車査定のマニア
鉄スクラップ

故障車や修復歴車などを査定してもらうと、買取金額が「0円」になる事が多いです。(必ずしも0円評価になるわけでは有りませんが)。

「あ~0円かぁ。」と諦める事なかれ。このように評価された車でも「廃車業者」にもっていけば、値段が付く場合が有ります。

値段が付く理由は「鉄スクラップ」です。車を解体する過程で分別された鉄は、鉄スクラップとして日本国内外の製造業などで再利用されます。つまり、鉄スクラップには一定の価値が有る、という事です。

車はたくさんの部品で構成されていますが、おおよそ車重の半分ぐらいは鉄が使われています。車1台からけっこうな量の鉄スクラップが取れます。そのため、廃車業者の中には車を引き渡した人に相応の金額を払う業者もいます。

今回は「車の鉄スクラップの価値」について紹介します。

車の鉄スクラップとしての価値

前述したように、車に使われている鉄は車重の50%程度です。軽自動車の車重はおおよそ800kg前後、普通車の車重はおおよそ1,500㎏前後なので、それぞれ車1台あたりの鉄量は約400㎏と約750㎏となります。

鉄スクラップ

で、2016年2月時点の鉄スクラップの価格は「14,400円/t」です(参考:一般社団法人「日本鉄リサイクル工業会」)。

つまり、軽自動車と普通車の鉄スクラップとしての価値は、単純に考えると以下のようになります。

 軽自動車普通車
車重約800㎏約1,500㎏
鉄の量約400㎏約750㎏
鉄スクラップの価格
(2016年2月時点)
14.4円/㎏
鉄スクラップの価値5,760円10,800円

この鉄スクラップの価値では、廃車費用を考慮するとトントン若しくは赤字になりそうですが、安心して下さい。

参考記事:廃車費用の相場

廃車する際の車の価値は鉄だけでは有りません。アルミやカーナビ、オーディオなど再利用出来る資源・部品も買取業者は考慮してくれます。そのため、買取査定で「0円」と評価された車にも値段が付く可能性は大いに有るわけです。

ちなみに、再利用出来る資源の価値は、車の年式や故障車、修復歴車などとは関係有りません。

鉄スクラップの価格の推移

廃車する車でも「鉄スクラップ」としての価値が有ると分かった以上は、なるべく鉄スクラップの価格が高い時期に廃車に出したいですよね。

そこで、2013年から2016年2月までの鉄スクラップの価格の推移を紹介します(いずれも単位は円/t)。

鉄スクラップ価格の推移(参考:日本鉄リサイクル工業会)

 2013年2014年2015年2016年
1月28,70035,40024,70014,300
2月31,00033,40023,60014,400
3月33,10029,50022,800
4月32,50030,40023,000
5月31,20030,70023,300
6月30,60030,80024,000
7月29,80031,30022,600
8月30,60031,10021,600
9月32,70031,70016,500
10月33,00029,60014,200
11月35,50027,40013,400
12月37,10026,70014,400

約3年間の鉄スクラップの価格の推移を見る限りでは、1年を通して価格の高い時期・安い時期というのは無いようです。また、年々鉄スクラップの価格は下落している傾向に有ります。現在の状況は、廃車する側にとっては少し厳しい状況ですね。

鉄スクラップ価格の大きな変動要因は海外での需要

鉄スクラップの価格は海外の需要に大きな影響を受けます。特に中国の影響は大きいです。北京オリンピックの有った2008年8月前後には、建設ラッシュの影響もあり、鉄スクラップの価格は60,000円台にもなりました。

今現在は中国経済の成長が鈍化しているため、鉄スクラップの価格も低迷期に有るのかもしれません。

まとめ

こちらの記事「車の買取査定で0円評価された車は廃車にするしか無いのか」でも紹介したように、買取査定で「0円評価」を受けた場合でも、車一括査定や下取りに出せば、値段を付けてくれる業者がいる可能性は有ります。まずは、車一括査定などで業者を探してみて下さい。

それでも「0円評価」とされるのであれば、鉄スクラップとしての価値は有るので、買い取ってくれる廃車業者を探すと良いでしょう。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス