車査定マニア
下取り査定

下取り査定

車をディーラーで買い替える際に、今まで乗っていた車を下取りに出す事が有りますが、低い下取り価格を提示された経験の有る方は多いのではないでしょうか?

下取りに出した車の査定額が低くなるのは、マニュアル化された査定方法や、限られた販路、在庫コストがなど様々な原因が考えられます。

車を下取りに出すメリット・デメリット

査定額が少し低いだけならまだいいですが、中には下取り額が0円(ゼロ円)だと言われるケースも有ります。ディーラーから、自分の車の下取り価格は0円だと言われたら、どの様に対処すれば良いのでしょうか?以下で見ていきましょう。

ディーラーで「下取り価格は0円です。むしろ廃車費用を頂きたいところですが、それはサービスしておきます」といった事を言われる場合が有ります。

「廃車費用をサービスしてくれるのだったらいいか」、と思ってそのままお願いしてしまうかもしれませんが、そこですんなり引き渡してしまうのではなく、少しでも高く引き取ってもらう方法を模索する事をオススメします!

査定がゼロ評価だったときの対処法

実際に自分の車を下取り査定に出してみて、評価がゼロ円だった場合どの様に対処すればいいでしょうか?取りうる方法をいくつか見ていきましょう。

車検期間が残っているなら望み有り!

車検証

新車ディーラーは、新車を売るのが本業で、下取りは客に新車に乗り換えてもらう為の付加的なサービスに過ぎません。そして、下取りした車を自分の店で展示して売る訳ではないので、車検が残っているかどうかは特に気にしません。

しかし、ディーラーによっては車検が残っているのであれば、下取り査定額を上乗せしてくれるという事も有ります。代車に使う車を探しているディーラーにとっては丁度いい機会ですし、車検付きで安く仕入れられる車を探しているディーラーもいますからね。

車検が残っているのであれば諦めずに、買取してくれるディーラーを探してみた方が良いでしょう。

評価はゼロでも車には価値が有る!

下取り査定でゼロ円と言われたからといって、その車の価値が全く無いという訳では有りません。車は大部分が鉄で出来ているので、その鉄は売る事が可能なのです。

車の鉄スクラップ価値~故障車や修復歴車でも価値は有るんです!

また、部品取り(仕入た車を分解して、部品や付属品を売却する)をする事も出来るので、買い取ってくれる業者は必ずいます。下取りでゼロ円評価をされても、諦めるのはまだまだ早いですよ!

自分の車のセールスポイントを探す!

冒頭でちらっと触れた様に、新車ディーラーはマニュアルの手順に従った査定をします。従って、高い社外オプションを付けていたり、中々手に入らない車種に乗っていたとしても査定額にはあまり影響が有りません。

セールスポイント

しかし、珍しい車や改造車などは中古車市場で需要が有るので、中には高値で買い取ってくれる業者もいるかもしれません。事故車であったり、故障して全く動かない様な場合は難しいかもしれませんが、そうでなければ何かしら自分の車のセールスポイントを探して、業者に積極的にアピールするのがオススメです。

予め買取業者に査定評価を依頼しておく!

これは下取り査定に出す前の話ですが、予め買取業者に査定を依頼しておくというのもオススメです。買取業者から査定額を出して貰った上でディーラーに下取額を出して貰うと、その査定額が納得いく金額なのか低すぎるのかがすぐに分かります。

また、提示された下取り金額が買取査定金額より明らかに低いと分かっていれば、下取り金額を上げる様に交渉する際にも心強いですよね。買取業者の査定である程度の金額が提示されていれば、仮に下取りがゼロ円となったとしても大きなショックを受けずに済みますしね。

車の下取り査定をする前に買取専門業者の査定を利用した方が良い理由

最後に

いかがでしたか?冒頭で話した様に、下取り査定はそもそも高い金額が付きにくいです。特定のディーラーと付き合いが長く「ここで下取りに出したい」という方はともかく、そうでないのであれば買取業者に買い取ってもらった方が高く売れる可能性が高いでしょう。

ちなみに、買取査定に出すのであれば、無料一括査定の利用をオススメします。1社でも多くの業者に査定をしてもらえば、高く買い取ってもらえる可能性が上がりますよ!

ディーラーでの交渉

なお、新車ディーラーで下取り額がゼロ円と言われるとショックでしょうが、下取り価格と新車の値引き額はシーソーの様な関係に有ります。値引額が少なければ下取り額を高くして調整し、下取り額が低ければ値引額を大きくして調整する、と言った感じです。

下取り額が低くても、その分値引額が大きければトータルでは損をしたとは言い切れません。従って、新車の購入時に下取りをしてもらう場合は、下取り額に一喜一憂するのではなく、トータルで損得を判断する必要が有ります。

ディーラーの下取り価格と新車の値引き金額のカラクリ

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス