車査定のマニア
中古車

中古車の一番のメリットは、誰がなんと言っても「購入価格が安い」という事です。これが決め手となって中古車を購入する人が多いです。

ただ、中古車には様々なデメリットが有ることを忘れてはいけません。価格だけに釣られて購入すると痛い目を見るかもしれませんよ。中古車のメリット・デメリットの双方をしっかりと把握して満足の行く買い物が出来るように努めましょう♪

中古車のメリット

中古車の主なメリットは以下の通りです。

  • 価格の安さが最大のメリット
  • 新車では手の届かない高級車も買える
  • 1クラス・2クラス上の車も選択肢となる
  • 自動車取得税が安くなる事も
  • チューンナップ・ドレスアップ済みの車を購入出来る
  • 生産中止になったモデルは中古車でしか買えない
  • 納車までの期間が短い
  • 運転が苦手な人は中古車がオススメかも

価格の安さが最大のメリット

冒頭でも書いたように「価格の安さ」が中古車の最大のメリットです。新車価格で300万円~400万円もする車が、2・3年後には中古車として驚くほどの価格で販売されている事も有ります。年式にこだわりが無ければ、20万円~30万円の格安中古車も販売されています。

20万円・30万円の激安中古車を乗り継げば維持費が安くなる

また「価格の安さ」は以下の二つのメリットも生み出します。

新車では手の届かない高級車も買える

ベンツやレクサスなど、新車では手の届かない高級車も中古車なら価格が安くなっているので、少し背伸びするだけで購入する事が出来ます。

高級車

憧れていた高級車のオーナーになる事を叶えてくれるのが中古車のメリットです。

1クラス・2クラス上の車も選択肢となる

車は基本的にクラスが良くなれば良くなるほど価格は高くなります。これは中古車でも同じです。しかし、中古車は全体的に価格が安くなっているので、新車では手の届かなかったクラスも予算内で購入出来ます。

例えば、新車ではセレナ(新車価格228万円~)やステップワゴン(新車価格228万円~)などが予算の限界ラインの車だったとしても、中古車なら上位クラスのアルファードやエルグランドも予算内で購入可能となります。

中古車は車の状態(年式・走行距離等)で価格は上下するので、上位クラスの車が必ず安くなるわけでは有りません。どのくらいの価格で販売されているのかが気になる人は中古車相場を調べてみましょう。

中古車の市場価格相場を知る方法まとめ

自動車取得税が安くなる事も

自動車取得税は中古車を購入した時も課税される税金です。ただ、中古車の場合は初度登録年月からの経過年数を考慮する残価率が税額計算に採用されているので、基本的に支払う税金は安くなります。

また、取得価額が50万円以下の場合は非課税(0円)となります。例えば、新車取得価額200万円の車でも初度登録から4年経過すれば、中古車としての自動車取得税はかかりません。

中古車の自動車取得税の計算方法と課税標準額

税金

ただし、エコカー減税が適用される場合、基本的に新車の方が中古車より減税率は大きくなります。購入する車の環境性能によって、自動車取得税は新車の方がお得になる場合が有る事は覚えておいて下さいね。

ちなみに、購入時に限って言うと「自動車税」及び「自動車重量税」は新車の方がお得です(エコカー減税適用時)。

チューンナップ・ドレスアップ済みの車を購入出来る

チューンナップ

新車購入後に、エンジン・車体・車内をチューンナップ・ドレスアップして自分好みの車にしたい人もいますよね。ただ、車両本体価格にチューンナップ・ドレスアップ代を加えると結構な金額になります(どれだけ手を加えるかにもよりますが)。

中古車市場には、既にチューンナップ・ドレスアップされた中古車も数多く流通しています。もちろん、何もかも自分好みに改造された中古車を見つける事は難しいかもしれませんが、改造する箇所が少なくなるので、チューンナップ・ドレスアップ代を節約する事が出来ます。

車を改造したい人は中古車がおすすめです。
新車ではなく中古車を購入した方が良い人 8選

生産中止になったモデル・車は中古車でしか買えない

モデルチェンジが行われると、古くなったモデルが生産される事は有りません。つまり、旧モデルを新車で購入する事が不可能になる、という事です。また、車自体が生産中止になった場合も同様です。

しかし、生産中止になったモデルでも中古車市場には流通しています。「買いたかったけど、他の車にしようか・・・。」と諦めてしまう前に中古車として販売されていないかどうか探してみましょう。

生産中止になったモデル・車を買えるのが、中古車の魅力の1つです。

納車までの期間が短い

中古車の納車期間は新車のそれと比べると、かなり短いです。書類の手続きと整備を行うだけで済むので、およそ1週間で納車されて、すぐに乗る事が出来ます。

車検が切れている中古車を購入する場合は、車検に通す必要が有り、納車までの期間はもう少し長くなります。それでも3週間程度です。

一方、新車の場合は、ディーラーで車を購入してから納車されるまでにおよそ1ヶ月ほどかかります(在庫があれば1週間程度で納車されます)。人気の有る車種の場合は、2ヶ月以上かかる場合も有ります。

新車購入時の発注から納車までの流れ

運転が苦手な人は中古車がオススメかも

運転が苦手な人やペーパードライバーの人などは、新車を購入すると、傷を付けてしまう事を恐れてあまり乗らなくなってしまう事が有ります。これではいつまで経っても運転は上手くなりませんし、宝の持ち腐れです。

運転技術

このような人には中古車がオススメです。中古車はピッカピカの新車とは違い、既に細かな傷は付いているものです(洗車傷や飛び石による傷など)。そのため、新たな傷を付けてしまっても、新車の場合よりも精神的ダメージは小さくなるでしょう(ショックを受ける事に変わり有りませんが・・・)。

運転が苦手な人やペーパードライバーの人などは、まず中古車で運転に慣れてから、新車を購入してみてはいかがでしょうか?

中古車に乗っている人が中古車を選んだ理由

中古車のデメリット

中古車のデメリットは以下の通りです。

  • 品質は一定では無い~良質な中古車から程度の悪い中古車まで様々~
  • リセールバリューは低い
  • 基本的に維持費は新車よりも高い
  • 保証期間が短い(無い場合も)
  • 目当ての車がすぐ見つからない

品質は一定では無い~良質な中古車から程度の悪い中古車まで様々~

中古車は新車とは違い、1台1台の品質が一定では有りません。極めて新車に近い中古車からボロボロの中古車まで様々な車が流通しています。

中には、よっぽどの理由が無い限り、購入しない方がいい中古車も有ります。例えば、修復歴冠水歴の有る車です。このような車を購入してしまうと、後々故障等のトラブルに巻き込まれる確率が非常に高くなります。

上記のような中古車は、基本的に低価格で販売されています(通常の価格で販売されている場合も・・・)。そのため、「価格が安い」という理由だけで中古車の購入を決めてしまうのは非常に危険です。

車の知識

良質な中古車を購入するためには、有る程度の車の知識が必要になるのです。友人・知人に車関係の仕事をしている人がいれば助言を貰うという方法も有りますが、このような人が周りにいるとは限りません。

中古車購入で失敗したくなければ、無理して中古車を購入するのではなく、新車を購入しても良いと思います。販売価格は高いですが、安心を買うという意味では最良の選択肢となるでしょう。

リセールバリューは低い

リセールバリューとは、車を売却する時の価値、つまり買取価格の事です。中古車には「価格が安い」というメリットが有りますが、これは裏を返せば、購入時点で既に車の価値は低くなっているとも言えます。

中古車を購入して数年が経って車を売却する時には、基本的にリセールバリューはさらに低くなっています。

人気が高い車や希少価値の有る車のリセールバリューは低くなりにくいですが、時間の経過ととも価値が低下する事に変わり有りません。

中古車は購入価格が安い分、車を手放す時には買取価格が安くなってしまう、というデメリットが有る事は覚悟しておいた方が良いでしょう。

基本的に維持費は新車よりも高い

税金に関しては前述しましたが、その他の維持費、特にガソリン代と修理代は基本的に中古車の方が新車より高くなります。

購入するまでに、何年・何万kmと走行してきたのが中古車です。その分、エンジンの燃焼効率は新車の時と比べると悪くなっていますし、各部品にはダメージが蓄積されています。

そのため、新車よりも燃費は悪くなりガソリン代は高くなります。また、部品交換代を含めた修理代も多めに必要になるでしょう。

中古車の維持費は新車の維持費よりも高くなるのが普通

保証期間が短い(無い場合も有る)

新車を購入する場合には、エンジン等の重要機関部分に最長5年などの長期間のメーカー保証が付いてくる事が多いです。一方、中古車を購入する場合は、新車のような長い保証が付いてくる事はなかなか有りません。保証が無い場合も有ります。

メーカー保証を引き継いだとしても残り期間は限られたものになり、また手続きが面倒だったり費用がかかります。

「保証継続」手続を行えば中古車でも新車のメーカー保証が受けられる

維持費

前述したように、中古車は故障する確率が新車に比べると高いです。もし、保証が無い状態で車が故障してしまったら、高額な修理費用を払わなければなりません。そのため、中古車を購入する時は、保証を付けてくれる販売店などで購入するようにした方が良いでしょう。

中古車でも保証期間は1年欲しい!保証なしで購入するのはトラブルの元です

目当ての車がすぐ見つからない

購入したい車の車種だけを決めて中古車を探せば、何百何千と購入候補を見つける事は出来ます。しかし、グレードや色、装備、年式、走行距離などの条件を絞っていくと、条件に合致した中古車は当然少なくなります。

つまり、目当ての中古車が明確であればあるほど、その車を見つけるのは難しくなっていきます。

「ある条件を妥協するのか」それとも「条件を変更せずに目当ての車を探し続けるのか」、この判断をしなければならないのが中古車探しの難しい所であり、デメリットとなります。

1つ言える事は、条件はなるべく妥協しない方が良いです。中途半端な車を買っても100%の満足は得られないからです。少しでも目当ての車に近い中古車を見つける為に、色んな販売店で車を探すようにして下さいね。

終わりに

如何だったでしょうか。人によっても感じ方は違ってくると思いますが、以上が一般的な中古車のメリット・デメリットです。

完璧な中古車という物は存在しませんから、上記メリット・デメリットを把握した上で自分の中で折り合いをつけながら、自分にとって最良の中古車を探すようにしましょう♪

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス