車査定マニア
タクシー

タクシー

自動車関係の仕事と言えば?すぐに思い浮かぶのは「タクシードライバー」だと思います。

駅前に長時間停車しているタクシーを見て、タクシードライバーの給料ってどうなっているんだろう?などと疑問に思った事は有りませんか?私もそのうちの1人で、タクシードライバーの労働条件についてちょっと調べてみたんです。

そしたら、ちょっと怖い話を書いているページを見つけたので、内容と共に紹介しますね(書いている内容が、本当かどうかはわかりませんが)。

参考サイト:知恵ノート-タクシー会社の実情

スポンサーリンク

労働基準法違反の完全歩合制の給与体系

全てのタクシー会社では無いようですが、法律違反の完全歩合制の給与体系で、タクシードライバーを雇っているタクシー会社があるようです。

完全歩合制とは、基本給与が0円で、タクシードライバーの売上に比例して給与を支払う給与体系です。お客をいっぱいつかまえれる人の給与は良くなりますが、全くつかまえれない人の給与は少なくなります(一生懸命働いても0円なんて事も)。

年金や保険料で給与がマイナスに

給与体系が完全歩合制の場合には、一生懸命働いても給与が0円になる可能性が有ります。当然、1ヶ月仕事を休めば給与は0円です。

0円で済めばまだ良いわけですが、年金や保険料も支払っている場合には、たとえ給与が0円でも「ドライバーが会社」に社会保険料を支払わなければならないみたいで、結果給与はマイナスになってしまいます。

理不尽なサービス残業

会社勤務のタクシードライバーは、会社所有の車両をローテーションで使用して働いています。車両をタクシードライバーで使い回しているわけです。

タクシー会社の中には、次の人に車両を渡す前に「燃料の補給」と「洗車・掃除」をルール化している会社が有るようです。このルール自体は有って然るべきものだと思います。

しかし、ルールを守る為の時間を、勤務時間に含んでいない会社も有ります。つまり、会社が決めたルールなのに、サービス残業となるわけです。

軽い自損事故でも罰金5万円

タクシー会社の中には、事故を起こしたら給与から一定額を引かれる制度を採用している所が有ります。

中には、僅かな傷を車両に付けただけで、罰金5万円を徴収するタクシー会社も有るようです。

個人の歩合を計算する際に消費税が先に引かれる

給与計算

タクシードライバーの歩合を計算する際に、水揚げから先に消費税が引かれてしまうようです。ドライバーの給与が減ってしまうわけですね。

「水揚げ」は、売り上げという意味です(タクシーの業界用語)。

例えば、10,000円の水揚げ、消費税800円(8%)、歩合20%だった場合には、消費税を引く順番によって以下のような差が出ます。

■消費税を先に引く
歩合は消費税を引いてから計算するので、10,000円-800円=9,200円の20%となります。

タクシードライバーの給与は、9,200円×20%=1,840円となります。

■消費税を引かない
消費税を引かずに歩合を計算するので、タクシードライバーの給与は、10,000円×20%=2,000円となります。

消費税を引くかどうかによって、160円の差がつきます。

会社勤務なのに、個人タクシーのような計算体系になっているわけですね。給与明細に消費税という項目があるのでしょうか。

まとめ

本当かどうかはわかりませんが、タクシードライバーの労働条件ってかなりきつそうですね。今度タクシーを利用した時は、タクシードライバーの人にいつも以上に優しく接したいと思います。

タクシー運転手に必要な資格と得られる給料・年収の話
個人タクシー開業に必要な資格と年収の話

スポンサーリンク