在加入している任意保険を解約する事になります。解約手続を忘れると、解約までの間の保険料を負担し続けなければならないので、忘れずに解約する必要が有ります。

なお、解約の手続は保険会社のカスタマーセンターなどに電話連絡をすれば出来ます。

そして、解約をするとタイミングによって金額は異なりますが、未経過の保険料を返還してもらう事が出来ます。

参考:解約返戻金は「解約日時点の年間保険料×(1−既経過期間に応じた短期料率)」という計算式によって算出されます。

自動車保険の解約

また、将来的に車に乗る予定が無い場合はただ解約手続をすればいいのですが、10年以内にまた乗るかもしれないという方は中断手続をする事をオススメします。

任意保険を解約すると、改めて任意保険の契約をした際にまた6等級からスタートになってしまいます。しかし、保険会社に連絡して中断手続をすると「中断証明書」をもらう事ができ、これが有ると最長10年間は現在のノンフリート等級を維持する事が出来るのです

車を手放す時は中断手続きを利用して等級を維持しよう

任意保険を解約する時点の等級が6以下の場合は、中断手続をする必要は有りませんが、等級が高い場合は中断手続の有無によって、再度加入する際の保険料が大きく異なるので、忘れずに手続する様にしましょうね。

なお、中断証明書は同居の親族であれば本人でなくても使用可能です。自分が今後車に乗る予定が無くても、同居している子供あるいは孫が車に乗る可能性が有るのであれば、取得しておいて損は有りませんよ!

任意保険の切り替え(乗り換える場合)

車を売って、新しく車に乗り換える場合は任意保険を解約する必要は無く、代わりに車両入替という手続をする事になります。

車両入替

任意保険は、保険証券に記載されている契約車両が補償の対象ですが、車両入替は契約車両を新しい車に変更する手続の事を言います。

車両入替をすると、元の車で契約していた条件のまま保険契約を引き継ぐ事が出来ます。しかし、この手続は怠ると新しい車での補償が一切受けられなくなる事も有るので、絶対に忘れない様に手続をする必要が有ります。

万が一納車日までに車両入替をしていなかったとしても、「被保険自動車の入替における自動担保特約)」が付帯されていれば、補償が受けられます。但し、納車後30日以内に入替手続する必要が有ります。

:保険会社によって呼び方は異なります。

なお、保険会社や代理店に連絡をして手続を進める()事になりますが、車種や年式、装備などによって任意保険の保険料は異なるので、保険料の精算が必要となります。

:保険会社によっては、ホームページから変更依頼の申込をする事が可能な場合も有ります。

自動車保険の乗り換えをする時は等級の引継ぎをしっかりと行う

保険の切替日の注意点(スムーズに保険を受け継ぐコツ)

車両入替をするタイミングとしては、「新しく入手した車が納車される前」というのが重要です。

車両入替の日

納車された後で車両入替をする場合は、手続が終わるまでは新しい車は補償対象外になる事があるので、運転は禁物です。

納車日は予めディーラーと話し合って決めるでしょうから、納車日直前を車両入替の日に設定すると良いでしょう。

なお、新しい車が納車される時点では元の車は手元には無い事が多いですが、もしまだ手元に有ったとしても車両入替後は補償が切れているので、運転しない様にしましょうね。

任意保険は車の査定に影響しない

車を買取り業者の査定に出す際に、「任意保険の契約の有無や契約期間等によって査定金額が異なるのか?」という疑問を抱く方がいる様です。

自賠責保険は、残存期間があれば次の購入者が引き継ぐ事が出来るので、査定額もプラスとなる可能性が有ります。(参考記事:車買取店へ売却した場合自賠責保険は戻ってくるのか

しかし、任意保険の契約は次の所有者に引き継がれません。車の売却後は解約され、次の購入者が自分で新たに契約をする事になるので、任意保険の加入の有無や契約内容によって査定額が影響を受ける事は無いのです。

まとめ

いかがでしたか?車を売却したり買い替えたりする場合には、任意保険の解約等の手続を忘れずにする必要が有る事が分かりましたね。

手続を忘れると、「補償が受けられない」「等級が引き継がれない」といった事態になりかねないので、ここでしっかりと必要な手続を抑えておきましょうね。

なお、愛車の売却を考えている方は、無料一括査定を利用して1社でも多くの買取り業者から査定を受けて、見積りをもらった方が良いですよ。最も高い買取り金額を提示して来た業者に売るのが一番お得です!

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の一括見積

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定