車査定マニア
ラクティス

ラクティス
出典:favcars

トヨタのラクティスは、使い勝手の良さをとことん追求した実用車で、パーソナルユースからファミリーまで柔軟にニーズに対応する優れものです。

また、ハイルーフ化してリア開口部にスロープを設けたり、車イスでそのまま乗り込める様な仕様にすることで福祉車両としても大活躍しています。

スポンサーリンク

中古車査定相場予想

(2015年7月1日 現在)

参考媒体形態価格(単位:万)
価格.com個人売買 *133~147
カーセンサー買取相場71.4
Goo-net市場価格87.8

ラクティスの平均的な中古車査定相場は、40万~74万円と予想されます。(*2

*1 価格com-ヤフオク予想買取価格より。

*2 上記3媒体の「個人間売買」「実際の買取価格」「市場価格」から判断した予想額。

なお、上記は年代等を考慮していない車全体の平均買取価額の予想です

スペック

項目詳細
新車価格帯165万~204万
車種コンパクトカー
燃費16.6~21.8km/L
排気量1.329L&1.496L
エコカー減税重量税25%~50%+取得税20%〜60%
乗員5人乗り
ドア数5ドア
全長×全幅×全高3,995×1,695×1,585mm  *1
パワーウェイトレシオ10.18kg/ps  *1

*1 グレードGの場合

燃費について

JC08モードでは16.6km/L〜21.8km/Lとなっています。16.6km/Lは4WDの場合です、やはり4WDになると燃費が悪くなってしまう感じは否めませんね。

実走行では、街乗りで12〜15km/L程度、高速道路で17〜18km/L程度は走る様です。平均でも14km/Lは期待出来るので、コンパクトカーの燃費としてはまずまずですね。

ピックアップポイント

ラクティスの気になるポイントを以下で紹介していきます。

■居住性に優れた設計■
コンパクトカークラスでの中では居住性が優れていると言えます。背の高いスタイルを生かした広い室内空間を実現しており、中でも後部スペースの広さは定評があります。

■装備が充実!■
コンパクトカーには珍しく、アクティブトルクコントロール4WDやクルーズコントロールを備えており、走行の快適性や燃費性能も重視されています。

■楽しさは欠けるけど、需要あり■
派手さは特になく、ファンカーゴの後継者にも関わらず、ファンカーゴの様な楽しさは引継ぎきれていないという点があります。ただし、それでもインテリアやスタイリングにこだわりが見られ、シートアレンジも使い勝手は上々です。今後この安心感が需要に繋がっていく事が期待されますね。

ラクティスの変遷

トヨタのラクティスは2〜3代目のヴィッツをベースに、ファンカーゴの後継車として2005年に開発・発売された、コンパクトトールワゴンです。ちなみに、ラクティス(Ractis)は英語の「Run」、「ACTivity」、「Space」からとって出来た造語です。

2010年にフルモデルチェンジをし、2代目を発表。初代同様に5ナンバーのサイズを維持しつつも、室内の幅をさらに40mm拡大し、広々とした空間を手に入れました。

また、コンパクトクラスのFF車として初めて、トランクススペースのサイドにレバーで簡単に格納が出来る「6:4分割チルドダウン機構付リアシート」を装備し、使い勝手の良さをさらに高めました。

ラクティスの口コミ

良い口コミ

・見た目がコンパクトでかわいいです。内装も広く、荷物が沢山入ります。運転もしやすいので運転初心者の方や実用性を重視する女性向けかな。

・積極的に運転したい!と思う様な車ではなく、レンタカーや社用車に向いている気がします。とはいえ、街乗りがメインで2名乗りが多いのであれば、マイカーとしても十分オススメ出来ると思います。

・このサイズの車種には珍しくクルーズコントロールが装備されているので、高速道路の運転が大分楽に出来ます。


悪い口コミ

・タイヤサイズが特殊なので、タイヤの購入やホイールの交換時に他車種と比べて高額になったり、取扱が無い店があったりで少し残念。

・女性向けの実用車なのに、カラーが普通で面白みに欠けるかな。もう少しカラーバリュエーションがあるといいですね。

・小回りは利くものの、車の幅の割に背が高い設計なので、カーブを曲がるときに少し不安になります。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス