車査定のマニア
ジューク

ジューク
<出典:favcars

日産のジュークは、俊敏なハンドリングが自慢のシティ派SUVです。スポーツカーとSUVのスタイルを組み合わせた様なデザインになっており、それに見合った走りを楽しむ事が出来ます。

標準モデルだけでなく、専用アイテムを充実させたパーソナライズパッケージや、走りを追究したNISMOなど多彩なバリュエーションがあるので選ぶのが楽しい車ですね。

以下でジュークの査定情報や口コミを見ていきましょう。

スポンサーリンク

中古車査定相場予想

(2015年7月30日 現在)

参考媒体形態価格(単位:万)
価格.com個人売買 *186~197
カーセンサー買取相場138.9
Goo-net市場価格170.8

ジュークの平均的な中古車査定相場は、84万~141万円と予想されます。(*2

*1 価格com-ヤフオク予想買取価格より。

*2 上記3媒体の「個人間売買」「実際の買取価格」「市場価格」から判断した予想額。

なお、上記は年代等を考慮していない車全体の平均買取価額の予想です

スペック

項目詳細
新車価格帯173万~343万
車種SUV
燃費12.6km/L〜18.0km/L
排気量1.498L&1.618L
エコカー減税不適合
乗員5人乗り
ドア数5ドア
全長×全幅×全高4135×1765×1565mm  *1
パワーウェイトレシオ10.52kg/ps  *1

*1 バージョン15RSの場合

燃費について

ジュークのカタログ燃費は12.6km/L〜18.0km/Lです。軽量なボディということもあって燃費はまずまずですね。車体価格自体が安いので、燃費性能と相俟ってお買い得感があります。

実燃費は街乗りで10〜12km/L、高速道路で13〜15km/Lといった感じです。NISMOは走りを追究したモデルなので燃費は期待出来ないですが、それ以外のモデルはSUVということを考えると決して悪くないですね。

ピックアップポイント

ジュークの是非抑えておきたいポイントを紹介します。

■後部座席が窮屈■
独特の形状がウリの一つでもあるのですが、それが原因で後部座席が窮屈になってしまっています。後部座席の足下スペースは狭く、頭上も狭いです。大人4人が乗ると結構辛く感じてしまいます。

■走りを楽しむ演出あり■
ドライブモードはノーマル・スポーツ・エコから選ぶ事が出来ます。また、インテリジェントコントロールディスプレイで走行モードが表示され、エコ度合い等が格好良くビジュアル化されるので、走りを楽しむ事が出来ます。

■走りも十分なレベル■
大径のタイヤにワイドなトレッドが備わっているので、コーナリングはスムーズにこなす事が出来ます。特に、自然吸気とターボの2種類エンジンが◎。また、SUVクラスの中ではボディが軽量で、市街地・高速道路のどちらでも快適に走る事が出来ます。

ジュークの変遷

日産のジュークは2010年6月に発売されたコンパクトクロスオーバーSUVです。フランスを始め、ヨーロッパや北米で人気の車種です。

SUVでより走りを楽しみたい人をターゲットに2013年にジュークNISMOが発売されました。

2014年7月に2度目のマイナーチェンジを行い、アラウンドビューモニター等がオプションに追加されました。

フルモデルチェンジは2015年7月時点ではされておらず現行が初代です。

ジュークの口コミ

良い口コミ

・最初見た時は車体が変な形だなぁと思いましたが、乗っている程に好きになって来ました。内装も独特のデザインで気に入っています。車体価格が割安なのもいいですね。

・ターボエンジンの力はやはり素晴らしいです。加速もスムーズなので高速道路での追い越し時も楽々ですし、コーナリング時も安定しているので安心して走ることが出来ます。

・ファミリーユースとしても趣味としても十分楽しめる車ですね。特に走りの面については大満足です。


悪い口コミ

・左右の窓の面積が狭くなっているからか、後方の視界は悪いですね。バックカメラが有っても不安に感じることがあります。

・インテリアが狭いことに加え、荷室も狭く、他のSUVと比べるとだいぶ収納能力は劣る気がします。また、後部のドアも小さいので乗り降りがし辛いです。

・サイドブレーキのレバーが助手席が側にあることに違和感を感じます。運転席側にないと、不便ですね。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス