車査定マニア
中古車の査定

中古車の査定

車を買取業者に売る場合、査定をしてもらう必要が有ります。

そして、査定には自宅の駐車場など車の保管場所まで査定士が来てくれる「出張査定」と、業者の店舗に自分で車を持ち込んで査定をしてもらう「持ち込み査定」とが有ります。

一般的には出張査定をしてもらう方が多い様ですが、持ち込み査定を選ぶとどの様なメリットやデメリットが有るのでしょうか?以下で見ていきましょう。

メリット:時間が短縮出来る!

持ち込み査定をする大きなメリットとしては、時間の短縮が出来るという点が挙げられます。

時計とカレンダー

持ち込み査定の場合は、自分が売ろうと思ったら、時間の有る時にすぐに店舗に持ち込んで査定を受ける事が出来ます。

注意:店舗側の事情によってはすぐに査定を受けられない事も有ります。

そして、査定金額に納得がいくならばその場で契約を済ませる事も出来ます(車の引き渡し等も同時に済ませたい場合は、必要書類を持参しておく必要が有ります)。

車査定の必要書類と実際に買取店に売却する時に必要な書類

デメリット1:時間が余計にかかる?!

メリットのところで時間短縮が出来ると書きましたが、それはあくまでも「1件目で契約をすれば」という大前提の元で成り立つメリットです。

車の査定額は買取業者によって様々です。複数の業者に見てもらった結果、1件目が一番高かったというのであれば良いですが、後述する様になかなかそうもいきません。

複数の業者に査定をしてもらう事を前提にすると、1件1件自分で店舗まで移動して査定をしてもらわないといけないので、時間がかかるしその分の燃料代も必要となります。

従って、持ち込み査定では逆に手間やお金がかかってしまう事が有るのです。

デメリット2:安く買い叩かれる可能性有り!

買取業者に持ち込んで査定依頼をすると、店側としては「今すぐに車を売る気の有る客」として認識します。

つまり「敢えて高い査定額を提示して買い取ろうとしなくても、客は売ってくれる可能性が高い」という前提で査定をされてしまうのです。

低い買取り金額

特に、業者側に1件目の査定だと知られてしまうと、最も高い買取金額を提示してもらうことは困難でしょう。

通常は、他の業者と比較し交渉を重ねて買取金額が上がっていくものです。セカンドオピニオンという意味でも、複数の業者から見積りをとった方が良いのです。そもそも、1件目の査定では比較する対象が無いので、売る側としても妥当な値段かどうかを判断する事は困難ですしね。

従って、持ち込み査定となると安く買い叩かれてしまう可能性が有るという訳です。

査定自体の内容は、持ち込みでも出張査定でももちろん変わり有りません。違いは、業者側がその車を後々売る際に得られる利益をどこまで減らす事を許容するか、にあります。

デメリット3:持ち込み査定ではトラブルに発展する事も!

自宅の駐車場で査定を受けると、自分にとってホーム試合の様なものなので、場の雰囲気に飲み込まれて流されてしまうという事はあまり無いでしょう。

しかし、持ち込み査定の場合は買取業者の店舗で査定や交渉をするので、いわばアウェイの試合です。スタッフから強気で営業されたら、思わず契約をしてしまいそうですよね。

また、持ち込み査定の場合、スタッフが強引でなかなか帰らせてくれない、といったトラブルも起きている様です。

強引

最近は、買取査定もCM(テレビ・ラジオ)などで目や耳にすることが増えて、トラブルも話題になったりしているので、大手を中心に強引な営業手法は減って来ています。

しかし、それでも中小の買取業者になるとまだまだ教育が行き届いておらず、トラブルに発展する事も有る様です。

トラブルを避けて自分のペースで交渉を進めたい、という方は出張査定を利用した方が良さそうですね。

まとめ

いかがでしたか?基本的には、持ち込み査定についてはメリットよりもデメリットの方が多そうですね。

気分良く自分の愛車を高く売りたいのであれば、無料一括査定で複数の業者に出張査定をしてもらうのが一番です。

複数の業者が自宅まで来て見積りを出してくれるので、売る側としては手間も少なく、一番高い査定額を提示した業者に車を売る事が出来ますよ。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス