車査定マニア
まずは買取査定

車を買い替える際、乗っていた車をディーラーで下取りして貰う事が有りますよね。確かに、下取りは買取業者を探す必要も有りませんし、手続きもディーラーがしてくれるので楽です。しかし、下取り査定に出すのは少し待って下さい!

下取り査定に出す前に、中古車買取専門の業者で査定をして貰った方が良いですよ!その理由を以下で見ていきましょう。

買取業者の方が査定額が高い!

ディーラーによる下取り査定と買取業者による買取り査定とでは、査定額の決まり方が異なっており、一般的に後者の方が査定額が高くなる傾向に有ります。(参考記事:車買取専門店とディーラーの下取り査定はどちらの方が高く売れるか

まずは買取査定

買取業者は、客から中古車を仕入れて販売する事で商売が成り立っています。従って、市場価値を考慮した上で査定額を算出しています。業者側としては出来れば安く仕入れをしたい所ですが、最近はネットで簡単に複数の業者への一括査定依頼が出来るので、競争の原理が働き、自然と買取金額は高くなります。

一方の新車ディーラーは、下取りした車を売る事で利益を出そうとは基本的に考えていません。社外オプションや車の状態なども殆ど考慮されずに、新しく購入する車の値引きの一貫として下取り額が決定されてしまいます。

車を下取りに出すメリット・デメリット

従って、車の本来の価値を度外視した評価額が付く事が多く、一般的に下取り査定額は低くなりがちなのです。

下取りと値引きのカラクリに騙されない為に!

車を下取りに出すと損をしてしまう方が多いですが、その理由として「客が下取車の価値を把握していない」点が挙げられます。

査定額

下取りに出す車が市場で一体どれくらいの価値が有るかを知らない為に、新しく購入する車の値引き額と下取り額のカラクリに騙されて、すんなりと下取り額を受け入れてしまうのです。

下取り査定も値引き交渉の1つです。買取査定の相場を把握しておくと、ディーラーの口車に乗せられる事無く交渉を有利に進められるかもしれませんよ。

参考までに、新しく車を購入する際には、値引き交渉の序盤戦では下取り車は無い前提で挑むテクニックも有ります。(参考記事:新車の値引き交渉術まとめ~出来るだけ新車を安く買う方法!

下取り査定時の事前知識として活用!

買取業者の査定に出して、自分の乗っている車の市場価値を予め把握しておくと、実際に下取り査定で提示された金額が高いのか安いのかを客観的に判断する事が出来ます。

また、ディーラーでの下取り金額や車両の値引き金額も含めたトータルの金額と買取査定額を比較する事で、どこで売却するのが一番得かを判断する事が出来ます。

事前知識

但し、査定で提示される金額は市場価格を考慮して決定されるので、日々変動します()。また、下取り査定に出すタイミングと買取査定に出すタイミングを調整するのは意外に手間がかかります。

:ディーラーでの下取りは、次の車の納車日まで車に乗り続ける事ができ、下取り金額も下がりません。

あまり早いタイミングで買取り査定に出してしまうと、実際に売りたいと思った時点で査定金額が大きく変動してしまっている事も有りますからね。一番良いのは、下取り査定に出す日を予め決めておいて、その直前に買取り査定をして貰う事ですね。

まとめ

いかがでしたか?何も考えずに下取りに出してしまうと、他に売った方が高値が付いたと後悔するかもしれません。車を乗り換えようと思ったら、まずは買取り業者に査定依頼をしてみてはどうでしょう。

なお、査定依頼を出す場合は、1社に依頼するよりも無料一括査定サイトから複数業者に査定依頼を出す事をオススメします。たくさんの業者から見積りを貰い、一番高い査定額を提示して来た業者を基準に、下取り査定を検討するのがベストですね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス