車査定のマニア
中古車販売店

中古車販売店

中古車を買おうと思って、中古車情報誌やネットをたくさん見て下調べをしたとしても、多くの方は車の素人です。

一方で、車を売っているのは、毎日の様に客を相手にしているプロの販売店なので、相手がその気になれば簡単に騙されてしまいます。車は高い買い物なので、トラブルに巻き込まれる事無く気分良く購入したいですよね。

そこで、ここでは失敗しないための中古車販売店の選び方を紹介していきます。

NGな中古車販売店

NG

中古車を買う際に選んではいけないのは、どういう中古車販売店なのでしょうか?以下で見ていきましょう。

諸経費がやたらと高い

中古車を購入する際の総支払額には、車体価格だけではなく手数料や法定費用などの諸経費も含まれます。

車体価格が安くても、諸経費の項目をあれこれと増やして、最終的な支払価格を異様に高くする販売店が有ります。車体価格の安さに釣られてしまうと、後々強引な営業をされて逃げられなくなってしまう可能性が有ります。

保証を付けてくれない

保証

新車と異なり、中古車は1台1台状態が異なるので、購入する側としては保証が欲しいですよね。

中古車でも保証期間は1年欲しい!保証なしで購入するのはトラブルの元です

しかし、中古車の場合必ずしも保証が付く訳では有りません。販売店側が自信を持って売る車であれば、保証を付けてくれるはずですけどね・・・。

従って、「全然問題無いから」「問題が起きたら持って来てくれたらいいよ」と適当な事を言って保証を付けてくれない様な販売店は要注意ですね。

スタッフの対応が悪い

営業マンがしっかりと対応してくれるかどうか、という点はとても重要です。自動車は買って終わりではありません。購入後のメンテナンスや保証などで長い付き合いとなります。

営業マンが熱心で丁寧な対応をしてくれれば、それだけでも一定の信頼感が有りますが、そうでない場合は要注意ですね。

:スタッフ対応などは、ネットでの評価も参考になります。但し、自作自演の事も有りますし、担当する営業マンや購入する中古車によって口コミも変わるでしょうから、鵜呑みにしてしまう事は良く有りません。

暴力団絡みの店

暴力団

中古車販売店の中には、暴力団(ヤクザ)絡みの店が有ります。看板に書いている訳では無くパッと判断する事は難しいので、店員の客に対する言葉遣いや店員同士の会話、服装(むやみに派手な格好)などから感じ取るしか有りません。

暴力団絡みの販売店で購入してしまうと、どんな車を買わされるか分からないですし、後々のクレームはまず受け付けてもらえないと思っておいた方が良いでしょう。

試乗をさせてくれない

上述した様に、中古車は1台1台の状況が全て異なります。購入する前に1度試乗をしてみないと、潜在的な不具合に気付かないかもしれないですし、実際に乗った感じも分かりません。

しかし、中には試乗を拒否してくるお店が有ります。お願いしても試乗をさせてくれないお店は注意が必要です。

中古車試乗前・試乗時のコンディションチェックの方法まとめ

激安広告の車が無い

セール広告

折り込みチラシなどでお買い得な車を載せているけど、実際に店に行ってみるとその車が1台も無い、というケースが有ります。

早い者勝ちなので、実際に全て売れてしまった場合は仕方ないですが、オトリ広告(客寄せパンダ)の可能性が有ります。元々、チラシに乗っているお買い得な車が目当てで行っているのですから、該当の車両が無ければすぐに帰りましょう。

すぐに帰らないと執拗な営業をされる可能性が有りますよ。

状態図を見せてくれない

中古車は、仕入れ時点で必ず車と状態図がセットになっています。これは、仕入れ時の車の状態を示すものなので、購入時にはチェックしておきたいところですが、これを見せてくれない販売店が有ります。

「前の所有者はどんな感じで乗っていたのですか?」と聞いても、「前の方の事は分かりません。」とはぐらかされる事も有るでしょう。

こういった事は良く有るのですが、信頼という意味ではNGですね。自信の有る車を売っている販売店であれば見せてくれるでしょうし、質問にも真摯に答えてくれるはずです。

店の雰囲気(店構え)が悪い

信頼出来ないお店というのは、店構えでもある程度分かります。

店内に中古車が展示されている場合は、照明が明るくなければなりません、車を選ぶ際には、キズや凹みの具合なども細かくチェックするでしょうから、見えにくいとチェックが出来ないですよね。

また、店や展示場がしっかりと整理整頓されているかもチェックする必要が有ります。展示場だけ綺麗に繕っていたとしても、お店の中が汚ければ適当な感じは拭えないですよね。

ついでに、リフトやジャッキ、テスターといった最低限の整備設備を備えているかもチェックしておいた方が良いでしょう。

中古車販売店

なお、店構えは重要ですが、「店構えが良い」という理由だけでは選ばない方が良いです。もちろん、全国チェーンの販売店の様に大規模で安心出来るお店も沢山有りますが、悪徳業者ほど表面上立派に見せがちです。

立派な店構えをしたり、売り場面積を大きくするとなんだか経営が上手で信頼が有りそうな感じがしますよね。また、大きなお店を維持するにはそれなりに経費がかかりますので、潜在的に不正を行う可能性が有ります。

補足:知り合いが働いているからという理由だけで選ぶのもあまり好ましく有りません。知り合いでも良い顔をして平気で騙して来る事が有るのが中古車業界、という事は知っておきましょう。

OKな販売店

OK
色々とNGな店を紹介して来ましたが、どの様な販売店であれば良いのでしょうか?以下で、信頼出来る販売店の目安をいくつか紹介していきます。

公取協や中販連に加盟している

中古車販売店は大小含めると全国に3万店以上有ります。当然、販売店の品揃えや対応などはマチマチで、信頼に値するお店を選ぶ事はとても重要です。

信頼出来る中古車販売店の1つの目安として、公取協(社団法人自動車公正取引協議会)や、中販連(社団法人日本中古自動車販売協会連合会)に加盟しているかどうかで判断する方法が有ります。

これらの団体に加盟している場合、団体の規約に従って店舗経営をしているので、絶対とは言えないまでも安心感は高いと言えます。加盟店はお店に看板が掲げられているので、入る前にチェックした方が良いでしょう。

昔から有る店は比較的安心

基本的に10年以上同じ場所で中古車販売店を経営している場合、比較的安心と言えるでしょう。

なぜなら、悪徳業者には自然と悪い評判が付きまとうので、店の場所を変えたり店名を変える事が多いからです。

昔からある販売店

中でも、20年近く同じ場所で営業しているお店ともなると、安心感は高いですね。但し、安心出来るからと言って、安いとは限りません。むしろ安心出来る良い車ばかりなので、価格は高めだと思っておいた方が良いでしょう。

欲しい車を探してくれる販売店

店頭在庫の車を売る事しか考えておらず、在庫にない場合は「有りません」で終わらせる中古車販売店が意外に多いです。

店が側からすると、在庫に無い車を探す事は、時間やコストがかかるので、仕方ないといえば仕方ないです。しかし、店頭在庫に無くても、客が欲しいと思っている車を探してくれる、というのが重要です。

従って、時間やコストを惜しまずに、客のニーズに応えてくれる販売店が信頼に値しますね。

客の立場になって話をしてくれる店

分かりにくい見積りの説明を丁寧にしてくれたり、板金塗装などの車の状態をくまなく説明してくれたりするお店も信頼出来ます。

店側も商売なので、全てを正直に話すという事は期待しない方が良いですが、客の立場に立って説明してくれるというのは重要です。車の売買は、販売店と客という関係以前に、人と人との関係が有ります。人を信用出来てこそ、その人が売る車も信用出来るというものですね。

整備工場の有る販売店

整備工場の有る販売店

最近は、中古車をネット通販しているお店も登場し「買ったらそれで終わり」というケースも有ります。しかし、車は高いですし買った後も保険や故障などのトラブル時の為に、相談相手が必要です。買った後で相談に乗ってくれない販売店はNGですね。

そういう意味では、整備工場の有る販売店は、ちょっとした不具合や故障などでも気軽に相談出来る事が多いので好ましいです。

但し、自社で板金や塗装などが出来なくても、上手く外注を利用しているお店も有るので、整備工場が無いからと言って信頼出来ないという訳ではないです。

まとめ

いかがでしたか?中古車販売店はたくさん有りますが、信頼出来る店で買わないと思わぬトラブルに巻き込まれたり、損をしたりする事が有ります。

ここで紹介した以外にも、保証が切れるまで担当者に会えない、納車がやたらと遅い、2重売買といった酷い手口も有ります。

悪徳中古車販売店で車を購入すると発生するトラブルあるある

車選びも重要ですが、同じくらい店選びも重要です。店選びという最初のステップで失敗しない様に、慎重に選びましょうね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス