車査定のマニア
洗車機

ガソリンスタンドなどの洗車機を利用した際、車に傷が付いてしまったという経験をお持ちの人は結構居るんじゃないでしょうか。私もその一人です。車を綺麗にする行為が却って車を傷付けてしまう・・・これはかなりショックな事です。

今回は洗車機利用時の「洗車傷の原因」と「洗車傷を抑える方法」を紹介します。

洗車傷は洗車機自体に問題が有る?

洗車機を利用した時に出来る洗車傷の原因は「洗車機(性能やブラシ等)」に有る、と考える人もいるかもしれません。勢い良く車を擦るブラシを見れば、そう思うのも当然です。

しかし、最近の洗車機は車に傷を付けないように、スポンジブラシなどの柔らかいブラシを使用していたり、ブラシの動き方などを工夫しています。そのため、洗車傷の原因が洗車機自体に有る事はあまり有りません。

ただし、短期間に何回も洗車機を利用すると、車のボディコーティングを剥がれやすくしてしまう可能性が有ります。新車を購入したばかりの人は、愛車を綺麗に保つ為に洗車機を頻繁に利用してしまいがちですので、注意して下さいね。

では、洗車機を通すと洗車傷が出来てしまう原因は何なのでしょうか?

洗車傷の原因

洗車傷の原因はズバリ「砂埃」です。洗車機は最初に水洗いをしますが、その水量はかなり控えめです。自分の車のボディに、かなり砂埃が付着している場合、洗車機の水洗い程度では砂埃を完璧に洗い流す事は出来ません。

その後、洗剤が噴射されブラシが勢いよく回転を始めます。ブラシが砂埃と一緒に車体を擦り、その結果洗車傷が付いてしまうんです。

洗車機

あと、先に洗車機を通った車の砂埃がブラシに付着して、それに洗車傷が付いてしまう事も有ります。ただし、洗車機のブラシは回転による遠心力でブラシに付着した砂埃を吹き飛ばす自浄作用が有ります(完全に綺麗にはなりませんが)。

念の為、泥だらけの車や汚い車の後に洗車機を利用する事は避けた方が良いかもしれませんね。

前の車の砂埃が洗車傷の原因となる場合も有りますが、ほとんどの場合は自車の砂埃が洗車傷の原因です。そのため、洗車機を利用する前に砂埃を何とかしておいた方が良いでしょう。

洗車機で出来てしまう洗車傷を抑える方法は直前の「水洗い」

洗車傷の原因が「砂埃」である事が分かりましたね。となれば、洗車傷を抑える方法は至って単純です。洗車機に通す前に「水洗い」をするだけです。

水洗い

大量の水又は洗車場に有る高圧洗浄機で車体に付着している砂埃を洗い落としてから、洗車機に通すようにしましょう。高圧洗浄機能付きの洗車機を利用するのも有りです。

ちなみに、手洗いの時も同様に先に砂埃をしっかり落とす事が大切です。

【参考】洗車機を利用する時の注意事項

洗車機による洗車は手軽に短時間で済ませる事が出来るメリットが有りますが、以下のような注意点が有ります。

  • 隅々まで洗えない
  • 流し切れなかった洗剤によるシミが出来る事が有る 等

洗車機はブラシを回転させながら1、2往復するだけなので、隅々まで綺麗にする事は出来ません。凹凸の有る部分などの汚れは残ってしまう事が有ります。また、洗車機によっては、タイヤ・ホイールの洗車機能が無い所も有ります。

隅々まで洗えないわけですから、洗剤を綺麗に洗い流せない可能性も有ります。ボディの隙間に入り込んだ洗剤は、そこで凝固し、後日雨によって溶かされ流れ出てきます。これはボディには非常に良く有りません。筋状の跡が残ってしまう事も有ります。

手洗い洗車

以上のように、洗車機だけでは車を本当に綺麗にする事は出来ません。洗車機を利用する際は、洗車場にて自分の手で綺麗にする事も忘れないようにしましょう。

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら