車査定マニア
低年式の車

低年式の車

車を売るタイミングは、いつでも良いと思っていませんか?

低年式の車は、買取価格が安くなる傾向にあるので、売ると決めたら早く売った方が良いですよ。特に、10年落ちになってしまうと、買取査定価格は一気に下がる事が有るので注意が必要です!どういう事なのか、以下で見ていきましょう。

低年式の車の査定額が低い理由

低年式の車は、買取査定に出しても買取価格が低くなる傾向にありますが、これには以下の様な理由が考えられます。

日本では「10年落ち」が不人気

日本人の多くは、「平均」「目安」といった言葉が好きです。そして、切りのいい数字は目安とされる事が多いので、中古車で「10年落ち」「10万キロ」というのは結構気にしてしまいます。

中古車の走行距離は1年あたり1万キロが目安

皆さんも、中古車を見る際に無意識のうちに「10年落ちは古い」「走行距離10万キロは走り過ぎ」といった印象を抱いているのではないでしょうか?多くの方が同様のイメージを抱いているので、中古車市場ではこういった車は必然的に敬遠されてしまいます。

中古車

但し、10年落ちや走行距離が10万キロといった、切りのいい数字の車に限らず、低年式の中古車は一般ユーザーからのニーズがそもそもあまり有りません。

これは、車が消耗品なので、しっかりとオイル交換や定期的なメンテナンスをしていたとしても、経年劣化してしまう事が原因です。ユーザーとしては、敢えて手のかかる古い車に乗るよりは、少々高いお金を払ってでも安心して乗れる車を選びたいと思いますよね。

業者側としても、低年式の車を下手に高値で買い取ってしまうと、次に売る時に思う様な値段で売れずに損をしてしまいます。また、低年式の車を客から買い取って、すぐに売ったものの、売却後間もなく故障してしまうというトラブルも起きやすくなってしまいます。

従って、低年式の車、中でも切りがいい10年落ちなどの車の査定額は低くなってしまうのです。車を将来的に売る予定にしているのであれば、「10年落ちになる前」、「走行距離が10万キロを超える前」に売った方が良いでしょうね。

部品が手に入りにくい!?

メーカーは、全ての車の部品を半永久的に作り続けている訳では有りません。次のモデルが登場すれば、旧モデルは順次製造中止となりますし、次のモデルが出なくても不人気等の理由により製造中止となる事も有ります。

車の部品

メーカーで車の製造が中止となると、部品も必要が無くなるので順次製造中止となります。製造中止となったとしても、当面の間はメーカーに部品の在庫は有りますし、パーツ専門業者もある程度の部品は持っているでしょうから、すぐに困るといった事は有りません。

しかし、年式が古くなればなるほど、部品の入手は次第に困難となっていきます。その結果、年式の古い車に乗っていると、交通事故を起こして修理しようと思ったけど、部品がもう手に入らないので修理が出来ない、といった事態にもなりかねません。

従って、低年式の車は部品が入手しづらいので、中古車市場での需要が少なく、査定価格も低くなってしまうのです。

低年式の車でも高く売れる可能性有り!

低年式の車は、買取価格が低くなる傾向に有ると書いて来ましたが、買取価格は年式だけで決まる訳では有りません。車種や車の状態、装備などによっても買取価格は大きく左右されます。

車査定の時に査定士がチェックするポイント

また、10年落ちなど切りのいい中古車の査定額は低くなる、と書きましたが、海外では10年落ちの車なんてザラに有ります。「10年が日本での乗り換えの目安となっている」という理由で手放されてしまう事の多い日本の車は、実際にはまだまだ普通に走れるので、海外では人気が高いのです。

海外では車検制度が無いので、日本では車検が通らない様な状態だったとしても、ちゃんと走りさえすれば十分に需要が有ります。

従って、低年式の車だからといって高額査定を諦めてしまうのではなく、1度無料一括査定に出してみてはどうでしょうか。

たくさんの買取業者が査定をして見積りを出してくれるので、高額査定をしてくれる業者も出て来る筈です。中には、海外に販路を持っている業者も有るでしょうから、思わぬ高値で買い取ってくれるかもしれませんよ。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス