車査定マニア
カーセンサー

車を高く売るには、一括査定サービスを利用して複数の業者に見積りを貰うのが一番の近道です。

ここでは、リクルートが運営している「カーセンサー簡単ネット査定」の特徴や口コミ、運営会社の情報などを紹介していきます。

カーセンサー

カーセンサーの簡単ネット車査定の特徴

カーセンサーの「簡単ネット車査定」の提携業者は全国に約530社で、1度に最大30社から見積りを貰う事が出来ます。一括査定サイトでは1度に最大10件程度の見積りが一般的なので、カーセンサーの見積り可能件数が飛び抜けて多いですね。

注意:必ず30件から見積りを貰える訳では有りません。住んでいる場所によっては、数件しか見積り可能な業者が表示されない事も有ります。

カーセンサーでは、車の情報発信サイトとして買取・査定時に役立つ情報も多く提供されています。一括査定を依頼する前に是非1度目を通しておきたいですね。

便利情報

カーセンサー簡単ネット車査定の使い方

買取査定のトップページに表示されているメーカーや車名等の情報を入力すると、申込画面に進みます。トップページでは簡単な内容を入力するだけなので、詳細は次のページに進んでからとなります。
入力フォーム1

一括査定の申込に必要な入力項目は、車両情報7項目と個人情報5項目の合計12項目)です。

:内、車両情報の「メーカー/車名/車のタイプ/事故歴」「車の状態」と個人情報の「住所」は最初の画面の入力情報が転記されるので、ここで改めて入力する必要は有りません。

入力フォーム2

今回は住所を「東京都文京区」と入力したのですが、査定申込先としてよく耳にする大手の買取業者から地域密着型の業者まで、合計11件が表示されました。

なお、最初の設定では郵便番号でヒットした業者全てにチェックマークが付いています。表示された業者全てに査定依頼をする場合はそのままでOKですし、査定が不要な業者は有る場合はチェックマークを外しましょう。

入力フォーム3

「グレード」を入力・選択すると、画像の様に「ドア数」「ハンドル」「燃料」「ミッション」「駆動方式」「排気量」が追加で表示されます。表示された内容に間違いが無いか確認し、必要が有れば訂正しましょう。

また、「任意項目」として装備やオプション等を入力出来ます。ここを入力しても結局は実車を見ての査定になるので、査定額への影響は特に有りません。最初の見積り金額をより正確に知りたい方は、入力しておきましょう。

必須項目の入力が終わると、画面下のボタンが押せる様になり、押すと「確認ページ」が表示されます。

確認ページ

表示された内容に間違いが無ければ、「同意の上、申し込む」をクリックしましょう。これで一括査定依頼は完了です。

3分で入力が終わる」、とホームページに書かれていますが、実際に入力すると確かに2〜3分程度かかりました。

必須入力項目自体は多く無いのですが、追加で表示される項目や任意の項目も有るので、他の一括査定サイトと比べると、少し入力項目が多く、時間もかかりますね。

カーセンサー簡単ネット車査定の口コミ

ここでは、カーセンサー簡単ネット車査定を実際に利用した方の口コミをいくつか見てみましょう。

・査定依頼が完了するとすぐに業者から連絡が有り、あっと言う間に納得の金額で車が売れました。金額で揉める事も無く済んだし、下取りに出すよりも大分お得でした。

・トップページに入力時間が3分と書いてあるので、結構時間かかるんだなと思っていましたが、いざ入力してみると全然ストレス無くさくさくっと入力が進みました。最初に結構細かい情報も入力するので、業者とのやりとりもスムーズでした。

・何と言っても業界大手のカーセンサーが運営するサイトなので、安心感が有りますね。また、提携業者数も多く一度にたくさんの見積りが貰えるのが良かったです。

運営会社:リクルートの紹介

カーセンサーは、1984年10月に日本初の中古車情報誌として世に登場しました。そして、1996年にカーセンサーnetの前身となる「CARSENSOR on the NET」をスタートして以降は、雑誌とウェブの両方で車の情報誌の代表として中古車業界を支えています。

そんなカーセンサーを運営しているのは、「リクルートホールディングス」のグループ会社である「株式会社リクルートカーセンサー」です。

運営会社

リクルートグループと言えば、人材領域をメインとし、結婚関連では「ゼクシィ」、教育関連では「リクナビ」、旅行関連では「じゃらん」、飲食や美容関連では「ホットペッパー」と数々の有名雑誌や事業を展開しています。アジアや欧米を含め全国に162の子会社が有り、2015年3月の連結売上高は約1兆3千億円となっています。

「リクルートカーセンサー」は、前身となる会社が1999年に設立されていますが、2014年の10月に社名を変更し現在の名称となっています。

今後もカーセンサーだけでなく他の分野でも、日本をけん引し続けて欲しいですね。

カーセンサー.net簡単ネット査定公式サイトはこちらから

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス