車査定マニア
ekスペース

ekスペース(出典:三菱公式サイト

「広い室内空間」や「実用性の高い収納スペース」など、クラストップレベルの快適空間を演出している三菱の「eKスペース」。さらに、99%UVカットガラスを採用するなど、女性の事も配慮して開発されています。

搭乗者へのおもいやりが随所に施された「eKスペース」について、買取価格から見ていきましょう。

スポンサーリンク

中古車査定相場予想

(2015年8月14日 現在)

参考媒体形態価格(単位:万)
価格.com個人売買 *1121~146
カーセンサー買取相場128.7
Goo-net市場価格88.6~122.3

eKスペースの平均的な中古車査定相場は、90万~105万円と予想されます。(*2

*1 価格com-ヤフオク予想買取価格より。

*2 上記3媒体の「個人間売買」「実際の買取価格」「市場価格」から判断した予想額。

なお、上記は年代等を考慮していない車全体の平均買取価額の予想です

スペック

項目詳細
新車価格帯125万~156万
車種軽自動車
燃費24.6km/L〜26.2km/L
排気量660cc
エコカー減税取得税80%+重量税75% *1
乗員4人乗り
ドア数5ドア
全長×全幅×全高3395×1475×1775mm
パワーウェイトレシオ18.78kg/ps  *1

*1 グレードE(2WD)の場合

燃費について

eKスペースのカタログ燃費は24.6km/L~26.2km/Lとなっています。実燃費は17km/L~19km/Lといった所でしょう。

「渋滞時」や「発進・停止を繰り返す街乗り」では、おそらくもう少し悪い実燃費になると思われます。

ピックアップポイント

eKスペースの「これだけは抑えておきたい!」というポイントを紹介していきます。

■クラストップレベルの室内空間を演出■
室内長2235mm、室内高1400mmと、軽自動車の中では、クラストップレベルの室内空間を確保しています。また、後席のスライド幅も260mmとなっていて、こちらもクラストップレベルです。

さらに、軽自動車では初めて後席の空調を調節出来る「リヤサーキュレーター」を搭載しています(販売開始時点で初)。

他メーカーよりも遅れて、市場に投入された利点を活かし、他の軽よりも「良い(いい)軽」に仕上がっています。

■燃費性能はやや物足りない■
eKスペースよりも、先行して販売されている同タイプの軽自動車よりも、燃費性能が悪いのはやや物足り無い点です。

(カタログ値)

  • eKスペース・・・24.6km/L〜26.2km/L
  • タント・・・24.6km/L~28.0km/L
  • スペーシア・・・29.0km/L~32.0km/L

後発のメリットを活かして、燃費性能も同タイプの軽を凌駕して欲しかった所です。

■女性に嬉しい「99%UVカットガラス」■
日焼けから女性を守る「99%UVカットガラス」を採用。

また、後席には日差しを遮る「ロールサンシェード」が内臓されていて、まるで木陰にいるような感覚で快適に過ごす事が出来ます。

■最低限の収納スペース■
運転席・助手席だけではなく、後席にも500mlのペットボトルが収納出来る「ドリンクホルダー」が設置されています。

また、グロープボックスは車検証などを入れても、ティッシュの箱を収納出来るほどの広さが有り、最低限の収納スペースは確保されています。

eKスペースの変遷

eK(良い軽)シリーズのスーパーハイトワゴンタイプとして、2014年に販売が開始されました。

eKスペースは「三菱自動車」と「日産」の共同出資によって開発が行われ、日産では「デイズルークス」として販売されています。ただし、デイズルークスとは、モデル体系やエクステリアなど異なる点が多いです。

2015年4月には、ツートンカラーを設定するなど、細かい改良が行われました。

eKスペースの口コミ

良い口コミ

・「eKスペース」というだけあって、室内空間が広くて満足しています。

・個人的には三菱の自動車は「いかつい」外観が多いイメージだったけど、eKスペースの外観はとても「キュート」に仕上がっていて女の私も気軽に購入出来ました。

・車高が高いので、高さのある荷物も積み込めるのは嬉しい。


悪い口コミ

・新しい軽のモデルなのに、燃費が悪い。既に販売されていた他メーカーの軽の方が燃費が良いのは、三菱の技術力の問題??

・全高が高いので、横風やコーナリングで横に大きく振られてしまう。

・トール型の軽自動車全般に言えるけど、高さ制限で立体駐車場に駐車出来ない場合が有る。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス