車査定のマニア
試乗

車を購入する話を周りにしたら「試乗は絶対した方が良いよ」とアドバイスを貰った経験が有るのではないでしょうか。

「車は価格が高いから」という理由も有りますが、「乗ってみないと車の良し悪しは判断出来ない」と言うのが最大の理由です。

今回は車を納得して購入するために、なぜ試乗が必要なのか、そして試乗する時のチェックポイントについて紹介します。

なお、当記事は新車を購入時を前提とした内容になっています。中古車を購入される人は、下記記事を参考にして下さい。

中古車試乗時・試乗前のコンディションチェックまとめ

なぜ車に試乗する必要があるのか

試乗する以外に車の情報を収集する方法は、インターネットの口コミや友人・知人の話、カタログなどです。これらに共通する事は、当然ながらあなた自身の実体験が伴わない点です。

ネットの口コミ

最近は、車の情報に限らず、なんでもインターネットで情報を収集出来る時代になっています。が、車の購入においては、ネットなどの口コミに頼らない方が賢明です。

なぜなら、口コミなどの内容が正しかったとしても、実際に車に乗ってみると車から受ける感覚は1人1人異なるからです。身長や手足の長さが違えば、同じ車でも狭く感じる人もいれば広く感じる人もいるでしょう。また、見切りの良し悪しも変わってきます。

試乗

また、車の走行性能に関しても同じ事が言えます。運転感覚・乗車経験の有る車種の違いから、その車に対する意見は異なる物になるためです。

口コミなどを信じて、購入してしまうと、いざ乗った時に違和感を抱いてしまう事は往々にして有る事です。車は高い買い物ですから、仕方が無いでは済まされません。

そのような後悔をしないためにも、やはり車の購入前に試乗はしておく必要が有ります。

試乗時のそれぞれのチェックポイント

では、車を試乗する時にどのようなポイントをチェックすれば良いのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

■試乗時にチェックするポイントはここ!

  • 車体の大きさ
  • 内外装のデザイン
  • 乗り心地
  • 視界
  • 走行性能

車体の大きさ

カタログなどに「全長・全幅・全高」の情報は記載されていますが、数字だけのイメージと実物では受ける印象は全く違います。

試乗時には、360度グルッと車の周りを歩いて、車の大きさをチェックしておきましょう。

運転席

また、外からだけではなく、運転席に座った時の感覚も大事です。特に車幅。色んな幅員の道路や車庫入れなども試乗時に試しておきたいところです。

なお、基本的に試乗コースはディーラー側が指定したコースを走行しますが、「普段利用する道路を走りたい」「少し狭い道も走りたい」などの希望を伝えれば了承してくれる事も多々有ります。

内外装のデザイン

カタログの写真やテレビCM、動画などは宣伝用という事も有り、車が格好良く又は可愛く見えるように作られています。実物を見るとイメージと異なる事もしばしば有ります。

満足して車を購入するためには、車体の大きさをチェックするついでに全ての角度からデザインもチェックするようにしましょう。

デザイン

外観のチェックが終わったら内装のデザインのチェックです。ここで気を付けたいのは、試乗車の多くはオプションがフル装備されている点です。どのパーツ・デザインがオプションなのかを担当者に細かく聞くようにして下さいね。

乗り心地

乗り心地は試乗してみない事には分からない要素です。シートに座った感触や後部座席の広さなどはチェックしましょう。また、走行時の車内の静粛性や段差を乗り越えた時に受ける衝撃の度合いなどもチェックポイントです。

視界

「視界」は、車が運転しやすいかどうかを決める要素の1つです。前方・後方・斜めなどあらゆる角度の視界をチェックしておきましょう。また、バックミラー・サイドミラーの視界のチェックも忘れずに。

シートポジション(前後・高さ)を変えてチェックする工夫もした方が良いですね。

視界

あと、奥さんやお子さんも運転する場合は、一緒に試乗して下さい。前述したように、身長などの違いで受ける印象は異なるためです。

走行性能

車は乗り物ですから、走行性能のチェックも重要です。チェックする主なポイントは以下のような点です。

  • ハンドリング・・・スムーズに操作出来るか
  • 小回り・・・Uターンや右左折がしやすいか
  • 加速・・・法定速度までの加速力や上り坂でのパワーなど
  • ブレーキ・・・効き具合 *
  • ギア・シフト・・・AT車ならギア変化の滑らかさ・MT車ならシフトフィールの感覚

* ブレーキングに関しては、急ブレーキの効き具合も試しておきましょう。

走行性能をチェックするからといって、無茶な運転をする必要は有りません。普段の運転と同じように車を操作してチェックしましょう。

まとめ

納得して購入するために、車の試乗を行います。試乗した結果、何か引っかかる物が有るならば、担当者に質問したり、もう一度試乗するようにしましょう。試乗は何度でも行えます。

納得せずに購入を決定すると、後々少なからず後悔が襲ってくるものです。納得するまで試乗をするようにしましょう。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス