車査定のマニア
買取り

車を売る方法は色々有りますが、多くの方は「新車ディーラー等に下取りに出す」か「買取専門店に買取って貰う」のどちらかを選択するのでは無いでしょうか?

この2つ、基本的には「買取り」を選んだほうが査定額は高くなります。以下でその理由を見ていきましょう。

査定額の決まり方の違い【買取店が有利】

下取りは、そのディーラーで「新しく車を購入する事」が前提として成り立つ車の売却方法です。ディーラーとしては、下取りはあくまでも新しく車を買ってもらう為の付随的なサービスなので、あまり重きを置いていません。

また、新車ディーラーは中古車の査定や販売は専門外なので、不用意に高い金額で下取りしてしまうと、売るときに損をする可能性が有ります。そこで、可能な限り下取り額は低く抑えようとしています。

査定額の違い

では、下取り査定はどの様にして金額が決まるのでしょうか?

下取り金額は年式や車種でほぼ決まり、市場価格やニーズは殆ど考慮されません。従って、綺麗に乗っていようが高価な社外オプションを付けていようが、下取り額が高くなる事は殆ど有りません。

そして、下取りは新車値引きの調整として利用される事が多いです。下取り額を高くする代わりに値引額を減らしたり、逆に値引を大きくする代わりに下取り額は控えめにするといった感じです。

つまり、下取り価格が高いからといって必ずしも得をしているとは限らないのです。

車の価格の計算

一方で、買取りの場合は市場価格や車の状況も踏まえて金額が決定されます。従って、値引きの為の調整といった小細工は有りませんし、社外オプションなどの付加価値が有れば高値が付く事が有ります。

市場のニーズに応じた取引がされるので、ニーズが有る車で有れば下取りよりも高い金額で買い取ってもらえる事が多いです。

最近は、下取りの場合でも買取専門店の査定に近い形で金額が算出されることも有ります。しかし、そうは言っても下取りが車の購入の付随的サービスで有る事に変わり有りませんから、やはり買取価格のほうが高くなる傾向に有ります。

販路の違い【買取店が有利】

業者が販路を多く確保していると、それだけ早く高く車を売る事が出来る可能性が高いので、査定額も高くなる事が期待されます。

ネットワーク

ディーラーは、下取りした車を同じ系列の中古車販売店を利用して販売する事が多いですが、この方法は販売出来るエリアが限られてしまいます。また、オークションに出品するにしても、メーカー系のオークション会場や近隣の会場を利用する事が多いので、販路はかなり限定されていると言えます。

一方で、買取店は全国チェーンで展開していたり、業者によっては海外の販路を確保していたりと、ネットワークはとても広いです。また、多くの場合は買取りした中古車はオークションに出品されますが、全国に広がるネットワークを活用して、最も高値で売れそうな会場を選んで出品されます。

従って、買取店の方が販路が多く、早く高く車を売る事が出来るので、それだけ買取額も高めに設定する事が出来るという訳です。

在庫管理コストの違い【買取店が有利】

中古車販売店や展示場にいくと、数多くの車が並んでいる壮大な景色を目にする事が有りますよね。これらの商品(在庫)は「自分たちの物なのだから、保管するのにお金は掛かっていない」と思ってはいませんか?

在庫を持つと、単に車を置いておけば良いというのではなく、それぞれの車を正常な状態に保つ為のメンテナンスをする必要が有ります。また、たくさん車が置けるといっても限界は有ります。スペース一杯の在庫を持っていると、新しい仕入が出来ずに利益獲得の機会を失うリスクも有ります。

車を大量に保管している写真

さらに、在庫として保管している間も車の価値が段々下がっていくので、保管期間が長くなると販売時に値下がりしてしまうリスクも生じます。

この様に、車の在庫を持つと様々なコストやリスクが伴うのです。長く保管すればする程、赤字が拡大してしまう可能性が有るという訳ですね。

下取りの場合、下取りした車を自社や系列の販売店等で商品として展示し売却する事になります。しかし、新車ディーラーの本業は新車を売る事です。下取りした車の販売は得意では無いので、下取りした車がなかなか売れないという事態はよく発生します。

買い手が見つかるまでの間、在庫の保管スペースを確保しておく必要が有りますし、なかなか買い手が見つからない場合は、値下がりや利益獲得の機会を失うリスクなどが伴います。

そこで、下取りでは人件費やメンテナンスの費用などの在庫管理に掛かるコストを「中間マージン」として査定額から引くので、どうしても査定額が低くなってしまうのです。

在庫管理

一方で、買取専門店の多くは買取した車をすぐに(長くても2週間程度)オークションで売却してしまうので、在庫管理のコストが殆ど掛かりません。

従って、経費が抑えられる分、高く買取をしても十分に利益を獲得出来るので高い査定額が出る可能性が有るのです。

買取りの方が平均で16万円高い査定額!?

これまでの説明で、下取りよりも買取りの方が査定額が高くなる可能性が高い事が分かりました。では、買取りと下取りとでは査定額にどれくらいの差が出るのでしょうか?以下で、実際に行われたアンケートを元に見ていきましょう。

買取り

2014年の1〜2月にズバット車買取比較が約4,500人のドライバーにアンケートを実施したところ、実に約800人(77%)もの人が「買取りの方が査定額が高かった」と回答した様です。そしてその差は平均約16万円です。

半数以上の方は10万円以上の差があったと回答し、中には50万円以上も差があったと答えた方もいた様です。

買取りの査定額は、その車のニーズに左右されるので人気が高い車種は査定額も高くなります。人気のあまり無い古い年式の車であれば、下取りも買取りも大きな差は無いかもしれませんが、不動の人気を誇るプリウスやセレナ等であれば20万円程度の差は簡単についてしまいます。

自動車購入時の価格や燃料代は気にするのに、売る時はあっさりと下取りを選択してしまう、という方も多いのではないでしょうか?愛車を高く買い取ってもらいたいと考えている方は「買取り」も検討して下さい。

そして、買取りを選ぶのであれば、1社だけに見積りを出してもらうのではなく、複数の業者から見積りが貰える一括買取査定サイトの利用をオススメします。たくさんの見積りをもらって、一番高い金額を提示して来た業者に売るのが愛車を高く売る近道ですね。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス