車査定マニア
金融車とは

金融車とは、自動車ローン(*)を組んで購入された車のうち、前購入者がローンを完済する前にやむ終えず売却又は手放し、ローンが残った状態で流通している中古車を指します。これが金融車全体の定義です。

* 所有権留保が付される信販系ローンやディーラー系ローンを組んだ場合です。


そして、金融車は「危ない金融車」「安心出来る金融車」更に分類する事が出来ます。該当の金融車が「危ない金融車」か「安心できる金融車」のどちらなのか?は、前購入者が車を売却又は手放した原因によって判断出来ます。

危ない金融車とは

危ない金融車とは「ローンが完済されておらず、所有権も留保されており、尚且つ名義変更も出来ない車」の事を言います。

たとえば、以下のような事項が発生した場合に「危ない金融車」となってしまう事が多いです。(もちろんローンが完済されていない状態で以下のような事項が発生した場合です。)

  • ①前使用者が金融車買取店に車を売却した
  • ②車を担保にしていた借金の返済が滞り、担保としていた車が取り上げられた
  • ③自動車ローン以外の借金の返済が滞り、車が代物弁済に充てられた

上記以外にも原因は考えられますが、共通するのは「自動車ローンを組んでいる会社以外の第三者に車が売却・手放されている」という部分です。

借金等の返済が滞った場合、普通は所有権を持っている信販ローン会社等が該当の車を処理するのですが、上記のような要因が発生すると、ローン会社を経由する事無く車が処理される事となります。

お金と車

そうなると、ローン会社的には所有権留保の目的を達成する事ができず、ローン会社は所有権を保持し続けざるを得ません。

所有権留保の目的は、債務者がローンの返済が出来なくなった時に車を引き上げて、未返済部分を車の売却金額でカバーする事に有ります。


で、残念ながらこういう状態にある金融車(危ない金融車)は、名義変更をすることが出来ません。ローン会社が所有権を手放していないからです。この事から様々なデメリットが発生します。デメリットの詳細は下記記事でどうぞ。

金融車を中古で購入するメリット・デメリット

金融車

危ない金融車の補足

なお、前購入者が自動車ローンを完済すれば、名義変更は可能になります。

ただ、金融車になった原因を見れば分かると思いますが、前購入者は車を手放さなければならないほどの借金を抱えている人です。そのため、自動車ローンが完済される確率は低く、名義変更は出来ないものと考えておいた方が良いでしょう。

安心出来る金融車とは

「安心出来る金融車」とは、自動車ローンの返済が不能になった事が原因でローン会社に引き上げられてしまった中古車の事を言います。

危ない金融車との違いは「ローン会社が引き上げたのか」それとも「ローン会社以外の第三者が引き上げたのか」の部分ですね。共通点は、どちらもローンの返済が出来なかった事が原因で中古車市場に流通したという部分です。

安心

この場合、ローン会社はローン残債を少しでも多く回収するために、名義変更に必要な書類を一式揃えて当該車両を売却します。危ない金融車として売却するメリットはローン会社に1つも有りませんからね。名義変更が可能な訳ですから、中古車市場では通常の中古車と同じように扱われます。

つまり、安心出来る金融車は、危ない金融車のようなメリット(格安)もデメリットも有りません。

この事から、一般的には金融車と言えば「危ない金融車(名義変更が出来ない中古車)のみ」を指す事が多いです。

当記事を読みに来てくれた人は、「危ない金融車の中でも買っても大丈夫な金融車はどんな車か」という情報を求めて訪れた人もいるかと思います。が、危ない金融車の中に安心して購入出来る金融車は無い、と考えておいた方が良いでしょう。

まとめ

金融車について表にまとめてみたので、参考にして下さい。

危ない金融車安心出来る金融車
ローン会社以外が引き上げローン会社が引き上げ
名義変更不可名義変更可能
多数のデメリットデメリット無し
一般的に金融車と言えばこちらを指す通常の中古車と同じ扱い

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス