車査定のマニア
ディーラー競合

ディーラー競合

新車を購入する際に、1つのディーラーだけで見積もりを取って購入の判断をするのは良く有りません。なぜなら、ディーラーによって値引き額が違ってくるからです。

そこで、より安く新車を購入するために、ディーラー同士を競合させる必要が有ります。その中でも今回は「同じメーカーのディーラー同士」を競合させて値引きさせる場合の話です。

なお、お分かりのように、まだ他メーカーのディーラー同士で競合させていない場合には、まずそちらから行って下さい。同じメーカーのディーラー同士で競合させるのは、交渉の中盤~終盤にかけてです。

他メーカーのディーラー同士を競合させて値引きをゲットする時の注意点

スポンサーリンク

同じメーカーのディーラー同士で競合させる時の注意点

同じメーカーのディーラー同士で競合させる時の注意点は以下の通りです。

  • 同じメーカーのディーラーの中でも「別系列のディーラー同士」を競合させる
  • 他ディーラーを引き合いに出すタイミングはなるべく「終盤」にする
  • 同メーカー・同系列のディーラーでも値引き材料として使える場合も有り

別系列のディーラー同士を競合させる

同じメーカーのディーラー同士を競合させる場合、まずは、同じメーカーでも異なる系列のディーラー同士を競合させなければなりません。

例えば、トヨタなら「トヨペット」と「ネッツ」を競合させる、マツダなら「マツダ」と「マツダアンフィニ」を競合させるといった感じです。メーカー毎のディーラーの種類については下記記事を参考にして下さい。

日本の主要メーカーのディーラーのまとめ記事

では、なぜ同系列のディーラー同士を競合させてはいけないか?というと、これらのディーラーでは「販売方針(値引き等)」や「情報」が共有されているからです。

仮に、同系列のディーラーで見積もりを取ったとして、その際にあっちのお店では「△△円値引きしてくれたのにな~」とほのめかしても、後で確認されると嘘だとばれてしまいます。

また、値引き額が本当だったとしても、販売方針を守っていないディーラーに別のディーラーから苦情が入って、ディーラーとの関係を悪化させてしまいます。(ディーラーにお世話になるのは購入時だけでは有りません。)

他ディーラーを引き合いに出すタイミングはなるべく「終盤」にする

同メーカーの他ディーラーを引き合いに出すタイミングは「終盤」です。

序盤にこの情報を出してしまうと、営業マンに「値引き目的である事」や「購入する気が無い」と思われる可能性が高いです。それでは、十分な値引き額を引き出せません。

そのため、同メーカーの他ディーラーと競合させるタイミングは「終盤」にした方が良いでしょう。

同系列のディラーでも値引交渉として利用できる場合

さきほど、同系列のディーラーは競合させてはならない!と書きましたが、例外が有ります。それが、都道府県によってディーラーの運営母体が異なる場合です。詳しくは下記記事を参照して下さい。

●●トヨペットと●●トヨペットなら値引き材料として使える!

ディーラーの統合が進めばこの方法は使えなくなるかも?

ちなみに、ここで書いている方法は同じメーカーで別系列のディーラーが存在している事が前提です。こちらの記事でも書いているように、最近は多くのメーカーでディーラーの統合化が進められています。

つまり、メーカーは「ディーラー毎に取り扱っている車種を共通化して消費者の利便性を上げていこう」としている訳です。

現状、トヨタ以外はディーラーの統合を進めています。


そうなると、そもそも「同メーカーの別系列のディーラー」という存在が無くなってしまうので、今回紹介した値引き方法が使えなくなってしまう可能性が有ります。新車購入を考えている人は、使えるうちに使っちゃいましょう!

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス