車査定のマニア
廃車レベルの車

年式が古くなって、走行距離も10万kmを超えた愛車。故障する頻度も増え、そろそろ乗り換えの時期かも・・・。試しに買取査定を依頼してみると、案の定「0円」と評価されてしまった。廃車レベルだから仕方がないと割り切って、新車ディーラーで車を購入しようとしたら、なんと下取りで5万円の評価が出た。

このように、新車ディーラーでは、廃車レベルの車でも下取りに出すと値段が付く事が多々有ります。オーナーにとっては嬉しい誤算となりますが、なぜこのような事が起こるのでしょうか?

廃車レベルの車を下取りに出すと値段が付く理由

廃車レベルの車に値段が付くとなると、オーナーからしてみれば、まさに「棚からぼたもち」といった感じです。普通なら、車によっては”廃車するための費用”まで発生しかねない状況ですからね。

廃車レベルの車

もしあなたがこのオーナーの立場だったら、他のディーラーで車を購入しようと思いますか?ほとんどの人が下取りで5万円の値段を付けてくれたディーラーで車を購入するでしょう。他のディーラーで下取りに出しても値段を付けてくれないと考えるのが普通です。

しかし、他のディーラーで廃車レベルの車を下取りに出しても、おそらく数万円の値段は付くはずです。値段が付く事を意外だと感じるのはオーナーだけであって、ディーラーにとっては当然の事なのです。

沢山の車

では、ディーラー側の立場になって考えてみましょう。

ディーラーは廃車レベルの車に値段を付けると「お客さんがどのように感じるのか」を知っています。手に取るように分かる、と言っても過言ではないでしょう。そして、その後自分の店舗で車を購入してくれる確率が非常に高い事も分かっています。

つまり、ディーラー側からすれば、廃車レベルの車に数万円の下取り価格を提示する事は、一種の「お客さんの囲い込み」なのです。

また、ディーラーは無理して値段を付けているわけでは有りません。「ディーラーの下取り価格と新車の値引き金額のカラクリ」の記事にも書いているように、下取り価格と新車の値引き金額をうまく調整するだけなんですね。この場合だと、下取りに5万円を付けたので、新車の最大値引き金額を5万円少なくするだけです。

もしかしたら、車を購入する見込みが高いお客さんには値引きをあまり行わないかもしれません。

新車を購入する時はまず下取り車なしで見積もりを出してもらう

ガッツポーズ

値段が付いて喜んでいるのはオーナーよりもむしろディーラーの営業マンでしょう。「売りやすいお客さんが来てくれた!」と営業マンも心の中でガッツポーズしているかもしれませんね。

これが廃車レベルの車を下取りに出すと数万円の値段が付く理由です。

ベテランの営業マンになれば、廃車レベルかどうかは、少し見ただけで把握出来るでしょう。

下取りに出す前に

複数の買取業者に査定を依頼しましたか?1つの買取業者に0円と評価されても、他の買取業者が値段を付けてくれる事も有りますよ。また、基本的に下取りよりも買取査定の方が売却金額は高くなります。

廃車レベルで有っても、売却する事を諦めずに、1度一括査定を利用して複数の業者の査定を受けてみて下さい。それから下取りに出しても遅くは有りませんよ。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス