車査定のマニア
bB

bB
出典:favcars

bBは、スタイルや音楽と連動して光るイルミネーションなどユニークで特徴のある、キャラクターが濃いトヨタのプチバン(コンパクトカー)です。

2014年に実施したマイナーチェンジで、安全性が一気に高まっているので、これからの飛躍に期待したい車ですね。

スポンサーリンク

中古車査定相場予想

(2015年7月10日 現在)

参考媒体形態価格(単位:万)
価格.com個人売買 *145~195
カーセンサー買取相場47.6
Goo-net市場価格70.4

bBの平均的な中古車査定相場は、35万~67万円と予想されます。(*2

*1 価格com-ヤフオク予想買取価格より。

*2 上記3媒体の「個人間売買」「実際の買取価格」「市場価格」から判断した予想額。

なお、上記は年代等を考慮していない車全体の平均買取価額の予想です

スペック

項目詳細
新車価格帯160万~184万
車種プチバン
燃費14.6~15.0km/L
排気量1.495L・1.297L
エコカー減税不適合
乗員5人乗り
ドア数5ドア
全長×全幅×全高3795×1690×1635mm  *1
パワーウェイトレシオ9.54kg/ps  *1

*1 バージョンZの場合

燃費について

JC08モードでのカタログ燃費は14.6〜15.0km/Lとなっています。他社の同クラス(ホンダフィットなど)と比べると燃費では見劣りしてしまいますね。

実走行では、街乗りでは10キロ前後、高速道路では14キロ前後とカタログ燃費に迫る勢いです。カタログ燃費とは近い点は良いのですが、そもそもの燃費自体はあまり良くないのが残念です。

ピックアップポイント

ここでは、bBの見逃したくない注目ポイントを厳選して紹介します。

■走りの良さで選ぶ車ではない
bBのコンセプトは「車型ミュージックプレイヤー」です。イルミネーションは音楽と連動して光ったり、車内に配備されたスピーカーなどは音楽を楽しみたい方にとっては最高の環境です。

しかしコンセプトが音楽にある為、走りに関しては悪くはないけど「普通」と言った感じです。力強さなどを求める方には向いていないですね。

■シートアレンジは○
前部座席を倒して、後部座席をリクライニングさせるとカウチソファの様になり「寛ぎ空間」を作り上げる事が出来ます。

また、後部座席はフラットに倒すことが出来るので、ロングスペースが確保可能。

■安全装備を改善
最近のマイナーチェンジで安全装備を見直し、改良がされました。例えば、横滑り防止装置(VSC)は、滑りやすい場所をセンサーが感知して、ブレーキとエンジン出力をコントロールしてくれます。

また、ディスチャージヘッドランプやLEDクリアランスランプを採用する事で、よりよい視界を確保し、対向車や先行車に配慮をしたライトとなりました。

bBの変遷

トヨタのbBは2000年2月に初代が発売されました。初代はヴィッツ、2代目はパッソをベースにして作られています。また、bBという名前は「ブラックボックス」から来ています。

2005年に2代目が誕生し、従来の1.3Lエンジンに加え1.5Lエンジンが導入されました。2代目になってからはマイナーチェンジを繰り返し、現在はモデル末期となっています。

なお、2014年のマイナーチェンジで、4WD仕様は全て廃止され、FFのみとなりました。

ちなみに、bBは発売当初からカスタムのしがいがある点に注目されており、色々なエアロパーツが販売されています。また、沖縄にはリムジン仕様があり、沖縄のホテルなどで送迎用に使われています。

bBの口コミ

良い口コミ

・デザインが良く個性に溢れている。サイズも、大きすぎず小さすぎず丁度いい感じです。特に不満な点は今の所ありません。

・荷物が期待してたよりもたくさん入るのが良かったです。

・LEDの配色が気に入っています。デートでも活躍してくれます。


悪い口コミ

・街乗りでは全然問題ないですが、車体重量の割に背が高いので、高速道路では結構揺られる感じがします。

・フロントシートに重点を置いたデザインだからか、後部座席は結構狭いです。長距離移動はちょっと辛いです。

・デザインに力を入れすぎたのか、サイドミラーが見にくいです。実用性にもう少し配慮して欲しかった・・・。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス